フォト
無料ブログはココログ

« 月下の動く執務室 | トップページ | 仕事とは無関係な関心 »

歩く、それだけで試練

歩く、それだけで試練
雪。
氷。
水。
シャーベット。

朝の路上で、ウォーキングシューズの踏破能力が鋭く鋭く試されています。

この日を期して新調したハイドロテックですが、宿から10分で行けるはずの駅まで15分かかり、目的の普通列車にしっかりと乗り遅れました。

4分後に出る札幌行き高速バスに乗ろうと思ったら財布の中に一万円札しかなく乗車不能、渋々と特急列車を使うつもりで(1100円余計にかかります)自動券売機にお金をいれたらお札が詰まって係員がでてきます。

…どうやら歩くだけでなく、集中的に試練にさらされる朝になりました。
特に、歩き方には早急な改善が必要です。別に靴が悪いわけではありません。むしろ防水能力には大満足でして、これがもし普通の靴なら北海道をでるまで足が乾かないところです。

で、渋々のった特急すずらん1号の乗り心地なんですが…
実に上々であります♪

« 月下の動く執務室 | トップページ | 仕事とは無関係な関心 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

氷とか圧雪の上を歩く時は、親指の付け根に体重をのせる感じにするといいですよ。
基本、靴底をぺたぺたさせずに、イメージとして親指の付け根だけで歩く感じ。。。すぐ慣れるといいですね。

以上、もと道民でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩く、それだけで試練:

« 月下の動く執務室 | トップページ | 仕事とは無関係な関心 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31