フォト
無料ブログはココログ

« 約21万分の○○(世の人は離婚協議書の作成を、どれだけ士業に依頼するんでしょう?) | トップページ | 『ドライヤーがほしかったから』 »

発想の逆転、で実現する天吊りプロジェクター計画

昨年の夏に新品で購入しその秋には大改造して静音化したプロジェクターを、大変気分よく使っています。これをディスプレイの代わりにしてふだんの事務作業をしているのです。老眼対策もさることながらブルーライト、皆無(笑)

ただ問題はずっと残っていたのです。部屋にある物の配置とプロジェクターの焦点距離の関係で、背後にある非PC作業用の机の3分の1をプロジェクターに奪われるのです。

R0011695

そう、机が狭くなるのです。これだけはいけません。

R0011694

現時点で家具の配置は、非PC作業用の机とスタンディングデスクとプロジェクター投影用スクリーンをこの順番で平行に、漢数字の『三』のように並べています。さらにもう一つ通常のPCモニタがこれにほぼ直角に配置されているため『E』の形に並んでいるイメージでしょうか。

つまりプロジェクターを出た光はスタンディングデスクの上か横(座位のとき/立位のとき)を通ってスクリーンに当たりますが、プロジェクターの投影位置が低いため立位のときにはスタンディングデスクが光を遮ることになります。光があたらないようスタンディングデスクを右側にずらすのですが、そうするとスクリーンが自分の正面から妙に左にずれて見えることになります。あまり居心地のいいものではありません。

これを同時に解決するには、プロジェクターを高い位置においてやればいいはずです。
極端な話し、天井から吊ってやればいい。

賃貸住宅なので当然そんな派手な工事をするつもりはありません。実は非PC作業用の机、机と言っても昔使っていたベッドの下が机と棚になっている、というものなのです。この関係で机の幅が1800mmあり、さらに本棚も付いているため書類をいっぱい広げてする作業に最適、ということでなかなか手放せず現在に至っています。

まぁあとはこの机、補助者に朝挨拶しないふざけた行政書士兼土地家屋調査士に解雇された補助者時代の僕が20年前にそいつを訴えて得た和解金で買った、というある意味当事務所の方向性を基礎づけた記念の品です。このため畳で寝るようになったいまも手放す気など毛頭ない、ということもあったりします。

お話しがそれました。思い入れはさておいてこの机は上段がベッド、つまり『天井』があります。
賃貸住宅であるにもかかわらず、僕は畳一枚分の広さではありますが天井を所有している、と。

これを上手く使えないかずっと考えていたのです。連休中に。

ベッドの上段を支えて長手方向に走るフレーム2本のあいだに木材なり金属製アングルなりで桟をつくってやって、そこに市販のプロジェクターマウントを施工することも考えました。ただ、これだとプロジェクターの位置が固定されてしまいます。欲を言えば、プロジェクターをすぐ移動できるようにしておきたい。相談や打ち合わせにプロジェクターを持ち出して画面を投影できると便利だし、プロジェクターから1.2mほどの距離にあるスクリーンのさらに1.2mほどむこうにある窓際には別のスクリーンをひっかけられるように棒を渡してあります。

説明が難しいのですが、ベッドの壁側の端(上の写真に写っている状態)にプロジェクターを置いたときにはプロジェクターからの距離約1.2mのディスプレイ代用スクリーンに投影されるようになっており、手前側の端にプロジェクターを置けば(その位置には光を遮るものがないので)、窓まで約2.4mの距離が確保できて大画面のスクリーンに投影できる、そんなことを考えていたのです。

これを可能にすることは吊り戸用のレールと吊り車を買ってベッドの天井にくっつければそのレールに吊ったプロジェクターを移動させられる…のですがアルミのレールを買うだけで2m5千円かかりそう。さらに送料も。

ほかに必要な資材を加えれば総工費1万円を優に超える、ということでいったん検討が頓挫するのです。

モヤモヤしたままamazonを眺めていてまず目にとまったのが、台所の戸棚からぶら下げる収納ラックです。

 

なるほど棚板に引っかけて何かをぶら下げる吊り下げ収納が十分な強度を持っていたら、それはプロジェクターも置くか吊り下げるかできそうな気がします。

とはいえ台所関係のそうした製品はだいたい耐荷重1kg。さらに厚させいぜい3cm程度の棚板に挟むようになっており、残念ながらこれもつかえなさそう、ということでまた検討が頓挫します。

ただ、こういった形状で耐荷重が大きいなにか別の物が…探したらありました。

 

さらにタイミングのいいことにはamazonアウトレットで表示価格より数百円安く手に入りました。
なにしろこっちは入手した瞬間から改造する気満々です。箱が多少潰れている程度のこと、なにを気にするでしょう。

この製品が改造に適することを確認後、さらにプロジェクター用のマウントも発注します。
そのマウントに適合するM6×25mmのネジ4本はホームセンターで買ってきて、しめて3500円。

 

この棚は棚板がメラミン樹脂製なので、ハンドドリルで6mmの穴を空けるのはかんたんです。この穴を4つ貫通させてホームセンターで買ってきたネジを通し、天吊り用の金具を固定してしまいましょう。

R0011697

『必ずお守りください』とかなんとか裏面に書いてありますが、ひっくり返して使うなとかネジ穴を開けるなとは書いてありませんでした(詭弁)

R0011698

こうしてしまえば天井に金具が固定されたのと同じなので、あとは説明書通りに組み立ててプロジェクターを固定するだけです。

これを逆さにしてベッドの上段のへりに引っかけて、できあがり♪

R0011699

これならプロジェクター吊り下げ高さはスクリーンに対して最適だし机も空くし設備の移動も自由です。さらにひっくり返せばテーブルの上に置いての運用も可能です。まさに完璧です。

強いていえば、打ち合わせ中にこれを使う場合にはこの機材の素性が台所用品であると気づいたお客さまからのご質問ご指摘ご感想等を封じておく必要はありそうですが。

以上、本日当事務所から自信をもっておすすめする製品は山善のレンジ上ラックRKS-4022だ、というお話しでした。

« 約21万分の○○(世の人は離婚協議書の作成を、どれだけ士業に依頼するんでしょう?) | トップページ | 『ドライヤーがほしかったから』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 約21万分の○○(世の人は離婚協議書の作成を、どれだけ士業に依頼するんでしょう?) | トップページ | 『ドライヤーがほしかったから』 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30