フォト
無料ブログはココログ

« 眺望少な目お酒多めな上がり(石川福井出張2泊3日 2日目) | トップページ | 8月31日までの受付停止につきまして(これでも開業19年の話題) »

この夏の課題(パンクした自転車に、思う)

先日自転車を1台衝動買いした結果、単純な足し算で保有自転車数が2台になりました。

水曜日。川向こうにあるヤマト運輸の営業所に荷物を出しに行きます。買ったばかりの自転車は未整備どころか梱包材の片付けさえ済んでないので、6年前に買った電動アシスト自転車のほうで。

営業所までは2kmほど、自転車なら10分ちょっとで着くのです。数分で荷物を出し終わり、駐車場から道路に出る瞬間に妙な衝撃を臀部に感じました。

…後輪がパンクしています。

……自転車に心があるならば、新たな自転車の到着に嫉妬したかのようなタイミングです(苦笑)

仕方がないので帰りは自転車を押して帰ります。時刻は午後2時、天候は晴天、気温は36℃、風が若干あるのが救いではあります。25分ほどで着いたでしょうか。

家に持ち帰れば、パンクだけなら直せます。ですので直してしまいます。

ただここで、チューブから絞り出したゴムのりが乾き気味だったことは覚えておかねばなりません。
これは作業を停めねばならない異常事象だったのです。

翌日。後輪に空気がちゃんと入っていることを確認しました。夕方になり、ちょっと遠い丘の向こうのショッピングセンターに出かけます。

そこは500円以上の購入者に、卵10個入り1パックを98円で販売するのです。

昨日直したわけだから、ということでまた電動アシスト自転車で=6年落ちのヤマハのPas City-C で出かけます。

そのショッピングセンターまでは2.9kmほど、電動アシスト自転車なら20分かからずに着くのです。

併設のホームセンターで、新たに導入する自転車に使う油などを探して少々時間を取りました。1時間ほどで買い物を終え、自転車を駐輪場から引き出した瞬間。

ざらざらとした転がり抵抗を両手に感じます。

…後輪がパンクしています。

……自転車に心があるならば、新たな自転車の到着に嫉妬したかのようなタイミングです(苦笑)

実はホームセンターは閉店時間になっており、パンク修理能力を持つはずの自転車売り場も当然閉鎖、になっています。近くに自転車店はありません。少なくとも、19時過ぎてなお受付しているようなお店は。

で、また仕方なく自転車を押して帰ります。今度は40分以上かかり、右足に靴擦れができました。

家に持ち帰れば、パンクだけなら直せます。ですので直してしまいます。ゴムのりは100円ショップで新しいのを買ってきました。

確認したところ、昨日直したはずのパンク箇所でしっかりとパッチがチューブに着いていない部分があり、そこから空気が漏れています。まさに蟻の一穴。

ひょっとしたら僕、生きながら無間地獄に落ちたのではないか、と考え直します。
明日も出先で自転車がパンクしたらどうしよう、と。

そして今日。直して軽く空気を入れたチューブから空気が抜けていないことは確認し、新たに買ったほうの自転車で買い物にでかけます。

念のため、平坦な道で行ける別のショッピングセンターに。距離は2kmです。歩くのに適した靴も選びました。

まぁ別の自転車を使ったわけですからパンクに遭遇せず往復できまして、さらに考えます。

どうせ自転車1台は休車にできるわけだから、この際自転車整備の技量を身につけるのがよいのではないか、と。

具体的には、いま自力で可能なパンク修理の更に先、タイヤとチューブの交換、ハブのグリスアップあたりまで可能、という水準まで到達できればよさそうです。夏のあいだに、まずチューブは自力で交換できるようになろう、と決めました。

実は今週直したPas City-Cのチューブは購入以来未交換。パンク箇所に加えて、妙な摩擦痕がたくさんあるのが気にかかるのです。

Dsc_0380_20220730001001

それと。

価格を調べに行った○イクルベース○さひのウェブサイトで、工賃表の末尾に1時間単価9900円、と書いてあるのを見てしまったことも理由です。

当事務所では、難化しやすい案件(事業、不動産、慰謝料請求など)の相談で1時間6600円の相談料を設定しています。
労働紛争労働側の相談は上記の要素を含まなければ2時間4400円。

同分野の裁判事務は請求額により、時間単価を計算すれば数百円に落下しますが別にそれは構わない、やりたくて始めた仕事だから、ということにはなっています。裁判書類作成で成功報酬型の体系が好ましくないと呑気に決めつける業界のお偉方を軽蔑してはおりますが(時間あたり収益が最低賃金を割るような悪戦苦闘案件を受託せずにいられれば、成功報酬型というだけで暴利に見えるんでしょうよ)。

さらに言うと、少額案件を受けるから依頼人の他に業界団体からも助成金が欲しい、などと抜かす同業者も軽蔑しています。
そんなことせんでも事務所が立ちゆくようにするのが経営者ってもんだろうが、と僕は思うのです。

自転車の修理を事務所内で可能にすることが経営能力の改善かどうかはさておいて(苦笑)話しを続けます。

法律扶助による無料法律相談は30分5500円とされてはいます。
そんな短時間で相談終わるもんかよ、という実情に基づいて当事務所では1時間に限りなく近い五十数分で5500円、これに調書作成時間を10分程度要します。

したがって。僕は来月から自転車屋さんへの転職を検討すべきだと

間違えました。電気屋さんもいいと思ってはいます。
某県林業研究所から年に1回降ってくる講師のお仕事に限っては、僕は司法書士として1時間あたり1万円を超えるお金が支払われます。
どうやらその某県は、僕を本物の司法書士だと思っているらしいのです(まぁ実際本物ではありますが)。

これを除いては、僕はサ○クルベースあ○ひの自転車修理工賃に劣る単価で働いている、と知ってしまったのも自転車修理の自営化を進めたい理由にはなりました。

一応、当事務所でも1時間あたり最大24000円まで収受できる報酬体系を持ってはいるんです。
が…これは謝絶寸前のときにしか提示しません。

別に当ブログをご覧いただいているお客さまに『単発で僕の仕事を増やした場合、この報酬額を提示されたら最後だからな』と述べているわけではありませんのでご安心ください。反訳書作成については1分400円と評価してこの金額とすることもあります。

最後に、別に僕、サイ○ルベースあさ○が嫌いなわけではありません。
3年ほど前まで最寄りの駅前にあったサイクルベースあさひの店舗がなくなってパンク修理の依頼先がなくなったのが困っている、それがパンク修理の内製化にもつながっている、というだけで。

« 眺望少な目お酒多めな上がり(石川福井出張2泊3日 2日目) | トップページ | 8月31日までの受付停止につきまして(これでも開業19年の話題) »

おかねのこと・資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眺望少な目お酒多めな上がり(石川福井出張2泊3日 2日目) | トップページ | 8月31日までの受付停止につきまして(これでも開業19年の話題) »