フォト
無料ブログはココログ

« 松山/高知/愛南/神戸で人に会う四国兵庫出張5泊6日 | トップページ | 鰹は今頃の深浦産が美味しいよね、などと言える贅沢(四国兵庫出張5泊6日 3日目) »

アラ喜寿の力を思い知らされる出張前半(四国兵庫出張5泊6日 2日目)

アラ喜寿:喜寿=77歳前後の男女。アラ は当然、アラウンドの日本型省略形。
下記の記事を読んで、発想が粗いとか運転が荒い、などという語を勝手に当てはめてはいけない。

当事務所には時折、不思議な依頼(当ブログの素敵なネタ)を引っさげて現れる。

ただし、儲かることはない…そういう可能性は最初から捨ててかかったほうが長く楽しめる(苦笑)
分布範囲はいまのところ、南東北~四国。


昨晩は三番町(松山市最大の飲食街)で弟子との会食でした。

アラ喜寿の弟子が、先月発生した奈良県内某重大事件に関する所感を述べたのです。

あいつがやらなくても、一人一殺を標榜する我々が殺っただろう
カルト宗教云々は些末なことに過ぎぬ

そういう意味のことを(^_^;)

これまでいろんな人から聞いた中では文句なしに一番飛んでる所感だな、とは思わされました。

この人にはいま僕が連載を持たせてもらっている個人所有林家の法人化について所感をお聞きしようと思っていたのですが…借地林業がお好きなこの人の専門分野は江戸時代まで、ということらしいのです。僕の連載にはあまりご興味ない様子。

で、弟子からは別のテーマが飛んできました。弟子は盗伐に興味があるらしいのです。

今年出たいう高裁判決と地裁の判決をそれぞれ見せてもらいました。盗伐関連の民事訴訟です。

これに関連して、弟子の要求は二つありました。

弟子が関与している林業関係団体の会員になってくれないか、というのです。
弟子は当該団体の提言委員長とのことで、実は一人一殺を標榜する過激団体なのではないかと疑っているのですが(冗談)

そう勧誘しておきながら、弟子はさらに不思議なことをいうのです。

その過激団体で会費3千円の正会員になるには役員会だかなんだかの評議を要するので手続きはお早めに、そういう意味のことを(^_^;)

次の要求はさらに不思議なものでした。弟子はいうのです。

前述の判決について、その団体誌に論文を寄稿してくれないか、もちろん原稿料は払わない、そういう意味のことを(^_^;)

名古屋の代書人に盛岡地裁○○支部で訴訟記録の閲覧しないと書けないような寄稿を、松山の酒席で依頼して、さらに半年一回出しているその団体誌の締め切りが10月末日だからなんとかならないか、そういう意味のことを(^_^;)

※鉄道ファンの読者さんにお断りしますと、この弟子は鉄道150年記念秋の乗り放題パスの存在を一切考慮しておりません…僕は十分に考慮していますが。

きっと10月になったら『実は愛媛の酒席で決まった岩手出張○泊○日』とかいった記事が書けるはずです。

きっと当該団体は常識の世界から離れて暮らせる人々の巣窟に違いない、ともう僕は決めました。
そこは退職金も年金もちゃーんともらってるアラ喜寿さんじゃないとほんとうは入っちゃいけない団体で、僕は入会の勧誘に適当に応じてクーリングオフか、そうでなければ錯誤により入会契約無効を主張して会員地位不存在確認請求訴訟を起こすか、そうでなければ三番町で酒を飲ませてもらいながら適当に苦労を背負い込んでブログのネタにするくらいで丁度いいだろう、と。

昨晩は魚屋さん直営の安くていいお店を見つけたのですが、次回からは高くていいお店を探したいと思います。


ちょっと悪酔いして宿に帰り、今朝。

松山から高知へお連れいただく計画なのです。選択した経路は国道33号線。
中年以上の鉄道ファンなら松山高知急行線(四国ワイド周遊券で乗れた旧なんごく号)というであろう佐川町経由のルートです。

走行距離17万キロのラパンは、昨年まで当事務所にいくつかのご依頼と相談をくださっていたアラ喜寿さんの遺品です。

これが大変よく走るのです。制限速度50kmの道を75kmとか、そういう意味で(^_^;)

Img_20220909_223830

そうやって書くということは、もちろん僕は運転しておりません(と、卑怯なことを申してみます。失礼いたしました)

ドライバーシートにアラ喜寿の関係者さん中予在住、ナビゲーターシートにはアラ喜寿のお客さま南予在住、そういう人たちを乗せた車が四国山地の一般道を、どうみても高速道路の速度でぶっ飛んでいくのです。

松山市内大街道から高知市内のインターにほどちかい目的地まで一般道経由でかかった時間は2時間20分。

あとで確認したところ、高速バス「なんごく号」は高速道路経由で大街道から高知中央インターまで2時間16分。

…愛媛のアラ喜寿さんは不思議な力を持っている、と感じさせられます。僕なら制限速度プラス5kmで走り途中の道の駅2カ所とダム湖岸のお茶やさん1カ所と1本100円の焼き鳥やさん1カ所でそれぞれ休憩をとって3時間40分ぐらいでようやく走りきっただろう、とも思うのです。

※さきほどgoogle mapで確認したところ、当該焼き鳥屋さんは『焼き鳥屋』と表記されています。これが屋号なのかは謎です

ともあれ高知市内での訪問も無事に終わりまして、高知から宿毛にやってまいりました。今晩になってようやくすべての宿が決まり、明日は愛南町、明後日は道後温泉で泊まる予定です。

« 松山/高知/愛南/神戸で人に会う四国兵庫出張5泊6日 | トップページ | 鰹は今頃の深浦産が美味しいよね、などと言える贅沢(四国兵庫出張5泊6日 3日目) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松山/高知/愛南/神戸で人に会う四国兵庫出張5泊6日 | トップページ | 鰹は今頃の深浦産が美味しいよね、などと言える贅沢(四国兵庫出張5泊6日 3日目) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30