フォト
無料ブログはココログ

« 『法務局』から『裁判所』へ | トップページ | 東武沿線出張相談 »

停まれたら停まるね、というバス停

停まれたら停まるね、というバス停
停まれたら停まるね、というバス停
22時に寝る。
6時に起きる。

生活態度矯正施設に入ったような実家の朝を経て、東名富士7時38分発のバスに乗り込みました。

東京行きのバスは東名江田を出たあたりで徐々に渋滞に入りだし、併せて不思議なアナウンスを流します。
「料金所一番左側のレーンに入れない場合は、停車できないことがございます」
それでもいいならボタンを押して、と言われてしまったそのバス停、正確には社会実験中のバス停車場所が用賀パーキングエリアです。

ここから約5分で東急田園都市線用賀駅に出ることができるから、ここで逃げれば首都高の渋滞にはまらない、渋谷まで通常190の区間を100円の割引乗車券を売ってあげる、というこの実験、あまり急がない用事の今日試してみたかったのです。

いつもなら東名江田で降りて15分歩いて田園都市線あざみ野に出るところ、こちらだと江田〜用賀で若干の渋滞があるかわりに5分弱で駅まで行けて割引乗車券あり、ということになっています。

停まれなければ停まらない、という子供の約束みたいな停車場所でなければ…使ってみたいところです。

« 『法務局』から『裁判所』へ | トップページ | 東武沿線出張相談 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停まれたら停まるね、というバス停:

« 『法務局』から『裁判所』へ | トップページ | 東武沿線出張相談 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30