少しずつ増える講師の依頼に思う(いっそ教科書をちゃんと作るか)

洗濯ができなかったよ
洗濯ができなかったよ

Img_20240615_132800

適当なふしをつけて、投げやりに歌ってみます。夕方には少し早い、16時半過ぎです。

金曜日の日中にメールでお渡しする、と担当者さんに約束した講義教材がようやくできました。脱水工程直前で停まっていたワイシャツを脱水して干してコーヒー飲んで昼食は諦めて図書館に予約してた本を取りに行こう(今日が取り置きの期限だ)戻ったら晩ご飯を簡単に作ってお酒飲もう本読んで寝よう、そんな週末です。

今週は、やっぱりこの仕事に時間を投入することになりました…やってもやっても報酬は変わらない、ということはやればやるほど儲からない素敵な仕事。

それが、講義教材の作成なのです(゚◇゚)ガーン

なぜこのようになるのか、には一応の理由があるのです。
僕は講師のご依頼を受けるにあたって、受講予定者に事前の質問を出してもらっています。今回の講義は質問が出た分野が講義対象の各分野にうまく散らばってくれたので、『もらった質問に丁寧に答えながら、その質問に答えるために必要な範囲で一般的な講義をおこなっていく』ようにしよう、と考えたのです。

…そんなことを考えなければ昨年度とほぼ同じ教材を使い回せたのに(苦笑)

そう思いながら、講義のたびに教材を作成するのです(゚◇゚)ガーン

5年ほど前から、林業関係者向けの研修の講義の仕事を受けるようになりました。

まず某県(といっても検索すればわかりますが)林業研究所、次いで某県森林組合連合会&同県内森林組合、今年に入ってからは全国森林組合連合会、とまぁ人生すごろく的に依頼先が広がっているところ。

贅沢を承知でいえば、開催場所は東京よりそれ以外の県庁所在地がいいな(行きたいな)とは思っているのです。

今週はそんな発注者の一つから連絡がありました。

昨年度実施したあの研修、今年度もやってくれないか、と。

それ自体は当然OKなんですが…さて講義教材をどうしよう。作るか(゚◇゚)ガーン

その研修の実施主体が誰かは伏せておくとして、その団体では初めての実施となった(言ってしまえば林業関係者向けの民法登記関係研修なんてもんがまだ海のものとも山のものともつかない存在なのです)その研修、会場が一杯になってしまったところに当該研修に予算を割く役所の職員ご一行様から聴講希望があった、と聞いています。立ち見でもいいからみたい、などと申しいれがあったとか。

所管官庁から来るお役人さま一行を立ち見で受講させりゃ、講義企画部署に伝説を残せたのに(笑)

というのは特殊法人とはいえあくまで民間団体である主催者側担当者さんとの飲み会で当然出た楽しい話題でありました。そんな企画に今年度も予算を投じてもらえることが無事に決まったようなのです。

潜在的な受講希望者は膨大なので、向こう何年かのあいだは同じ内容の講義を繰り返すとよいだろうな、とは思えるのです。

というより、僕が所管官庁の課長補佐なら講義に盛り込む内容とその水準をさっさと整理させます。

ただ、ここまで考える方は今のところ関係者にはいなさそう、というのが大変に興味深い状況なのです。

僕がなにか言ったらそれが通っていくのかな、と。

だったらまぁ講義教材もちゃんと作ってやろうと思うのですが、それを洗練させると標準的なテキストになるのかもしれません。

または、それを意図的に作成しよう、という話になっていくのかもしれません(゚◇゚)ガーン

 

業界団体表彰に際して考えさせられる送付品と送料の関係

先日のこと。久しぶりにやってきた不動産登記の準備に右往左往していたところ、登記とは関係ないほうの業界団体から宅配便が届きました。何かの筒が入っているようです。

…きっとロクでもないものに違いない、という予感は正しく的中するのです。表題の件。

そっちの業界団体は半期に一度4万円強の会費を取るのです。

で、それを15年続けて会の養分となった会員にはその貢献(苦笑)を称えて表彰状をくれる、というシステムがあったことを思い出しました。

で、20年過ぎたときも表彰状くれるんだ、今度はなんと粗品付きだ、と。

三菱鉛筆のボールペン(赤黒2色+シャープペンシル)1本が、登録20年を大過なく過ごした会員に、もれなくプレゼントされる!と。

Dsc_0480

それを、推定送料910円の宅配便で送ってくる、と(゚◇゚)ガーン

誰か心ある代議員の方、来年の定時総会で提案してくれないでしょうか。

表彰状をA4判に縮小して普通郵便での送付に切り替えるのと同時に、浮いた送料で勤続20年の粗品をボールペン2本に倍増する、とか。

粗品はさておき使い道に迷うのは表彰状です。
こうしてブログのネタにするにはよいのですが、衝動に駆られてクシャクシャポイ、などとやったら開業以来20年の功績をも捨ててしまう気がする(冗談)

いっそ黙って相談室に飾ったら誰かが何か誤解してくれないか…ほんとうに考えてしまいます。

AIの助力で作る死傷病報告の略図

体育音楽図工。中学校時代の三大脅威科目でありました。だいたいこれらは5段階中の2か3、通信簿ではそういった数字を集めていた記憶があります。そんな僕にごくたまにやってくる職業生活上の脅威…とまでは言いませんが、表題の件。

労働者の休業日数4日以上の労働災害を発生させた事業主は、所轄労働基準監督署に遅滞なく事故の概要を報告せねばなりません。これに用いるA4一枚の書式が労働者死傷病報告、です。そしてこの死傷病報告の用紙では事故発生状況を文章で説明させるほか、略図を記載するスペースが設けられております。

この死傷病報告は社会保険労務士が作成できる書類なので、僕が図を書かねばならないことになるのです。

想定作業時間4時間報酬24000円の死傷病報告作成業務のうち2時間が略図の作成に費やされる…ということはないのですが、とにかく今でもこの部分の作業に、スッと入っていけないものを感じていました。

でも今回は違うのです。今回作りたい略図は直線で構成される設備(これは僕でも書ける)と労働者1名(人の絵は簡単には描けない)、という内容。このうち人の絵の部分を生成AIで作れるのではないか、と思ったのです。Canvaの『マジック生成』の機能なら、プロンプトを日本語で入力できます。

試行錯誤の過程。

20240530-223234

確かにこのサービスで、自分でちゃんとイラストを書いたりフリー素材を探すよりは楽な作業で所望の画像部品を手に入れるところまではできる、とわかりした。素晴らしい。

ただ事故の全容を再現するまでは行かない、あるいは適切なプロンプトの構成や表現を極める必要がありそうです。これも折りに触れて使えるようにしておいたほうがいいように思えてきたところです。

ところで。

絵心のある人、デザイン能力の高い人からすれば笑ってしまうようなレベルの出力物、に思えるのかもしれませんが…しれませんがね。

厚生労働省作成、死傷病報告の略図、記載例をお見せします。
(URL:https://www.mhlw.go.jp/content/000560235.pdf)

20240601-002721

休業見込み1ヶ月の労働災害の報告書の略図がこれでいい、ということになっているのです(キッパリ)

これは図化が下手な社労士である僕を救うものではあるのですが…思ってしまったのです。

きっと社労士の業務支援ソフトに生成AIを用いた死傷病報告略図作成機能が、向こう数年以内に搭載されて。
こんな悩み自体が一掃されて。
それと同時に社労士業務の価値も落下するんだろうな、と(゚◇゚)ガーン

«訪問先に適した服装を準備することの逆効果

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30