フォト
無料ブログはココログ

« (少し早いですが)年内の一部業務が終了しました | トップページ | 30年ぶりの善光寺とおみくじの文理解釈に関する件 »

若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日

若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日
愛知県内だけは好天に恵まれて、旅の始まりです。8時10分発のバスは一日に2本しかない長野行きですが、慎重に席を選んで隣に誰もいない8C席を押さえてあります。

おそらくは今年最後の宿泊出張、目的地は小海線佐久平です(関係者は駅所在の町と関係ありませんので、こう言っても守秘義務には抵触しません)。

宿は以前泊まった温泉ホテル、交通手段は青春18きっぷではなく高速バス、ということで大変ステキなこの出張、懸念事項があります。

…あっちはきっと寒い、どうやら雪も降るらしい、ということです(苦笑)


あとは、労働紛争や裁判事務ではなく不動産登記のご依頼なので、邪魔する人は被告に加えろ(どうせ実費はそう増えぬ)、という態度をとれないことでしょうか。

お行儀よくしなきゃ、といまから自分に言い聞かせているところです。

« (少し早いですが)年内の一部業務が終了しました | トップページ | 30年ぶりの善光寺とおみくじの文理解釈に関する件 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日:

« (少し早いですが)年内の一部業務が終了しました | トップページ | 30年ぶりの善光寺とおみくじの文理解釈に関する件 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31