カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

東京への出張日程が決まりました

バスは順調に、庄内川を渡りました。所定では栄16時33分発の中央ライナーなごや4号東京行きは、ざっと6割ほどの乗車率。春休み期間だからか、いつもより少し混んでいる印象です。

…乗ったわけではありません。東新町の交差点で行き会っただけです。

今日は北区のかなり北の方へ、訪問相談に行ってきました。相談時間は多少延長したものの、ありがたいことにそのまま相続登記のご依頼につながりました。

相談中に着信した、別の仕事の担当者さんに送ってもらった訂正案もだいたい大丈夫そう。そんな、ちょっとホッとできる夕方です。前の席では男の子が嬉しげに、降車ボタンを押しています。

次、終点なのに(苦笑)

Dsc_0019

さて、今月は登記の仕事が二つ、来週に回りました。年度末が少々怖い…とたった2件のご依頼で言うのは、単に僕がヘタレだからです。ですが今週後半はわりと余裕、ということで明日は予定通り、伊勢市まで行ってきます。

来週の東京出張も、日程が決まりました。3月28・29日で、29日のみ一応の対応余力を残しています。この日は国会図書館でひたすら電話帳を調べて過ごす、ひょっとしたら帰れないかも、そんな仕事の予定が入ってはいます。

ですのでこの日の出張相談は日中の国会図書館と朝の鶴見-有楽町間(宿泊地からの移動経路です)で実施可能、料金は2時間5400円で変更ありません。ご興味のある方はお知らせください。最近落ち着いて自分の読みたい本を読めていないので、出張相談が入るようなら延泊してしまおうか考えているところです。それでも27日と31日に登記の仕事をすれば、きっと大丈夫なはず…なのです。

水曜日を出張の日に(東京出張の日程調整をはじめました)

今年こそは、と思っていたが、果たせなかった。

確定申告書を3月13日に提出しようと…頑張ったのに。

昨年から運用を始めたMFクラウド確定申告のおかげで、3月14日の日中には余裕で終えることができました。明日は静岡県へ日帰り出張です。

ちょっと多めの報酬になる、しかも登記のご依頼、ということで交通費は最初から思い切りカットして

  • 名古屋-磐田 2370円 青春18きっぷ一回分

ってな見積書をお送りしたあと、お客さまから電話がありました。

4つある登記申請のうち1つ、キャンセルですって(^_^;)

上記の交通費を含めてそのご依頼では、静岡県西部に赴いてお客さまと面談することによる費用増加は9千円ほど。これを除けば名古屋市内でお受けするのと同じ費用で相続登記をお受けしています。これまでにいくつかのご依頼をいただいている(つまり、僕の移動方法がわかっている)方からですので最初から安めの交通費を出しています…というより、出さざるを得ません。

だからといって誰にでもそうするわけではなく、今日別に来たお問い合わせは静岡県の北側の県から立ち会いを伴う住宅取得の登記の見積もりを聞かれましたが…これは単なる間違い、ということで地元の事務所をちゃんと推奨しました。

これで青春18きっぷ2回目を使うことにして、3回目は3月22日に使いましょう。ちょっと短距離なのですが、伊勢市まで日帰りで出かけます。

名古屋-伊勢市間での午前中・夕方以降に出張相談の余力を持っていますのでご興味のある方はお知らせください。

今月の東京出張は最終週で日程調整を始めました。いまのところ3月28・29日にしようと考えています。

この出張では相談・机上調査(過去の電話帳を探す仕事です)各1件をお受けすることになりそうなので、残りの出張相談余力は名古屋-東京間で1件か2件といったところです。

もちろん、関東以遠からのご依頼も常に歓迎です。

イマイチなカメラと行く関西方面日帰り出張

既存のお客さまのケアをするのが仕事。
べつに今日でなくてもいい。

京都への、そんな春の旅。
いえ、出張です(強弁)

今回の出張から当分のあいだ、ブログに出す写真の画質が落ちそうです。

理由は先頃新しくした携帯電話です。これが7年前に買った従前機種より劣るカメラを積んでいて、アプリの追加や設定の追い込みで対応できるかそこら中で試しています。

…確実にできるようになったのはシャッター音を出さずに画像が記録できることなんですが、あいにくそうした用途でカメラを使うことはほとんどありません(苦笑)

