« 東京・福島への出張日程の調整を始めます | トップページ | 10月下旬の東京出張決定について|裁判事務のご依頼かくあるべし、という話し »

No Onsen , No Life(福島東京出張2泊3日 1日目)

Img_20231009_230013

人がみな 我より高く見える日よ
普通列車グリーン券情報を買い来て 一人したしむ

冗談です。原典はもちろん『一握の砂』です。

今日から出張です。プラットホームからの高さ10cmほどのところに目線があって、ホームを行く人を見上げているのです。

今回の出張は半年ぶりに福島県中通りの関与先へ、5ヶ月ぶりに東京へ行くことになりました。
秋の乗り放題パスと福島県浜通りの宿での2泊、宿泊費交通費合計2万円の予算でこれをなんとかしてしまおう、という企画。朝6時に名古屋を出れば豊橋ー浜松ー富士ー熱海ー品川ー土浦ー水戸ー浜通り某駅、と普通列車を乗り継いで、17時過ぎには宿に入れます。

そんな行程と費用で可能な合理的贅沢が熱海以東で普通列車のグリーン車を使うことで、今日は熱海から品川乗り換え・常磐線土浦までの3時間強を800円で通り抜けることができる、はずでした。

なんか妙だ、と思ったのは富士からの普通列車が着いた熱海駅3番線から4・5番ホームを見たときです。

とにかく人が多い。グリーン券販売機に列ができているようにも見える。

納得したのは4番線から先発する特急踊り子号の車内を見てからです。見事に満席です。あるいは3両に2席くらいの割合で空席があったかもしれません。
…3連休の最終日、観光地の駅からお昼前に東京に向かう列車に乗ろうとしていることに今気づきました(苦笑)

僕の前、普通列車グリーン車の乗車口には16人ほどが列を作っています。2階建てのグリーン車の2階席に行こうとするようなことはもう最初から諦めて、この低い1階席でなんとか窓側の席にありつくことができました。

別にそんな列車乗らなくても、と普段なら考えるのですが、表題の件。

今回の出張では、浜通りにあるちょっといい宿が安く取れたのです。初日の1泊だけ。

海があって温泉があって部屋が広く飯がうまい、ただし最寄りのバス停から徒歩30分最寄りのコンビニへは徒歩20分、そんな宿が朝食付き5700円で取れました。常磐線の最寄り駅からは送迎バスが設定されており、その最終便に乗るにはこの列車=熱海11時34分発の高崎行きに乗らねばなりません。普通列車で行くならば。

そんなわけで、21時からの打ち合わせで検討する資料の精査は品川で常磐線土浦行きに乗り越えてからの作業になりました。資料をノートPCに入れてあるため、隣に誰か座ってしまうと画面が見られる心配をせねばなりません。

Skypeで打ち合わせする別件を、今回の出張でも持って出張に出たのです。書類の添削ではありますがもう一度依頼人に差し戻す必要がある状況、ということで。

「この宿はお風呂が23時までなんです」

打ち合わせの冒頭、書類作成に際しての戦略的方針選択の重要性を説いた直後に付け加えます。僕には入浴可能性こそが死活的に重要です。

以前、別件の書類添削の打ち合わせで『士業は自分自身の利益より依頼人の利益を優先するのが当然だ』と言ってきた人がいます。
人、と言っているのはこの者からの依頼を受託しなかったからです。

「当事務所は士業ではありますがそんな執務は実現できません(←キッパリ)」

と言い返したことが依頼受託に至らなかった理由の一つかもしれません。

※上記の主張に安易に同意すると、文字通り無限のサービス残業を強いられそうな(士業たるもの依頼人の傭兵として依頼人の言うとおりに突撃玉砕せよ、などと平然と言われそうな)気配がしたので、あえて思い切り否定してみたのです

今となってはその人も案件も過去のものであって、今夜は今夜の相談を適切に終わらせて最終の入湯時間に間に合わせることが僕にとっての正義なのです。
※正義だの正当性だのという言葉をやたら振りかざす気持ち悪さを自覚しつつ、あえて正義と言ってみました。他人がいう正義の値打ちなんてせいぜい入浴一回分程度、ってことです。

そうは言いながら。僕は僕の利益を十分に確保しつつも一応妥当な水準の執務を進めているのです。
当初は40分ぐらいで終わるのではないかと言われた今夜の相談、80分かけて22時20分に終了し、本日2回目の入浴を終えてきました。いいお湯でした。

« 東京・福島への出張日程の調整を始めます | トップページ | 10月下旬の東京出張決定について|裁判事務のご依頼かくあるべし、という話し »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・福島への出張日程の調整を始めます | トップページ | 10月下旬の東京出張決定について|裁判事務のご依頼かくあるべし、という話し »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31