フォト
無料ブログはココログ

« 依頼が消えた そんな日は… | トップページ | 仕事するまえにまず笑う実務 »

低速データ通信(LinksMateの節約モード)でYahoo!カーナビを使った結果

先頃購入した自転車を見て、補助者さまがおっしゃるのです。

…僕は時々、色合いの激しい動産の所有を選択しているように見えるが意図的なものなのか、といったことを。

彼女がお茶を入れてくださるとき、隣のコンロや水切りかごに置いてあった水色の鍋とかピンク色のフライパン、といったものをご覧になっていたようです。
このたび僕が赤い自転車を採用したところで、何かお聞きになりたくなった…らしいのですが。

鍋はたまたまアピタで安いのが売っていただけ、フライパンはYahoo!ショッピングでアサヒ軽金属の天使のオールパンが安くなるキャンペーンをやってたが色が選択できなかったためピンクが来た、そうしたところではあるがBromptonは赤に限る、同様に自動車についても色は意図的に選択した、

ただしその乗り物に誰が乗っているかは一切無視して色と形の整合性を愛でているのだ、と申し添えたところであります。

そんな車で久しぶりにロングドライブに出かけました。といっても三河の某市へ片道1時間半、という程度。
車が好きな方ならちょっとそこまで、といった感覚であろうことは理解しています。

きっとそれは、この季節なら普通列車で14~15時間程度しかかからないような街(四国なら宇和島/九州なら博多/東北なら仙台)へは僕にとって、ちょっとそこまで、といった感覚であるのときっと同じです。

認知の歪みはさておいて、表題の件。

司法書士の試験に受かった翌年に中古で買った車を、まだ手放せずにおります。
他に乗りたい色と形(誰が乗っているかは一切無視して)の車がないほか、走りに関わる肝心な部分が一向に壊れないでいることも理由の一つです。

なにしろ前世紀の車ですから(苦笑)当然ながらカーナビなどついておりません。スマートフォンにカーナビ・ドライブレコーダー・オーディオプレーヤーの役割を担わせています。

先月購入した新品でジャンクな中華タブレット(2個5500円。画面に線上の傷がついているがそれ以外に問題がない未使用新品、でもジャンク、という奇天烈な品がメルカリに出ていたのです)を助手席側に架装できるようにしました。画面が大きくてスピーカーの音量がでかいタブレットにカーナビの役割を移そう、せっかくだから遠く(ここで述べる距離には、鉄道ファンとしての認知の歪みがかかっています)へ車で行ってナビがうまく機能するか試してみよう、と決めました。

先に謝っておきます。
今月2件しかない不動産登記のご依頼を受けるに際し、金融機関を訪問して書類を受け取ってくる、という用事が愛知県東部某市にあったのです。守秘義務に反しない範囲で説明するとそういうことでした。

先述の中華タブレットにはSIMカードを挿せますが、今のところモバイルルータの配下においてWi-Fiで運用しています。

このモバイルルータに先々月から、LinksMateのSIMを契約して使っているのです。

月額100MB、税込み165円の契約を。

いま扱っている別案件で私的な費用を片っ端から会社につけ回した放蕩社長が起こした紛争、というのがありまして。
どうやらその放蕩者は一ヶ月数千円をタブレットのためのデータ通信に使ってたらしいのです。もう絶対許せない(笑)

お話しを戻します。こうした格安SIMのサービスには、低速通信なら消費データ量としてカウントされない設定を持っているところがあります。というより、僕がMVNO業者を選ぶならそういう設定がある会社との契約が優先です。

大手携帯電話会社のデータ通信契約を漫然と使って会社潰す社長なんか絶対許せない(笑)

冗談はさておいて、LinksMateの低速通信=節約モード の速度は200Kbps程度とされています。

これで中華タブレットのYahoo!カーナビが機能するかどうか?

さすがに往路で試すことはしませんでした。当ブログは前述の不動産登記のお客さまも読んでおられます。行きはちゃんと余裕を持って行動しましたから!と断って、舞台は書類受領後の金融機関駐車場に移るのです。

結論。目的地を検索し結果と地図が出るまでに5分はかかります。駐車場から動く気にはなれませんでした。

また、縮尺にもよりますが地図内に、高速通信時には交差点の名前か何かが表示されていたであろう『白い横長でデータの空白を示すらしい、謎の長方形』が複数出現します。

Screenshot_20220823150404

うっかりその白い長方形のところに踏み込んだら。
車が爆発して夕方のニュースに出れるとか永禄3年の同じ場所にタイムスリップして信長の奇襲部隊に蹴散らされるとか業界団体に匿名の苦情が入るとか、そういうインシデントが発生する…ということはないようです。何かが表示されていないだけ、ではあります。

それを我慢すればまぁ、低速通信でクラウド型カーナビサービスが使えることもあろう、ということでした。

ちなみに、今回中華タブレットを車内の手すりに固定したのはこのマウントを使っています。

 

強度や許容寸法その他の性能はまずまず良好なのですが、いまAmazonに出ている写真とは微妙に違ったものが送られてくるのです。

これをBromptonにも使い回そう、自転車でもスマホのナビを使えるようにして、ゆくゆくはあのビワイチってのをやってみたい、と思っています。

この本みたいに、自分の自転車でしまなみ海道、は理想ですよねぇ(嘆息)。レンタサイクルではやったことがあるんですが。

…関与先が愛媛県にある、というのは別にこういう展開を視野においているわけではありません。
ただそちらのお客さまとの関係では、いろいろと楽しめる要素を入れることが許容されており(昼食時から飲酒することもときには許容されており)大変ありがたいことだと思っています。

 

« 依頼が消えた そんな日は… | トップページ | 仕事するまえにまず笑う実務 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 依頼が消えた そんな日は… | トップページ | 仕事するまえにまず笑う実務 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30