« 危地を脱し、前より強くなったが、無傷ではいられなかった件(デスクトップPC更新作業の顛末) | トップページ | 新潟に行きたかったんだよ、と言ってみる(福島東京出張4泊5日 1日目) »

お天気が今ひとつだけど(4月前半は福島・東京・熱海に出張します)

いよいよ全国旅行支援も打ち止めの都県が増えてきました。今月はこの制度を使わない出張になりそうです。

まず4月7~11日、福島県・東京都へ4泊5日の出張を設定しました。先月は愛媛県に行くのに使った青春18きっぷがあと3日分残っており、これで福島県中通りの関与先に行ってこよう、さらに東京でも打ち合わせを一つ、別に会食を一つしてこよう、という計画です。

なぜか当事務所の関与先は、とても有力な一つが愛媛県に、もう一つが福島県に、それぞれあるのです。
交通費が請求できないことと、訪問直後になにか家庭料理を食べさせてもらえることが共通しています(笑)

もう一つ、熱海まで往復してくる仕事が4月14日に入りました。現地に行って30分ほどで済む用事を一つこなせばいい、ということで、そのあたりでちょっと泊まってくるか考えているところです。

ところで先月の愛媛・今月の福島東京とも、相談や打ち合わせの相手が経営側の方になっています。

実は昨年、法人・または個人事業主からの売り上げが労働者・消費者からの売り上げを上回ってしまったのです。かつて売り上げの過半を占めていた労働紛争労働側からの売り上げは本当に減りました…検索エンジン経由での依頼が集まらなくなった分野があっさりと消え失せた、それが不動産登記と労働相談だった、と言ってしまえばそれまでですが、とにかくそうなりました。

転向、という言葉が頭をよぎったりしますがまだそこまでは行っていないはずです。
先月、ある取締役さん相手に『今やりたいと言われたことは法律上は可能だが、労働者から見れば単に迷惑なだけだ』と言い放ち、作戦行動に際しては経営側から労働者側に説明と陳謝を行うことを受託条件にした覚えがあります。ちょっと思惑があって厳しめに言い渡した条件、ではありますが。

そうまで言ったにもかかわらず、もし取引が継続されるということですと…また企業側からの売り上げが増えてしまう。いっそ企業に厳しい使用者側労働相談で売り出してみようか(苦笑)

このほか林業関係での地方自治体との随意契約案件は純粋に嬉しい、と思える自分がいます。
これを含め、今年は林業関係の仕事の売り上げがようやく100万円を超えて当事務所の主要な分野の一つに育つと見ています。この分野はウェブにあふれるゴミコンテンツの影響を受けにくい依頼経路である(林業雑誌への寄稿を読んだ公務員さん団体職員さんがアプローチしてくる)ため、相続登記義務化の波に乗り遅れることだけ織り込んでおけばまぁ仕事とやり甲斐と出張先に困ることはないはずです。おカネに困る…ときどき妙な案件でただ働きになることはありそうですので、今後も旅費は控えめな出張を続けます。

もう去年のことですが、大した仕事をするわけでもないのに海外旅行や接待ゴルフをくり返し、僕より遅く開業して僕より速く破産することになった士業(僕の資格より知名度が高そうな国家資格のひと)を見たことがありまして。そいつの金遣いが妙に印象に残っているのです。もちろん反面教師として。

会社の潰し方ならあれこれ知ってるぞ、とそろそろ言えそうな気はするものの、福島へは会社作る相談で行くんだよな…どうしよう。

« 危地を脱し、前より強くなったが、無傷ではいられなかった件(デスクトップPC更新作業の顛末) | トップページ | 新潟に行きたかったんだよ、と言ってみる(福島東京出張4泊5日 1日目) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 危地を脱し、前より強くなったが、無傷ではいられなかった件(デスクトップPC更新作業の顛末) | トップページ | 新潟に行きたかったんだよ、と言ってみる(福島東京出張4泊5日 1日目) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30