トップページ | 『スワローエクスプレス』で日帰り出張を »

高速バス 大宮-名古屋線をどうぞ

 というより、もっと乗ってやってくれ、というところからこのブログを始めるとしましょう。首都圏対名古屋を結ぶ高速バスにしては、いささか可哀想な利用状況です。
 と言うわけで。社会保険労務士兼司法書士のブログであるにもかかわらず、高速バス大宮-名古屋線を勝手に応援することにします。

 さて現存する、首都圏-名古屋を結ぶ高速路線バス(企画旅行の形をとって運行されるものは無視します)は大きく分けて、
昼行5系統
◎JR名古屋駅-東京駅(JR東海バス・JRバス関東・JRバステック)
○JR名古屋駅-新宿駅新南口(JR東海バス・JRバス関東)
○名鉄バスセンター-新宿高速バスターミナル(名鉄バス・京王バス)
・サザンクロス佐野バスターミナル(栃木県)~高崎駅(群馬県)-名古屋駅経由京都駅行き(日本中央バス)
・草津温泉-JR名古屋駅(JR東海バス・JRバス関東)
夜行7系統
○JR名古屋駅-東京駅(JR東海バス・JRバス関東)
・JR名古屋駅-新宿駅新南口(JR東海バス・JRバス関東)
・名鉄バスセンター-新宿高速バスターミナル(名鉄バス・京王バス)
・JR名古屋駅-横浜駅東口バスターミナル(JR東海バス・京浜急行バス)
・JR名古屋駅-西船橋駅(JR東海バス・京成バス)
◎名鉄バスセンター-大宮(西武バス・名古屋観光日急)
・館林バスセンター(栃木県)~高崎駅(群馬県)-名古屋駅経由なんば行き(日本中央バス)
の各路線があります。ここで◎、○は僕が利用済、・はそうでないもの。
 それ自体個性的な、北関東発の昼行2夜行1路線はさておいて、他は一応『名古屋対東京周辺』というくくりで把握することができます。このためただでさえ便利な東京・新宿発、巨大遊園地がある西船橋発の座席は、直前では入手が難しいことが多々あります。

 ~そんな時でも必ず取れるのが、上記の大宮-名古屋間のバスです。
去る11月10日大宮発に至っては、なんと乗車人員『4名』です。ちなみに発車オーライネットでは、同日東京発ドリーム名古屋号は各便満席。出発位置を30kmほど北にずらしてやっただけでこの違いです。
 
 いつでも乗れる、というのはそれ自体最大の長所であるこの大宮-名古屋線ですが、新宿・東京発各線に比べた場合の長所を無理矢理に考えてみましょう。
1.3列シートの夜行便として見た場合、片道ベースでは、実は安い。
 ドリーム名古屋号・ニュードリーム名古屋号が片道6420円であるのに対し、大宮-名古屋線は6300円。
2.実質的には北関東への発着に最適
 発着地が大宮駅である以上、東北線・高崎線の乗り換えに便利なのはあたりまえです。名古屋からみれば上記のとおり、東京や新宿に降ろされるより大宮まで行き、かつ安くあげた方がいいに決まってます。
3.常磐線沿線からの乗り換えでみてもほぼ互角か、実は安い
 たとえば我孫子-東京間は片道620円、我孫子-大宮間は690円です。
 水戸-東京間は2210円、大宮-水戸間は1890円。水戸線をつかえるおかげで、友部以東の常磐沿線から出てきて夜行バスで名古屋を目指す場合、運賃面では大宮発がベストです。時刻表を漫然と見ていると上野から東京を目指してしまいそうですが、かならずしもそれがいいわけではないかな、と。
 すくなくとも、4列シートの青春ドリーム名古屋号やラメール号を避けた場合はこうなります。
4.なぜか『お茶』のサービスが健在
 JR系各線がテロ対策とかいう理由でやめてしまった飲み物の提供が、大宮-名古屋線では残っています。
 この路線で名古屋から東上し、翌朝荒川の朝もやを眺めながらお茶にしていると…旅行書士になった幸せをひしひしと感じます。

 ・・・機会があればお試しください。おそらくはほどよく空いた静かな車内が、きっと快適な旅を約束してくれます。

 ところで、このブログはあくまでも社会保険労務士・司法書士のブログなんですが、まあそっちの話はあとでいくらでも出てきます。


この記事で扱った路線は、すでに廃止されており現存しません。また、現状で公共交通機関としての高速バス(主催旅行の形態をとるものを除く)路線で、愛知県内と埼玉県を直接結ぶ路線も存在しません。

トップページ | 『スワローエクスプレス』で日帰り出張を »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブログ開設おめでとう!
すすめた友人としてはこれからが楽しみです.
初回から期待を裏切らない内容で大変満足です.
1月に東京出張の予定があるので,たまには高速バスもいいかも.....

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速バス 大宮-名古屋線をどうぞ:

トップページ | 『スワローエクスプレス』で日帰り出張を »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28