« 答弁書伏撃計画 | トップページ | 元気そうでなにより »

日帰り出張強化週間?

今日、僕のアドレスに転がり込んできた迷惑メールは全部で101通。そのなかにこんなものがありました。


会社を守る就業規則を作成し、労務トラブルを一発解決するために
100%経営者の立場で仕事をする竹○社労士事務所と申します。
【緊急】のお知らせでご連絡させていただきました。


 とりあえず帰れよお前はっ(怒)と思わず毒づいたのですが、さて明日は大阪・尼崎へ、15日は伊勢市へ、17日は熊野市へ、それぞれ出張となりました。当然ながら、全部労働側のご依頼です。昨日は四日市まで行ってきたので、ここ一週間は落ち着いて事務所にいることができない状況になっています。

 ところで弁護士にも司法書士にも、こうした迷惑メール・ファクスをばらまいて平気な馬鹿者がいるのですが、なぜか社労士のそれが顕著に多いのです。それだけ商売に困ってらっしゃるのでしょうか。あるいは、単にコンプライアンスから縁遠い世界にお住まいなのか。

 とにもかくにも、当事務所は現状では90%労働側で仕事を進めています。残りはなんなのか、といえば『労働者が起業してしまう』お客さまと、いたって平和な年金生活のお客さまがいるわけで。100%労働側と歯切れ良く言い切れない=わかりやすいコトバで依頼を誘致して稼げない自分に、ちょっといらついてみる10月11日午前2時過ぎ、です。

 今晩も結局、遅くなってしまいました。昨日の記事にも出てきた答弁書の作成にひとり盛り上がってしまったのが原因です。11日にお客さまに届けたいこの書面、書き上がったのが10日18時35分、最寄りの集配郵便局での差し出し締め切り時間まであと25分、ということで、以前つかった最大手宅配業者名古屋ベース着20時30分のデッドラインに間に合わせるべく、大急ぎで証拠説明書と求釈明の申立書を作ります。頭の中に文案はあるのでひたすら打鍵していくだけなのですが、背後で証拠書類を取り込んでいる(はずの)スキャナのADFがうまく紙を送りません。そろそろ機種更改が必要です。

 大騒動の結果、送付書類一式がそろったのが20時5分。夜盗に押し入られたような状態の部屋を飛び出して黄色い軽自動車に乗って駐車場をでたのが20時10分です。散らかった書類の片づけをしているヒマはありません。

 港区の、名古屋ベースに着いたのは20時34分。無情にも玄関の明かりが落ちて、入り口になにか看板が立ててあります。たぶん、『今日の受付は20時30分まで』とか書いてあるんだろうな…と思いながら、立ちつくします。さすがにこの書類をハンドキャリーしたら一日仕事になるな、とか考えながら。

 しかし。

 廊下を横切った従業員さんと、目が合いました。彼の歩みが停まります。

 ~ああ、また駆け込みの客が来た、と思われたでしょうか~

 スイッチが切られた自動ドアを手動で開けてくれました!ありがとうございます!

 つつがなく荷物を受け付けてくださったご担当の●●さんですが、この人は…。

 僕が司法書士試験合格後、最初に雇用された土地家屋調査士行政書士事務所を解雇された平成11年夏、この名古屋ベースで夜勤の書記(プラットホームで働くのではなく、事務室で電話をとったりトラックの発着状況を記録したり、わかりにくい宛先の探索をしたりするひとを、この会社では書記と呼んでいました)としてアルバイトしていたとき、班長として働いておられたお方です。お元気そうでなによりですが、もちろん相手は気づいてはおるまい、と一人不謹慎に微笑んでみます。

 なんだか職業生活の重要なところで、妙にこの最大手宅配業者と関わりを持ってしまっているのですが、それも悪い気はしません。・・・当時の運行スケジュールなら、今頃は目的地のベースにむけてひた走っているはずの、その荷物。いずれ僕も、その荷物を追って旅をすることになります。

« 答弁書伏撃計画 | トップページ | 元気そうでなにより »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り出張強化週間?:

« 答弁書伏撃計画 | トップページ | 元気そうでなにより »

2023年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31