フォト
無料ブログはココログ

« 報告:依頼人による昼食先指定に対する応諾の件 | トップページ | 御堂筋線運転見合わせのちょっとした影響 »

徳島から難波へのすきっぷ

Img_20210115_174043Img_20210115_174103

徳島から関西へは高速バスの利用が圧倒的に便利です。JRは高松・岡山経由になってしまい、青春18きっぷ利用可能期間中に交通費をケチりたい場合を除いては考慮の必要すらありません。バスはだいたい毎時一本、3800円。

 

ですが、徳島からは和歌山へフェリーも出ています。だいたい三時間に一便、和歌山まで2200円。

 

難波からは近鉄特急を使うため、便利で早いのはバスなんですが…南海フェリーのウェブサイトを見て一気に心が動きました。

 

『好きっぷ』2200円

 

そんな企画乗車券の案内が出ています。見ればフェリーの片道運賃2200円と発売額は同じで、フェリーに加えて南海全駅への乗車券がつけられる、と。制限はクレジットカードが使えないことだけで、それさえ受け入れれば徳島―難波が2200円である、と。

 

決まりじゃん(*´∀`)♪

 

16時30分発の船なら難波発最終のアーバンライナーには余裕で間に合います。海上はいいお天気です。気温は3月並みの暖かさと天気予報も言っています。これでバスになんか乗るほど忙しくしてはおりません。
そうとなれば、やってみたいことがあるのです。徳島駅で補助者さまへの土産に加えて、スダチのお酒を買いました。

 

これを日没時に、船尾の甲板で開けてやろう、と考えたのです。どうせ20時過ぎに着く難波では、飲食店は閉まっているはず。ここでちょっとだけ、アルコールを入れてしまいます。

« 報告:依頼人による昼食先指定に対する応諾の件 | トップページ | 御堂筋線運転見合わせのちょっとした影響 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 報告:依頼人による昼食先指定に対する応諾の件 | トップページ | 御堂筋線運転見合わせのちょっとした影響 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31