フォト
無料ブログはココログ

« 午後の休みを興居島で | トップページ | 傍聴席から見えるもの »

さて、来年はどこに行けるでしょうか

さて、来年はどこに行けるでしょうか
さて、来年はどこに行けるでしょうか
誰もいない松山城二之丸庭園で、秋の終わりを楽しんでいます。

今年の宿泊が伴う出張は、予定がある分はこれでおしまい。1月の沖縄・北海道に始まって、今年もいろいろなところに行かせていただくことができました。愛媛・島根・鳥取・秋田・新潟の各県が、今年仕事で行った県に加わっています。
明日裁判所に出廷すれば、今年期日が入っている簡裁訴訟代理の仕事もおしまいです。いいか悪いかはさておいて、余所の事務所より早く年末休暇に入れるか…と皮算用していたのは先月のこと。


実は創業以来の異常事態が静かに進行しています。

去年は一件もなかった抵当権設定登記のご依頼が今年はすでに二件あり、今月はこれからもう二件入っていて、さらに一件、見積もりの問い合わせを受けているのです。

去年は…問い合わせさえなかった仕事が(笑)


これをどう解釈すべきか、バスの中でいろいろ考えました。

・24年ほど遅れてバブルがやってきた
・来年から三年ほど抵当権設定の依頼が途絶える
・このまま週に一件ずつ依頼があるようになり、泊まりで出張する暇がなくなる

この程度しか考えられません。

…先月増やしたコンテンツが、不動産登記関係での検索エンジン対策になっている、というのでないならば。

« 午後の休みを興居島で | トップページ | 傍聴席から見えるもの »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

来年こそ 最近御縁の薄くなった九州へ是非、是非お越し下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて、来年はどこに行けるでしょうか:

« 午後の休みを興居島で | トップページ | 傍聴席から見えるもの »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30