« 片足をひたしてみるマイクと音声編集の沼 後編 | トップページ | 高松から宇野まで、船で(松山出張1泊3日 3日目) »

柳井から三津浜まで、船で(松山出張1泊3日 2日目)

名古屋から松山へも、夜行高速バスの路線はあるのです。
そうではあるが乗りたくない、つまらん、ということがある…そう思う人もいる、のです。今回の出張、目的地はもちろん松山、です。

現在、裁判事務のご依頼受付を停止中です。
あと10日ほど受付停止をかけるつもりではいるのですが、その原因になった大揉めなご依頼3つのうち1つが終わりました。

ということで遅れ気味のゴールデンウィークが僕にも欲しいのです。
5月7日、名古屋駅を22時30分に出る広島行きのバスで旅を始めました。

広島から先の行程はお天気次第、としていたのです。

予報通りにお天気が悪いなら、利用経験のある広島ー松山観光港のフェリー。片道5000円。

で、お天気よさそうならば未経験のほう。
柳井ー三津浜を2時間半で結び4200円の防予フェリーにはまだ乗ったことがありませんでした。こちらは山口県側で周防大島、愛媛県側で忽那諸島に沿う航路です。広島ー道後温泉間の交通費は合計で数百円高くなりますが、まあいいか、と思えたのは広島市内に入ったバスから青空が見えたから。

Img_20240508_222900

10時55分柳井港発のフェリーに、徒歩乗船者は5人ほどいたでしょうか。後部甲板には誰もいません。
テーブルがある4人向かい合わせの席も空いており、山口県の会社なのになぜかHiroshima Free-WiFiが使えて、船内で普通に仕事ができるのです。

Img_20240508_223049

松山到着後の打ち合わせは3時間ほどで終わりました。

…たった3時間か、これだけでいいのか、と思えたのは前週までにかなりな試練に晒されたからだろうとは思うのですが、ともかく打ち合わせが終わりました。これで大揉めなご依頼、のこり2つのうちの1つも着手の準備ができました。
残った一つも先ほど、残りの資料がメールで着いています。

明日1日だけ完休日にしよう、仕事の書類は見ないようにしながら帰ろう、と思うのです。

« 片足をひたしてみるマイクと音声編集の沼 後編 | トップページ | 高松から宇野まで、船で(松山出張1泊3日 3日目) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 片足をひたしてみるマイクと音声編集の沼 後編 | トップページ | 高松から宇野まで、船で(松山出張1泊3日 3日目) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30