« 第4次開廷表調査にあたって | トップページ | ただいま開廷表調査中 »

裏業務を検討中

裏業務を検討中
車窓から見上げる空は、すっかり秋の姿になりました。10月最初の出張は、大阪への日帰りです。往路は8時発の超特急、復路は17時50分発の特急のバスを使って、新しいお客さまとの相談一件と訴訟記録の閲覧を一件やってくるだけ。心理的にも時間的にも余裕たっぷりな代わりに、売上への貢献度はたっぷりと低い、そんな出張であります。

さりとてこれからお会いするお客さまに当事務所の利用を強引に勧める気はないし(依頼を受けたくないのではありません)、それどころか最初の相談で依頼を決めるような人には即決で拒否回答を出している(一晩は考える時間をとるべきだ、ということで)、こうしたスタイルをこれから作る新しいウェブサイトでどう扱うか、がなかなか問題です。

一切言及せずに、来所される方の利用を前提に情報提供するのが経営上は正解です。これで片っ端から法律扶助での無料相談援助を適用していった場合、一見誠実で誰も文句言えないがいまよりずっと儲かるシステムができる可能性があります。

大々的にアピールする、これは人生が面白くなる可能性がある選択肢です。ただし、時間に制約されて売上がどこかで頭打ちになるはずです。

折衷案になるかもしれないのは、当ブログと既存のウェブサイトでは出張を伴う業務の存在を認めておき、新設するウェブサイトでは小綺麗で真っ当で凡庸な情報のみを提供する方法でしょうか。僕の名前で検索かけたら真っ当な新設サイトが、旅行書士で検索かけたら既存の裏サイト(笑)がそれぞれ上位にくる、という操作はできそうです。

失敗すると裏も表もつまらないことになりそうですが、既存のコンテンツと出張ほか収益性は低いが楽しみを見出だしやすい業務をごっそり裏に回す限りそれはないでしょう。ブログもツイッターもフェイスブックもやってますとか、ブログが裏も表もある…で内容が薄まって読むに堪えない(同業者さんにもいらっしゃいますね)、ということにはならないはずです。

…と、いうわけで。
まず『僕の名前のひらがな表記』を既存のコンテンツから一掃していく方法を考えながらのバスの旅。京都深草まで、順調にやってきました。

帰ってから少々苦労を強いることになるかもしれない補助者さまに、チョコレートを買って帰るとしましょう。今日は彼女が僕の代わりに、裁判所へ開廷表調査に行ってくれています。

« 第4次開廷表調査にあたって | トップページ | ただいま開廷表調査中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏業務を検討中:

« 第4次開廷表調査にあたって | トップページ | ただいま開廷表調査中 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31