フォト
無料ブログはココログ

« 図書館帰りの楽しみ | トップページ | 閑散期の特別なしごととその報酬に関する件 »

京都方面出張の日程が決まりました

久しぶりに簡易援助で書類をつくり、お客さまに手渡して金曜午前中の仕事を終えました。

140万円に満たないお金を払った売買契約の事案で、相手の意向を尋ねる程度の連絡書であれば相談のご予約をいただいた時点で(頭の中で)書類を起案しておき、相談で詳細を聞いて一気に仕上げてしまうことができます。

…これで売り上げ、4320円増加♪

金曜午後は久しぶりに、電気・電子・通信関係のしごとで報酬現物支給の事案=すずき電器店の仕事をいただいたところです。

大手キャリアから逃走してMVNO業者へ転出またはサービスの併用をするかどうかの事前検討、ということで、ファイナンシャルプランナーとして家計の見直しという性質も兼ねています。嫌いではない仕事です。

これらのお客さまが帰り、土曜日に補助者さまが出勤されて、今週の予定はがら空きになりました。

週末から、世間ではお盆休みに入ったのですね。当事務所ウェブサイトの閲覧件数もガタっと減りました。

いつもより早く予定が決まったのは来週の出張です。

8月25日、奈良・京都への日帰り出張をおこないます。午前中は奈良県内、午後に京都府内で相談を設定しました。

このため、交通費負担なく行える出張相談の残り余力は夕方以降での東海道本線沿線京都以東に限られますがご希望の方はご連絡ください。

京都と言ったら福岡県京都郡(みやこぐん、と読むのですね)のことか、というお言葉もあったのですが僕でもその発想はないとお考えいただきたいものです。当日の予定に連続できる西日本(京都より西)での出張相談には、交通費の起算点を東海道本線京都駅として対応します。

今回、午前中の相談ご希望のお客さまには、近鉄奈良線内を特急で移動する運賃・特急料金をご負担いただくことになりました。

この事務所にも別に奇跡を演じる能力などなく、お客さまの負担と交通機関の時刻に従って地を這って回ってるだけなので…県外の皆さまには、どうぞ無理のない範囲でのお問い合わせをお待ちしています。8月25日午後5時に東海道本線京都駅で相談終わった人間を同じ日に福岡県内に呼びつけるには航空機か新幹線の利用(と、その運賃負担)が必須だし、次の日の昼前ならフェリー2等寝台ぶんの費用でいい、というだけのはなし。

このくらいのことなら『可能であり無理のない発想』と考えていますので、移動にはお金と時間がかかる、という認識を共有できる方には引き続き、使いでのある事務所になっているかと思います。お問い合わせをお待ちしています。

« 図書館帰りの楽しみ | トップページ | 閑散期の特別なしごととその報酬に関する件 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都方面出張の日程が決まりました:

« 図書館帰りの楽しみ | トップページ | 閑散期の特別なしごととその報酬に関する件 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30