フォト
無料ブログはココログ

今年は不動産登記の受託件数より裁判事務の件数が上回るのではないか、という懸念

正確には不動産登記の受託件数が少なくなりすぎて裁判事務の件数を下回るのではないかという懸念、が正しいように思えます。

月末まで新しいご依頼の受付を止める期間に入っていたのですが、例外はありまして。

今日のお客さまは和菓子をお土産にお持ちくださいました。

Dsc_0386_20221128002601

そして報酬実費を現金で支払い、領収書を机上に置きっぱなしにして帰られました(苦笑)

2ヶ月ぶりに不動産登記のご依頼を受けたのです。領収書は完了後の書類に同封して返送すればいいことにしましょうか。

で、表題の件。気になって事件簿を数えてみたのです…今年の不動産登記事件の受託件数がかなり恥ずかしいことになっています。

これとは対照的に地裁通常訴訟(被告事件含む)は東京名古屋大阪高松の各高裁管内のいろんな裁判所で計7件同時に進んでいます。
これ全部勝ったら2年は寝て暮らせる…などという妄想をしたいのですが、もちろん世の中そこまで甘くありません。

ではありますが。請求額10万円台から1000万円超えまで好き嫌いせずに裁判事務を受託するコンパクトな代書人事務所を作って地裁通常訴訟のご依頼を月1件受けられたら、事務所経営としては成り立ってしまう気配がしています。僕のところはまだそのレベルまでは行っていないというだけで。

ウェブを見ていると大都市に少しずつ増えている気がする裁判事務の受託に積極的に見える事務所さんはそういう境地を目指しているのか…でなければ単に不動産登記のご依頼を集めることに失敗したのか、興味があるところです。

受付を停めておいたおかげで仕事は進んでいます。今週作らなければならない裁判書類はあと1件、ただし現地調査が必要なようなそうでないような簡裁案件が残っています。ある建物の屋上の形に、重大な関心があるのです。

で、当事務所にはそんな用途にぴったり適合する機材があるのです。
今年は福島県に持って行って杉の木の高さや太さ(胸高直径といいます)などを測ってましたが。

当事務所ではLeicaのレーザ距離計と測角機能を持たせた架台を組み合わせて運用するシステムを装備しています。道路上の適当な一点に機材を据えて建物の屋上のかたちを誤差1cm単位で測ってくる程度ならこれで十分、なのです。

で、建物はお客さまのものだから。
その現場は実は凄い地雷原でそこにはなぜか反社会的な個性をふんだんにお持ちの方が満を持して待ち受けていて作業開始と同時に警察呼ばれて提訴と同時に監督官庁に行政処分の請求がなされて、なんてヘビーでブラックな展開もこの現場ではきっと想定しなくていいし。

行き先は隣の区だし、車も修理が済んだし、と現場に出られる言い訳を並べつつ、ちょっと行って(データを)取ってこようかな…などと言ってみるのですが、補助者さまはいうのです。

そういうのをタダでやるのか、と。

だってだって報酬上限税込5万5千円と宣言して答弁書作成業務一式を受託しちゃったんだからしょうがないじゃんよう、と本職が補助者にするとは到底思えないような言い訳をして、付け加えました。

その建物にいつか登記の必要ができたらそのご依頼、僕の事務所に来るかもしれないじゃん、と(笑)

月末まで新しいご依頼の受付を停止します

昨日のこと。午前中のお客さまは東京から、午後のお客さまは福井から、それぞれお土産をお持ちいただきました。

Dsc_0385_20221122014301

で、今日はビールをお持ちになった方が来られて相談は計3件。

1件が労働紛争労働側で相談継続、1件が民事関係裁判事務の新件受託、1件が手桶の売却、とご依頼が揃いました。

予定していたことではありますが、今月も新しいご依頼の受付を停止します。受託余力がなくなりました。
受付停止期間は月末まで、この期間は電話の受付もおこないません。すでにご依頼中の方が事前にお知らせいただいた場合の電話には対応します。

