フォト
無料ブログはココログ

« 帰れなくなったことの余録(東京出張3泊4日 3日目) | トップページ | 双六気分で東上する東海道北陸道出張6泊7日 »

東京方面・北陸方面への出張日程が決まりました/四国への出張日程調整をはじめます

姉は静岡県東部に住んでいます。久しぶりに電話がかかってきましたので、出ます。

「オレだよ オレ」(←棒読み)

『……?』

「オレだよ。事務所でお金が足りなくなっちゃってさー 200万ほど振り込んでくんない?」(←棒読み)

『……(怒)』

教訓。
電話を受けたほうから振り込め詐欺を仕掛けるのは、とても難しい。


そんな感じで楽しく始まった日曜日。姉上には事務所の窮状を訴えて支援を得ることに失敗したばかりか、用事を言いつけられてしまいました。

正確にいうと、出張費ゼロ日当ゼロの司法書士出張業務、を。

次の出張の目的地に神奈川県は三浦半島の先っぽにある市役所を追加します。
そこにある市役所行ってこい、交通費は払わない、日当も出さない、そんなの当たり前だろ、な、というような意味の日本語を電話口で姉上が言うのです。

こういうのが親族間でおこなえる特殊詐欺の理想、だと思うのです。さすが姉上としかいいようがありません。

助けの手は差し伸べられています。7月20日からは夏の青春18きっぷが使えます。僕は出張日をうまく設定すれば、特殊詐欺の被害にあったのか嫁ぎ先のご家族のために善行をなすのか不明ですが、ともかく東京に行く交通費だけで横須賀線の終点=久里浜までは行けるのです。なんて素晴らしい(虚勢)

っていうか、JRとは言わないからせめて鉄道で行けるところにしてくれよ。バス物件だろ三崎市役所って(´д`)

本件との連携は全くないはずですが、愛知県東部のお客さまから火曜日に連絡が入ります。

近々実施予定の登記で面談要請、で7月20日午後の希望が出たわけですよー(ノ´∀`)ノ

交通費キター♪くらいには言っていいはずなのです。どうせ片道しか請求する気はありません。お話しは続きます。

静岡県西部にもお客さまがいます。
裁判書類作成の添削の依頼を受けており、作業期間は今週から2週間ほど。一度は面談での打合せを要する、というわけで。

特殊詐欺ではありませんが、便宜供与の押し売りを試みます。
7月20日夜、東海道本線弁天島駅真ん前の温泉ホテルでなら勤務終了後に打ち合わせ可、交通費は名古屋-浜松の片道だけ払ってもらえれば大丈夫、日当不要、と。

詐欺性は皆無なので、順当に採用されます。
これで7月20日の交通費全額と、7月21日の交通費が約半額、手当てできたことになりました。さらに検討します。

東海道本線浜松-熱海間においてはこの春から、人権状況の顕著な改善が見られるのです。
…あ、この区間を新幹線ですっとんで行く方々には無縁な話題です。この界隈の普通列車は従来ロングシート車であったところ、中央本線から転出した313系8000番台=転換式クロスシート車が配置されるようになったのです。

すでに心ある方が運用表をウェブに出してくださっています。調べたところ、宿でゆっくり朝ご飯を食べて11時前浜松発の列車で出れば静岡の先、興津まではクロスシート車で行けることがわかっています。

そのまま普通列車で熱海-大船と乗り継いで久里浜へ行き、さらに三崎市役所で用事をこなしても。

20時前には上野に着くのです。新橋なら19時過ぎ。

もう一つ便宜供与の押し売りを試みます。今回だけは交通費宿泊費日当不要、と。
そんなわけで7月22日台東区内で、裁判書類作成の打ち合わせが設定されました。

で、昨日。僕が寄稿する団体は、港区赤坂にあるビルに入っています。原稿案を送って、付け加えました。

かねてお知らせしたとおり打ち合わせ希望、できれば21日か22日、夜がいい、と(笑)

実はもともとこれが主目的でして、これが通ればもう十分(十分お酒飲める、が正確)ですが、あと一つ設定できるかわからない面談の提案を一応投げてある案件があります。

以上の次第で東海道をだらだらと上りながらいろんな人のご都合に応じていろんな仕事をする東京出張の日程が決まりました。
7月20日名古屋発、同日弁天島泊、21・22日稲荷町泊、ここまでが確定です。

相談余力はほとんどありませんが、22日の午前中および23日に調整の余地を残しています。
すでに手をかけているお客さまはいる、と言う状況です。

7月24日は金沢にある宿の予約が取れています。名古屋に戻る必要は別にないのです。

順当に行くと7月23日は上野から普通列車一本で行ける、静岡県東部の姉上のところに行って復命し、運がよければご飯を食べさせてもらえ運が悪ければ実費も踏み倒される…ということはないと期待します。

この場合は24日朝、静岡県東部から旅を始めて身延線-中央本線-大糸線で日本海側へ出るのがよさそうです。あとはまだ乗ったことがない北陸新幹線糸魚川-富山間を試すか何かして24日夜に金沢着、でしょうか。同日同区間では相談余力があります。

7月25・26日は石川・福井県内に滞在し、たぶん26日に米原経由で帰ってきます。
他県の公費を少しつまみ食いするなら、北陸では愛知県民も使える宿泊費助成制度を使ってもう1泊するのもいいかな、と思っているところです。裁判書類作成で僕を困らせる方々には、頑張って住民税を納めていただいて(悪い笑い)

ですので石川県~滋賀県内での出張相談の余力は当然あります。
当事務所では決して紛争の発生拡大継続を望むわけではないのですが、民事家事関係の裁判書類作成に関して経験を蓄積し相談に注力しております(←棒読み)

さらに、8月は久しぶりに愛媛県への出張が入ります。こちらは、ありがたいことに交通費をまかなえるご依頼が常に用意されているのです。

そうではあっても青春18きっぷで行くのが夏の鉄道ファン、というものなのです。

などといいながらFDAの小牧-高知線の運賃をチェックし、割引運賃は残っているが燃油サーチャージだけで2300円と確認して粛々と諦めた(だって青春18きっぷ1日分とほぼ同じじゃん)経緯はあります(汗)

日程は8月3日頃から5~7日間程度を考えています。うち2日は移動日ですが。
広島あたりまでならふつうに寄り道できますので、過去半年以内に大阪~広島一帯からご相談くださった方々には出張相談もご検討ください。

8月下旬か9月上旬になったら東京経由で福島県に行こうかな…と考えていたりもします。この夏は青春18きっぷの配分に気をつけて、短区間では使わないようにしなければいけないのかもしれません。

« 帰れなくなったことの余録(東京出張3泊4日 3日目) | トップページ | 双六気分で東上する東海道北陸道出張6泊7日 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰れなくなったことの余録(東京出張3泊4日 3日目) | トップページ | 双六気分で東上する東海道北陸道出張6泊7日 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30