« 17時過ぎて、まだ名古屋 | トップページ | 今日の運転手さんは『当たり』 »

出発遅延 そのわけは?

 本当なら午後のはやい時間に名古屋をでて静岡県富士市の実家に向かっているべき今回の出張。最終的に事務所をでることができたのは、16時ちょうど、名古屋法務局への書類提出が終わったのが閉庁間際の16時50分、そこからさらに名古屋中央郵便局駅前分室で郵便物を全部出して、今日のしごとを終わらせたのは17時22分です。17時30分の静岡行きに、よく乗れたもんです。
 この遅れの理由は単純かつ致命的なもので、『やるべき仕事を1つ見落としていたのを出発間際に見つけたから』。詳しくは言えませんが、債務整理がらみで明日までに裁判所にださないとお客さま(この人は債権者)の権利が7桁単位で吹っ飛ぶのがあったのです。
 しかも。これって作ったことのない書類。
 さらに。裁判所側も「(この申立は)きわめて珍しいですねぇ」と、なかなか呑気なことを言っています。その分野の担当さんもいらっしゃらないとのことで、しょうがないのでものの本を参考に全5ページからの申立書を一気に作って、なんとか今日中に速達で飛ばせばまにあう、というところまでもってくることができました。
 いつも、数日がかりの出張にでる前は、仕事を追い込んだり仕事に追い込まれたりして(たいていは後者で)大騒ぎになるのですが、今回は納期に少々遅れての登記申請一件、予定通り作成の裁判書類一件、さらに締め切り間際に突如発覚した、というより損害賠償ものの大失敗を首の皮一つで免れたこの裁判書類一件、さらに仕事がらみの郵便物二つを抱えて事務所を出発することになりました。三件の書類がみんな『違う県』へ出すものだ、というのはなかなか楽しいところです。
 さて、これで僕の夏休みの宿題はなんとか8月末日まえに終わることができたのですが、一方であした午前中に東京でやるべき仕事が1つ、来月に延期になりました。これで明日は16時までに宇都宮地裁栃木支部までたどり着いていればよいことになったので、少しゆっくり起きることができそうです。
 明日は青春18きっぷを使って、富士−沼津−小田原−小山−栃木−宇都宮−小山−足利と移動する予定。やはり青春18きっぷはこれくらい使わないと、使った気がしません。今日は名古屋から富士に動くだけなので、青春18きっぷ使用による経費削減効果は1500円程度しかないのです。
 それに湘南新宿ラインのグリーン車をつかえば、沼津または熱海から小山まで、950円のグリーン車で一気に首都圏を横切れるのがありがたいところです。ロングシートの車両にあたりやすいこの区間で青春18きっぷでの普通列車グリーン車使用が解禁されたのは一種の誘導のような気がしますが、僕はこの区間、グリーン車を使うことが増えました。といっても一乗車950円、新幹線自由席のほうがまだ贅沢だと僕は思います。
 と、ここまでかいたら。いきなりサブノートPCのバッテリー切れ。バッテリー残量をレポートするソフトウェアを立ち上げたら『残量0%』といきなり表示してきたのですが、こんなの初めて見ました。いつもならいきなりシャットダウンするか強制的に起動を拒否されるかなので、『なにか故障か?』と思って画面を見つめること20秒。なんのことはない、ただの電池切れです。
 頼みの綱の外部バッテリーも、前回の出張時から充電しておらず、のこり20%のインジケータが1つ頼りなげに点灯しているだけです。しょうがないので今日はPCの使用をうちきって、のこりの外部バッテリーの電気でサブノートPCに充電し、バスが浜名湖SAについたらこれを投稿することにしましょうか。
 ただいま19時12分。晴れていれば残照が残る空は、今日は早くも真っ暗です。あと3時間は晩ご飯にもありつけないし、なんだか気が滅入ってきました(笑)

« 17時過ぎて、まだ名古屋 | トップページ | 今日の運転手さんは『当たり』 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出発遅延 そのわけは?:

« 17時過ぎて、まだ名古屋 | トップページ | 今日の運転手さんは『当たり』 »

2023年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31