« 眼鏡という沼への一歩(まず処方箋、2690円) | トップページ | 新しいご依頼の受付を停止します »

決まっているのは特急料金をご負担いただけることだけ(行先非公開日程不定な県外出張 1日目)

久しぶりにラッシュアワーの地下鉄に乗りました。今日の出発前に近鉄の割引きっぷが欲しいのですが、窓口・券売機の混み具合が読めないため少し早めに出たのです。なんとか予定の列車に間に合うことができました。

Dsc_0409_20230606095701

さて、今日から出張ではあります。ではありますが。

昨日までのお客さまとの打ち合わせを僕なりに忖度すると、僕が今週どこで何をやってるか非公開にしておいたほうがいい気がしています。

そんな投稿から何日か経ったあとで熊野灘か富山湾あたりの静かな漁港に浮かんだ状態で発見、といったニュースになればそれを喜ぶ人が何人かいそうですが(苦笑)職業上そういう立場にいる人は片手の指で数え切れないほどはいます。

そうした方にはちょっと余計に困っていただくとして。
僕がどこにいて何を企図しているかは不明にしておけばそれはそれで意義深いであろう、と考えました。そんな出張の始まりです。明日あたり、昨年撮ってきた岩手県浄土ヶ浜の写真でもアップしてみようかな。あさって以降は雷門でも東寺でもいいや(笑)

冗談はさておいて、今回の出張では出張先でどれだけの作業を要しどんな結果が導かれるかわかりません。このため補助者さまには週末の勤務を在宅に振り替えるか調整をお願いしており、出張日程としては最大7日までは可能、最小4日、となっています。当然ながら帰りの交通機関も未定。事務所の固定電話はVPNで発着信可能なので、作業中は名古屋にいるように振る舞えます。

そうした仕事を緊急で受けたことを反映して、交通費宿泊費は世間一般の同業者さんなみに請求可能=特急料金の支払いを要する優等列車が使えます。当事務所では珍しいことではあります。

そうした出張条件であることと、とにかく僕が今週、何かに鍛えられることだけが…確実なのです。

« 眼鏡という沼への一歩(まず処方箋、2690円) | トップページ | 新しいご依頼の受付を停止します »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼鏡という沼への一歩(まず処方箋、2690円) | トップページ | 新しいご依頼の受付を停止します »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30