フォト
無料ブログはココログ

« 1台目を直したかったのか2台目を買いたかったのかは不明(FunHD 液晶パネル交換のような件) | トップページ | 評価に迷う新機材(Boox Note Air2導入の件) »

東京発東北方面日帰り出張相談の限界点(東京出張の日程調整を始めました)

今月の新件。もちろん裁判事務。

お客さまからやってきたレターパックを開封して、思わず呻いた。

文字が、小さい(苦笑)

このお客さまもリピーターの方、というより当事務所裁判事務の歴史に残る勝利を挙げられた方が十数年ぶりに再挙されることとなったのです。
ですので難易度なんか別に高くてもかまわないんですが…文字が読めないのはいただけませんね(溜息)。老眼鏡をかけて資料の精査に入ります。隣の部屋では本日出勤日の補助者さまが、PythonでCSVファイルを扱うプログラムの習得に励んでおられます。

…平和、です。

さてさてどうやら冬も越せそうだ、ということで表題の件。次の東京出張は3月2~4日、都内での滞在が決まっています。

楽しいの問題はそこから先です。郡山のあたりにちょっと気になる方がおられます。

ここで郡山は当然ながら東北新幹線/東北本線の郡山であり、関西本線の郡山ではありません。後者だったら単に青春18きっぷ1枚でカタがつきます。

少し顔を見て話をしてきたい、運がよければ依頼になるかもしれない、そういう状況ではあるのです。

ちょっと調べてみます。3月2日午後から4日夕方までは都内で仕事があり、春の青春18きっぷは選択可能、時間はあるがおカネはない、そんな前提で。

3月4日も、上野に泊まるなら。

翌朝の東北本線始発普通列車に乗れば郡山着は9時台、郡山から名古屋への普通列車の最終の接続は11時前、となっています。

つまり郡山駅で1時間超の時間はとれる、名古屋から東京への出張の帰路に郡山に立ち寄ることによる交通費増加は発生しない、と(棒読み)

贅沢なコース。
3月5日に郡山に泊まってしまえばどうとでもなります。

この場合、宿泊費交通費含め7千円程度の費用増です。3月5日、上野-郡山間で1回ぶんの青春18きっぷを使い、郡山で5千円弱の宿に泊まることはできます。滞在可能時間が増えるのでもう少し宿の安い地域も選択可能ではある、と。

請求してみてもバチはあたらんだろう、とは思えるのです。7千円。
ちなみに相談料金そのものは非事業者向けの設定として、2時間5500円となっています。

これがどうなるかで3月5日以降の日程がどうなるか大きく変わるのですが、ともかく東京出張2泊だけは決まりました。23区内での出張相談は当事務所への依頼歴のある方は無条件で、そうでない方には十分な換気と対人距離が取れる場所であることを確認してお受けできます。

ところで、一昨年から入館に抽選制を採っている国立国会図書館は平日朝11時までに入館してしまえば予約不要ということになっています。そろそろ国会図書館の喫茶室を相談場所にする運用を再開してもいいような気もしています。

このルールを知ったため、僕の東京出張は第1日目(高速バスで昼過ぎに都内に入る)の午後の価値が暴落し、2日目以降の午前中の価値が暴騰することになりました。お客さまに対する提案としては、初日午後に限っては交通費宿泊費日当等の追加費用なし、第2日目以降の日程を取りたい場合はできるだけ夕方以降となるようにしつつ、それでも午前中からとされる場合は必ず宿泊費負担を求める、という運用になっています。

そうは言ってもいままで1泊4千円台の宿は上野~浅草周辺でいくらでも見つかったのですが、僕がチェックしているいくつかの宿ではそろそろ価格の上昇、日によっては満室状態が観測されています。

昨年まで1泊4500円の宿が今月6500円になったら、宿泊費が1.4倍になった気がする(が、コロナ前繁忙期の価格に比べれば7割引きではある、と)。

変な世の中になったことの反射的効果が、僕を通じてお客さまに及んでいるとは言えるでしょうか。とりあえず出張相談は、可能です。相談料金は非事業者(で、付加金・慰謝料の請求を含まないもの)については2時間5500円、事業者からの相談は2時間13200円となっています。4月以降、金額を変更するかもしれません。

特定の誰かを指しているわけではないのですが、以前は労働紛争労働者側としてご依頼をくださった方が独立開業され、今度は経営側として相談・ご依頼をくださるパターンが少しずつ現れてきています。この場合は経営側で躊躇無く受託する(が、この事務所の裁判事務が依頼人に厳しいことはどっち側だって同じですけどね)ことにしています。ご興味のある方はお問い合わせください。

« 1台目を直したかったのか2台目を買いたかったのかは不明(FunHD 液晶パネル交換のような件) | トップページ | 評価に迷う新機材(Boox Note Air2導入の件) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1台目を直したかったのか2台目を買いたかったのかは不明(FunHD 液晶パネル交換のような件) | トップページ | 評価に迷う新機材(Boox Note Air2導入の件) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30