« 決まっているのは特急料金をご負担いただけることだけ(行先非公開日程不定な県外出張 1日目) | トップページ | 考えてみたいのは明日の自己主張(大阪方面出張4泊5日 2日目) »

新しいご依頼の受付を停止します

労働者側から経営側に変節したわけではないのですが、いま同時に6人の事業主さんからご依頼を受けています。
案件は全部、裁判書類作成または裁判書類作成準備または裁判書類作成依頼回避準備中、そんなかんじ。

さらに。
上記のうち4名には取引打ち切りを最低一回は通告したか予告している、そんな錚錚たる方々が取引先です(わらうところ)

そんな甲乙丙丁戊己さん(←受託順)がおりまして。

己さんの件で土曜日夜遅く近鉄特急で名古屋に帰着、移動中は期限に遅れそうな甲さんの準備書面作成(連絡遅延が恒常的なこの方にはもちろん取引打ち切り通告済み)、日曜日は丙さんの準備書面陳述書作成準備で昼から大阪へ、多忙な丙さんは僕に対して日曜日の20時から打ち合わせを設定して(人の使い方が酷いこの方にも当然取引打ち切り通告済み)23時40分終了、宿に戻って甲さんの準備書面を完成させメールで送信、丙さんとは今日11時から14時まで打ち合わせして、とにかく大阪滞在を終わらせました。

大阪へは近鉄特急を選びます。バスは最近、この区間は混雑気味なのです。
車中では、このほど第一回目の取引打ち切り予告をお送りしたばかりの己さんの書類を検討して過ごしました。名古屋に帰れば乙さんから捺印済みの書類が戻ってきており、書類に綴って裁判所に送らねばなりません。ここしばらく、連続6時間眠ったことがありません。

さて、本日より6月24日まで新しいご依頼の受付を停止することにします。

誰のどの案件が影響しているかは言えませんが、仕事量が膨大になりました。
依頼が輻輳しているというよりは、どーんと大きいのを掘り起こしてしまったのです。

そうしたわけで10日ほどは新たなご依頼に着手する余力を失っています。この期間のお問い合わせには応答しますが作業開始は6月25日以降になります。

これに関連して、大阪方面への出張を6月19~24日頃に実施し、6月30日は津市に出張します。


上記のようには書きましたが、僕のところでは依頼人に指示違反/不正/犯罪/その他の非違行為があっても一発で取引打ち切りにすることはほぼありません。依頼人が僕の指示に従わないことは日常だし、依頼中に逮捕される事例もすでに複数回の発生をみており、慣れました(と、乾ききった声で言ってみる)

一発で取引打ち切りにする問題事例を、強いて挙げるとすれば。

その筆頭はなんといっても、県外出張した僕をファミリーレストランその他のチェーン店での食事に連れていくことでしょう。
これは僕にとって人生の残り時間ならびに食事回数を奪う重大な不法行為に該当します。5年前には出張で訪問した僕を丸亀製麺→大阪王将→や台ずし→coco壱番屋と連れ回した吉野の山旦那について、そのままcoco壱番屋で取引打ち切りを通告し出されたカレーを食わずに帰ってきました。

不法行為該当性は冗談だとしても。
これを複数回平気でやる経営者はだいたい、食事もさることながら他人の人生を大事にしない、そう僕は考えるのです。

だったらチェーン店でなければいい…というものでもなくて。

ちょっと難しい仕事を成功させた僕を赤坂のちょっとよさげなステーキハウスで接待する、という名目でドレスアップさせた愛人と共に現れ、愛人にお追従させながらご自身の人生と人脈の自慢を延々やって帰った=要するに愛人さんとのデート前半を会社の経費で落とすためのダシに僕を使った後期高齢経営者、という不法行為事例も発生しておりまして。

そんな経営者が嫌いなんです。きっと。
といいながら、今夏で開業20年。どうしよう( ̄∇ ̄)

 

« 決まっているのは特急料金をご負担いただけることだけ(行先非公開日程不定な県外出張 1日目) | トップページ | 考えてみたいのは明日の自己主張(大阪方面出張4泊5日 2日目) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 決まっているのは特急料金をご負担いただけることだけ(行先非公開日程不定な県外出張 1日目) | トップページ | 考えてみたいのは明日の自己主張(大阪方面出張4泊5日 2日目) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30