動きのない風景は、なんとかできそうに思えます。

イマイチなカメラと行く関西方面日帰り出張
イマイチなカメラと行く関西方面日帰り出張

二枚の写真は本体純正のカメラアプリ(上)と、後から追加したアプリで撮ったもの(下)。後者はダイナミックレンジを広げるのが主な機能です。

言ってしまえば露出を変えながら三枚連続撮影して一枚に合成するアプリなので、撮影所要時間の約2秒を固まってカメラを構えている必要があり、シャッター音は真面目に3回出す、そんなアプリですが、純正アプリでは黒く潰れる暗い部分がしっかり撮れています。

往路は亀山から草津線経由です。遅れた快速から接続をとって、10時14分発加茂行きは8分ほどの遅れで亀山を出ました。

本体純正のアプリをスタンバイさせて、前面かぶりつきで加太越えの始まりです。

大阪までの出張日程が決まりました

先日のこと。思うところあって売買の登記をひとつ、回避しました。

…今年初の、売買の登記を(笑)

買い主さんは、うどんと味噌を送ってくれました。

売り主さん?
きっと出入禁止にしてくださるのだと思いますよ。

まぁ、そうした案件だったのです。仕事しなくてもお礼がもらえる、そんな案件(遠い目)

同じ日に来られた東京からのお客さまは、東京駅に並んでいるのをいつも見るが口にしたことはないあのお菓子『東京ばな菜』をお持ちくださって、主食と調味料と菓子がカウンターに並んでいます。

Dvc00002

あとは酒と野菜がほしい、などとは申しますまい。補助者さまにいくつかお分けしたものの、結構な量をお送りいただきました。うどんが36人前と、味噌が…

味噌が(汗)

Dvc00001

重量としては、3.6kgということになっています。

単身者の家庭に、味噌3.6kg(^^;)

当分のあいだ白味噌が好きなお客さま大募集、ということにしましょうか。お心当たりの方は是非お知らせください。

さて、白味噌といえば…というわけではありませんが京都・大阪への出張が決まりました。3月11日、日帰りの出張です。昼前に京都付近、午後の遅い時間に大阪付近での出張相談・ご依頼対応の面談の余力があります。

例によって大阪以西へのご依頼については、この出張と行程が連続する限り起点を大阪駅として交通費を見積もって対応します。こちらも、ご興味のある方はお問い合わせください。白味噌が好きな方ほど熱心に募集しているわけではないかもしれませんが。

3月はこのほか静岡県磐田~掛川付近までと、月末頃に東京までの出張を予定しています。上記のいずれかで、静岡県内の実家へ帰ろうかと思っています。

ええ、白味噌とうどんを持って、です。

相席までの30 分

相席までの30<br />
 分
受験シーズンだからでしょうか。いつもなら空いている16時10分東京駅発の中央ライナーも、新宿発車時点で座席はあらかた埋まっています。

本日午後東京発の名古屋行きの各便で早売1の座席が最後まで残っていたこの中央ライナー、敢えて廊下側の7B席を押さえました。廊下側のほうがシート幅が少々広く、廊下に体をはみ出させることもできるため、混みそうな便では廊下側も悪くありません。

東京駅始発のこの便は、バスタ新宿まで30分余りの間非常に空いています。この時間に、遅いランチを取ってしまいたいのです。

今回の出張で、半年ほど続いた案件が全ての手続きを終えることができました。大過なく終えた出張ではあったのですが、バス乗車後に気になるメールを受信しました。

先頃申請書をだした法務局から、電話があったようです。

また明日、と開き直って、食事を続けることにしました。

素敵とは言えない選択

素敵とは言えない選択
ご依頼前後のお客さまから言われて、頭を抱える一言をいくつか挙げるとしたら。

「(あなたの仕事を見て)私も司法書士を目指すことにした」

これは比較的、対応に窮するものになるでしょう。

先日もそうしたお言葉がありまして…
思い切り不利な一筆を敵側に置いてきた、そんな報告を受けるのと同じ表情で聞いてしまった自覚があります。


2級FP技能士としてなら、助言はシンプルです。

・あなたのライフプランに破壊的な不安定性をもたらします。非推奨です(笑)

