フォト
無料ブログはココログ

« 本日、冬休み | トップページ | もう少し、書いてくれればいいのに »

石浦神社で『ねぶた』といえば…?

昨日のこと。京都→米原→敦賀→金沢→富山→猪谷→美濃太田→岐阜→名古屋と普通列車を乗り継いで帰ってくるステキな一日(人によっては試練あるいは苦行と評するようですが)を過ごしたところ、金沢で2時間、大休止がとれる計画になりました。

鉄道ファンでない方のために説明すると、高山本線=富山-岐阜間でまともに成立する普通列車の乗り継ぎが一日三通りしかないので富山より手前のどこかで時間調整せざるを得なかった、ということです。

中学生のころ行ったきりの兼六園に行くことには決めたものの、少し遠回りのバスを選びます。城下町金沢周遊バス左回りルートをとりました。この系統のバスは金沢駅から東南のほうにある兼六園にまっすぐ向かわず、まず南に大回りし、犀川を二回渡って戻ってきます。

兼六園下の手前、広坂・21世紀美術館のバス停で道路の向かいに神社を見つけました。石浦神社、というそうな。

150110_112426


小さいといえば小さいのですが、ちょっと気になるたたずまい。今年の初詣はここにしようと決めました。

兼六園下のバス停で、バス乗車中にかかってきた名古屋のお客さまへ電話を折り返します。

-いま兼六園下のバス停に着いたところですが何か?

と申し上げれば大体の事情はご理解いただけるので電話はすぐに終了します(笑)

兼六園下のバス停から坂を登った、一番賑やかな入り口が桂坂口。

150110_111632

園内に入り、瓢池をみて真弓坂口に出れば、実は交差点の向かい側が石浦神社です。

バス停一つ分を園内経由で戻ったことになります。

参拝を済ませて、おみくじをひいてみます。吉、まぁそれはよしとして。

不思議な記載が四項目ほどあります。

  • 幸食 和菓子
  • 幸場 長町武家屋敷
  • 幸花 からたち
  • 幸色 未の色

…は?

名古屋からきた金沢滞在時間1時間ちょっとのこのワタシに、

兼六園まできたアナタの今日のラッキースポットは、香林坊バス停までちょっと戻って徒歩数分の長町武家屋敷♪、とか言われても(地図よこせ!)

さらに。いつも注目する記載項目もかなりひねってありました。

  • 旅行 ねぶた温泉

…ええっ?場所指定するの?

ちなみに、

  • 事業 真面目に努めれば繁栄する

…こちら、普通です。もう本当に普通。金沢商工会議所に入って精進せよ、とか書いてない(苦笑)

でも旅行はねぶた温泉(困惑)

だったら今年は青森県からのご依頼歓迎♪ってことにしようかね、いずれにせよ今日のブログのネタはこれで決まりだね、と今日出勤された補助者さまとひとしきり盛り上がった後。

不安に思って検索をかけて正解でした。

ねぶた温泉は能登半島、輪島の東にあるのです。リンク貼っときます。

ここまで郷土色あふれるおみくじをひいたのは、まさに初めてです。

こうなったら行ってみたくなりますね。ねぶた温泉。


こだわるわけではないのですが、いつもとってる新聞についてきた●●易断の小冊子によれば今年の吉方位は北。あとは凶。今回引いたおみくじでは恵方は南。

そんなわけで、今月はいつもどおり東京へ出張を設定しています(ネタにはするが気にはしない、ということです)。

今回の出張、1月28・29日の前後いずれか1日延長し、千葉県内まで行く可能性があります。出張相談は同地周辺をふくめ、引き続き受け付けています。

あと、青森県・金沢市・輪島市からのご依頼ももちろん歓迎です。そういうことにさせてください。

« 本日、冬休み | トップページ | もう少し、書いてくれればいいのに »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石浦神社で『ねぶた』といえば…?:

« 本日、冬休み | トップページ | もう少し、書いてくれればいいのに »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31