« 旅行書士 冬の飛び道具 | トップページ | 控訴…かよ? »

行きつけのお店 ただし『他県』

 今日はなんばウォークでお客さまと昼ご飯をいただきました。さて名古屋市を根拠地とする旅行書士、であるにもかかわらず大阪ミナミのこの地下街には、僕の行きつけの飲食店が6つあります。

 ・・・と言ったら地元大阪のお客様に笑われました(千日前通りで常用する喫茶店のコーヒーチケットをそろそろ購入しようか悩んでます、と言ったからかもしれません)。先週は愛知からのお客さまと一緒にこちらに来たのですが、『この地下街ではいくつか使える手駒(お店)を持ってるんですが…』と言ったらやっぱり笑われました。だってしょうがないじゃない、出張頻度が高いんだからさ、と申し上げたのですが、言えば言うほどおかしいことになっていきます。困ったことです。

 実際にお客様をエスコートするときのお楽しみ、ということでお店の名前は明かしませんが、洋食(2件)・とんかつ・カレー・担々麺・中華料理のお店をその日の気分とお客さまの前日の晩ご飯に応じて使い分けています。

 さて今日のお店で、お勘定を済ませている時にお客さまがなんとも言えない表情で、そのお店の『会員カードをご提示ください』の張り紙を指して微笑みます。はてなんでだろう、と尋ねると

 先生ならこのカード持ってるんじゃないかな、って(笑)

 思わず

 「今のところ、県外では東京の国立国会図書館の利用者カードと栃木の足利健康ランドの会員カードしか持ってません」

 とまじめに答えたらまた笑われたのですが、もう一点ありました。

 大阪南港-北九州新門司間の航路を運行する名門大洋フェリーの、シティラインカードが。

 うーん、いっそ持ってみましょうか、このお店の会員カードも?繰り返しますがワタクシ、愛知県名古屋市の旅行書士です。

 さて今回の大阪出張もつつがなく終了し、明日は瀬戸市へ登記済書類を請け出しに、明後日から二日間、今度は東京-栃木へ行って来ます。今月は、大規模な出張はもうないはずなのですが、さてどうなりますことやら。

 また、今回大阪出張中に、久しぶりに愛知県内のお客さまから労働関係のご依頼がありました。催告かけたら弁護士でてきた、ということでいきなりきな臭い戦況です。明後日の東京出張でも新しい裁判事務の依頼を受けるので、今月末はまた受託停止をおこなわないといけないかもしれません。

« 旅行書士 冬の飛び道具 | トップページ | 控訴…かよ? »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行きつけのお店 ただし『他県』:

« 旅行書士 冬の飛び道具 | トップページ | 控訴…かよ? »

2023年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31