受付停止はよくあることだろう、だがその手桶の売却ってのは何だ、という話題になるとは思うのです。

ええと、事務所に手桶とビールが来たから(笑)

説明が正確ではありませんでした。継続的に相談を受けているお客さまがおられまして、その方がビール一箱と手桶を一箱お持ちになりました。
で、あのメルカリってやつで物置にあった手桶を売ってみることはできないかと問われたためお手伝いすることにした、報酬合意無し(苦笑)、よって古物営業法には違反しない、そうした案件です。

手桶と同時に引き取ったビールが手桶売却支援業務に対する報酬ということになってしまうと古物商の許可取得を要する可能性がありますが、そういうひっかけが講じられているわけではないでしょう。これはお歳暮だとのことでした。

こうした本体業務ではないちょっとした頼み事に応じてしまうことでお客さまとのお付き合いが続いていくので、何らかの法違反にならなければ応じているところなのです。

まぁ無許可で手桶を売ったがために書類送検されたり品位保持義務違反で行政処分を貰ったりすることはないだろう、と思っています。僕の人生はそこまで起伏のあるものではないはずです。

当然ながら手桶の売却受託にともなって依頼受託の余力を失ったわけではなく、業務量として大きいのは裁判書類の作成ですもちろん。今回お受けしたほかに、今月中に作らねばならない裁判書類が2つ、雑誌の原稿が1つ残っています。昨日今日で裁判書類2つ作ってお客さまに送ったはず、なんですが。

で、不動産登記はもちろんありません。商業登記は気配もありません(苦笑)

そうしたわけで今月の残り9日は頭のなかで文章を考えて過ごすことにします。

あとは手桶のことを考えて過ごすのも、少しはよさそうな気はしています。

今月の受付停止を検討してみる/来月の旅の予約を入れてみる(東京出張2泊3日)

お向かいの浅草ビューホテルから、お日さまが反射してきます。ビルの左側では光を失ったお月さまが沈みたさそうにしています。

Img_20221116_224226

ホテル京阪浅草、3階にお部屋を割り当ててもらっています。このホテルチェーン、今年は京橋でも使ってみたところ、ちょっと好きになれる要素を持っています。部屋の広さとか家具の配置とか備品の内容とか、なんとなく好きなホテルチェーンがあるのです。

といってもJR東海ツアーズの全国旅行支援専用商品で安かったから選んだだけの豊橋発東京往復2泊3日2万円(割引後)、そんな宿ではありましたが、こことホテルサンルート浅草は、東海道新幹線とセットにするなら手頃だと覚えておきしょう。

全国旅行支援が終わらないうちに動けるだけ動き、来年への仕事につなげると決めた秋は、そろそろ夜風が寒くなってきました。先々週は石川県、先週は愛媛県、今週の出張は東京への2泊3日。今日は2日目です。
ここで…愛媛のお客さまに送る裁判書類を作っているのです。

そういうものなのです。なにしろ勝手に出張を増やしたのは僕です(苦笑)

今回の東京出張でご依頼をお受けすることになった裁判書類は来年作ればいいとして、手数を要する作業のご依頼もいくつかいただきました。

名古屋に戻ったら、この週末は労働紛争労働側と、労働紛争でない裁判書類作成の相談が一つずつ入っています。

その相談でどちらか一件のご依頼を受けることになったら、今月も20日以降のご依頼の受付を停めようと思っています。現時点で相談の申し込みをしていただいている方については、受託可否および作業速度への影響はありません。

それと。
さきほど、このホテルの隣の隣のブロックにあるホテルの予約を入れました。次回は新幹線は使わないので、宿は適当に選べます。
12月19~21日にまた、浅草に滞在できるようにして…全国旅行支援を使える旅の最後がまさにこれかな、と。

«昼はカフェでランチ/午後は島で散歩(松山での楽しみが増えた件)

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30