フォト
無料ブログはココログ

« レスポンスに問題がある関係者の妙な共通点(糖質ちゃんととってますか?) | トップページ | ご依頼・電話の受付を停止します »

4月14日のよい話題とわるい話題

○よい話題

今年も確定申告の締め切りに間に合いました。

…一ヶ月延長されての締め切りではありますが、とお付き合いのある税理士さんに心配されそうなことを口にしてみたりします。ええ、大丈夫でした(虚勢)

3月の時点で、気づいてはいたのです。よい話題。

今年は還付金が発生するのです。実は昨年の売り上げの約4分の1が企業ほか法人を相手とする仕事、つまり源泉徴収されるものでした。

どうせ大した課税所得が発生するわけでもないため、何万円かの還付が期待できるよな、とウキウキしていたのです。

書棚の隅から某町役場の手数料領収書800円、なんてのも見つけてこれで還付金が40円増えた♪などとさらに喜んでもみたり。

さらに思い立って売上高を再確認したところ、某県林業研究所長(なぜか支払者が、になる模様。自治体からのお金の支払いは支分部局の長がするものなの?)さんがくれた講師料が源泉徴収されてたのが未入力だったことがわかりました。

さらに還付金が2万円強増えました。シンプルに嬉しいのはここまでです。

さらにさらに確認を続けたところ、源泉徴収後の入金を売上高として源泉徴収額を入力しない振り込みがどんどん見つかりまして、嬉しさを超えて困惑する段階に入ります。最終的な還付金は当初見込みより4万円強増えるに至りました…あはは(わらうところ たぶん)

原因はクラウド会計ソフトにあります(というのは正確でなく、間抜けなオペレータである僕にあります)。

僕のところではMoneyForward確定申告とネットバンキングを連携させており、振り込み入金即仕分けを可能としています。実に便利なのです。しかしながら源泉徴収を受けていたり預かり金と報酬を同時に支払われたり(不動産登記がこれにあたる。つまり件数は多くない)ときには手動での入力が必須になるのです。ソフトの機能上、クリック一発で全額を売上高として仕分けしたことにしてしまえます。なんとなくそうした結果この源泉徴収部分を事業主貸にする処理を正しくやっていなかったのが8件ほど、正しくやってあったのが10件ほどあったわけ。

…やっぱり税理士さんから心配されそうな話題です。少なくとも正しくやったほうの件数が多かったことは強調させていただきたい。
この方にはお礼やお願いがあるので次会ったらすみやかにお酒を振る舞ってごまかすとしましょう。当ブログはご覧になってるらしいんですが(笑)

●わるい話題

還付金目指して確定申告を続けるうち、書面で確定申告をおこなう場合の青色申告特別控除が55万円、スマートフォンかe-TAXで申告を行う場合は65万円、であることに気づきました。マイナンバーカードは取得済みです。カードを読み取れるスマホも持っています。

ならば、ということでアプリを導入し利用者識別番号を入力しe-TAXのパスワードを入れ確定申告データの送信をしよう、となったところで。

ええ、マイナンバーカードの署名用電子証明書のパスワードを三振しました。

ロックがかかったマイナンバーカードの亡きがらを抱いて泣きながら(←冗談です)郵送申告に切り替え、なんとなく捨て鉢な気分になったので提出用封筒には5円切手を28枚貼り、ポストに入れてきたところです。


思いもかけず増加したこの臨時収入、まずエアコンのクリーニングに使うことにしました。当事務所のエアコンは2011年製、そろそろ交換部品の供給が止まります。そうなる前に取り外して工場に送りこんであげよう、と思っているのです。

性能には満足しているので(当事務所の年間の電気代は5万円台=新しいエアコンへの買い換え効果はそう高くないので)、これで数年延命できれば今回の還付金をお金が減らさない方向で使えることになるのかもしれません。顛末は記事にしてみたいところです。

« レスポンスに問題がある関係者の妙な共通点(糖質ちゃんととってますか?) | トップページ | ご依頼・電話の受付を停止します »

おかねのこと・資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レスポンスに問題がある関係者の妙な共通点(糖質ちゃんととってますか?) | トップページ | ご依頼・電話の受付を停止します »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31