« 「危険な香り」 と彼女は言った | トップページ | 月曜日は 実家で呑んで♪ »

自分の家一泊二日

 この記事は僕の居宅兼事務所の、いつものPCから投稿しています。ですが帰ってきた気が全然しません。

 まず日付が変わったのは大宮発名古屋行き夜行高速バス車内。例によって僕を含め4名しか乗っておらず、消灯した車内でサブノートPCを立ち上げ(車内が明るくなるので、乗車率が高いとひんしゅくを買い、深夜作業は不可なのです)黙々と、乗車前に受信したメールへの返信作業に没頭します。これを休憩地の中央高速談合坂サービスエリアの公衆電話から送って、前日の作業終了。

 ぐっすり眠ってパカッと覚めたら、窓の外には小牧山。朝5時40分です。名鉄バスセンターにはほぼ定時の6時過ぎ到着。

 はて。よく考えたら

  •  26時間後にここからさらに西へ、朝8時10分大阪なんば行きのバスで出発するんでしたっけ。
  •  しかも27日夜には福岡でお客さまと会うので、さらに大阪から博多へはバスで。これは朝9時20分発。
  •  つまり、途中宿泊地に25~26時間滞在するのを繰り返しながら、さいたまから福岡までを3日がかりでバスで行くことになる、という感じもします。

 今日は今日で、事務所から車で1時間かかる遠くの簡易裁判所に傍聴・打ち合わせに行ってきたので、旅装を解くひまもありません。かえって良いのかもしれませんが。

 さあ、今週月曜から今日までは、東京-茨城-栃木を巡る、出張旅行の前半でした。あしたから出張旅行の後半がはじまります。最終目的地は、博多(天神)です!

 

« 「危険な香り」 と彼女は言った | トップページ | 月曜日は 実家で呑んで♪ »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の家一泊二日:

« 「危険な香り」 と彼女は言った | トップページ | 月曜日は 実家で呑んで♪ »

2023年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31