フォト
無料ブログはココログ

« 少し早く少しアツい夏へ(新しいご依頼の受付を停止します) | トップページ | 持続可能な出張相談料金設定のゲーム理論(東京出張2泊3日 1日目) »

どれだけ繰り返したら 覚えるようになるんだろう(五十代周辺男女のリカレント教育のようなものについて少し考える)

有料のプログラミング学習サービスの利用を再開して2ヶ月が経ちました。今回は補助者さまにもお使いいただいているのです。想定利用期間は半年。

来たるべき当事務所滅亡に備えて自由に使える言語の一つも習得しておいてくれ、という本職の思惑が正しいかどうかはさておいて、補助者さまは概ね順調にPythonの学習を進行させつつあります。

まるで江戸時代から生きている尼僧のようなため息を一つついてから学習サービスにログインなさるのは、毎度のことながらいかがなものかと思うのですが(苦笑)

僕のほうは高校生時代から使っていたN88-日本語BASICに代わる普段使いのコンピュータ言語としてPythonを使いこなせるようになりたい、当事務所滅亡に備えて、という思惑があったほか、並行して学習サービス業者がセットしたプログラムパスに乗っかってみることにしました。HTMLに始まるWebサービス関連諸言語一通り、といった組み合わせなんですが数ヶ月前に適当にやり飛ばしたJavascriptでしばしば学習がつまづきます。

当事務所ウェブサイトに備え付けてある不動産登記の費用計算フォームが同言語で作られ公開されてもう3年以上経つ、というのはきっと何かの冗談なのでしょう。とにかくそうした実情に直面させられているのです。

さて、こういうときに。何かを覚える要領よいやり方を知りません。

仕方がないので何度も繰り返す、という方針を採り、僕の場合は同じレッスンを2~4回繰り返してようやく課題を見たらすぐ手が動く、ということになりました。他のレッスンでもぐるぐる反復しているので無駄にレベルが上がります。
先週末現在、レベル187(失笑)

Photo_20210712005801

ここで表題の件、なのです。

まるで命の灯火を吹き消すようなため息をついてログインする補助者さまに、あるときつぶやいてみたのです。
中年男女の就労転換対策再教育はどうあるべきなのか…と。『まじめに手を動かしていれば小さな会社の正社員でいられた仕事』が急速にロボットや人工知能に置き換えられていく一方で求人にギャップが発生している需要の高い業界に転職する技術を(半ば、無理にでも)四十代五十代の男女に持たせるにはどうしたらいいのだろう、と。

人のアタマの能力としてやってやれないことはなく、問題は当人がそれをどれだけ心理的負担に感ずるかなのだろう、というのはまるで日本の沈没を予知したようなため息をついてログインする補助者さまを見ていると思えるところです。

まぁ僕のところでは半ばのんびりと半ば強制的に過剰反復させるOJT,を向こう半年間制度化することにはしたのです。2ヶ月続けてパワハラによる損害賠償請求労働審判申立事件の相手方に僕がされるようなことがなければ続行、とは決めており、どうやらそれはなさそうです。

このまま僕が調子に乗ってHTMLとCSS、あとはMySQLあたりを身につけて、11月にはすずき事務所簿記電算部(←あ、ネーミングが古い)を起ち上げるから、などとお願いしたりしなければ。

 

« 少し早く少しアツい夏へ(新しいご依頼の受付を停止します) | トップページ | 持続可能な出張相談料金設定のゲーム理論(東京出張2泊3日 1日目) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 少し早く少しアツい夏へ(新しいご依頼の受付を停止します) | トップページ | 持続可能な出張相談料金設定のゲーム理論(東京出張2泊3日 1日目) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30