« さらに、東へ | トップページ | すずき事務所 再起動。 »

『まちの駅』硬券入場券

『まちの駅』硬券入場券
三ヵ月ぶりに訪れた行きつけの床屋さんで、看過できない物体を発見しました。

硬券の入場券、です。裏面にはちゃんと通し番号も入っています。
ある程度の年齢の鉄道ファンなら誰でもしってる、昔の入場券です。

僕の実家がある静岡県富士市では、市中の商店の50ヵ所あまりが道の駅ならぬ『まちの駅』になっており、このほど一斉に、各『駅』で入場券を導入したとのこと。
僕は駅長たるご主人の厚意で、髪を切ってもらったついでに一枚無料でいただいてきたのですが、発売額は一枚100円、当然ながら旅客車内立入不可、ただし通信販売には応じるとのことですので、昔なつかし硬券入場券のテイストを味わいたいかたはどうぞ。

さて、今年は資料を三冊持って実家に帰り、メールチェック一つするでなく、まったりと年末年始を過ごすことに決めました。無通告で添付ファイルやファクスなぞ送っても受信できず、携帯電話のアンテナは0本と1本のあいだを行ったりきたり、PDAに挿したB-mobileに至っては発信すらできず、仮にも中核市の地上にいるとは思えない、数年ぶりに、そんな年越しです。

« さらに、東へ | トップページ | すずき事務所 再起動。 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『まちの駅』硬券入場券:

« さらに、東へ | トップページ | すずき事務所 再起動。 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31