フォト
無料ブログはココログ

« 困ったときの『サワイ』頼み | トップページ | 乗り継ぎは小淵沢で »

中央本線経由で東京へ

中央本線経由で東京へ
中央本線経由で東京へ
大曽根を出たところで車内は一気に人が減りました。
賑やかさは、増してきた気配がします。
足回りが重装備のお年寄りが当車内の最大派閥、であるようです。


釜戸の向こうに出たイノシシさんのおかげで、今朝の中央本線名古屋口はあっちこっちで列車が遅れ気味。
僕は千種から、25分遅れでやってきた所定8時17分発快速中津川行きに乗り込んだところです。

公私合わせていくつかの用事を貯めて、二ヶ月ぶりの東京出張は中央本線経由で出かけることにしました。
多少遅く都内に入ってもいいのと、ひたすらロングシートの車両で浜松−熱海を突っ切る平日昼間の東海道本線上りは僕でもイヤだ、とまぁいつも通り適当な理由です。

お天気は花曇り。少し季節を戻して名残の花見、というのがこの時期の出張のお約束です。

列車は釜戸に着きました。この先でまたイノシシが出なければ、中津川10時10分発の塩尻行きに接続するはずです。

« 困ったときの『サワイ』頼み | トップページ | 乗り継ぎは小淵沢で »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央本線経由で東京へ:

« 困ったときの『サワイ』頼み | トップページ | 乗り継ぎは小淵沢で »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31