…ま、そういうわけにもいかないし。

きっとひどいことになるよ、と申し上げていくつかイントロダクションになる書籍を渡し、相談終了としたところです。
今までにそう言った人は何人かいるけど、実現した人はいないよ、とも付け加えました。

なんかこう、徒歩で砂漠を越える旅人を見送る気分がします。古典の教科書に出てきた王維の『元二の安西に使するを送る』を思い出しました(苦笑)

人のアタマ越しに勝手に盛り上げるのもどうかと思ったので、酒一杯を献ずるに代えて今後の学習に若干の便宜をはかることとし、相談継続としたところです。

さて、横から見てるほど結構なものではないこの仕事。今日明日は東京への出張です。

公証役場で認証貰って三千円、年金事務所に書類出して三千円、書類を若干作って一万円、宿泊費は五千円を戴いてますが日当と名古屋東京間の交通費の請求は忘れたか置いてきたかしてる…事業経営の面から言えばよろしくない、そんな出張です。

まあ、もともと東京までの出張に乗っけて受託すると企画提案した仕事ですのでご採用いただいたお客さまには感謝でいっぱいなのですよ(遠い目)

バス利用とはいえ東京での仕事で東京までの旅費を賄えており、二日目のフリータイムが国会図書館での書見に使える、さらには名古屋に二日いられないと二日分の機会損失がでるほど名古屋で熱心に営業してない、結論として「好きでやるなら止められない」状態がもう十年以上続いているところです。

でも仲間に入りたい人を大歓迎はできない、僕も定型的な登記のご依頼は好きだ、と(笑)

実際のところ、これまでに介護業界だけで三人おられた、司法書士目指すと僕に言っちゃったお客さま方はどうされているのでしょう?
まだ当ブログをご覧になっているならば、皆さまなりの所感をお聞きしたいと思います。

写真は僕の、明日の選択。
名古屋へ帰るバスの早売1(通常運賃より二千円ほど安い席)が、もうこれしか残ってません。午後の他の便にもないのです。
だらだらしてるうちに失われた選択肢の残りから、どれを選ぶとしましょうか。

大阪駅から名古屋駅へ

滋賀県内に入って、バス停の周りに雪を見るようになりました。
窓からは冷たい空気が座席に降りてきます。

大阪駅から名古屋駅へ

大阪駅18時30分発の高速バスで、名古屋へ向かっています。

このバス、種別は特急なんですが一時間前と後に出るのはそれぞれ超特急ということで、夕方の便ではありますが比較的ましな混み具合。それでも席は8割方埋まっています。

出発当日まで安値で売ってる早値早得の価格では買ってはいけない(座席が埋まって隣に人が座る)、早売1で少し後ろのほう、できれば前の列は一人だけ座席が売られている席を買うのがコツ、かもしれません。このパターンを守ると、二人以上の集団をはめ込みにくい空席がまわりにできてきます。

そんなこともあって、今回も隣に誰も座ることなく名古屋までのんびり行けるのですが、最後にちょっとしたオマケがつきました。

吹田インターで発生した事故のため、40分ほどの遅延が発生しています。

ともあれ、まずまずのいい旅でした。
次の出張は再来週、東京の予定です。

岡山から新大阪へ

岡山から新大阪へ
岡山から新大阪へ
空いてる列車やバスを、選びたいのです。

16時12分に岡山に着くしおかぜ20号。新大阪への乗り継ぎを検索すれば普通に出てくるのは32分発ののぞみ40号です。
ただこの列車、始発が博多です。

38分発の136号なら広島発。こちらのほうが空いているに決まってます。

どうせ大阪では高速バスの接続に一時間取ってあり、早く着く必然性はない、ということで136号に流れました。

で、結果。
やっぱり隣の席と通路向こうの席まで空いています。

ところでこの列車、そのまま乗っていけば18時42分に名古屋着、なんだそうです。

大阪からのバスは18時30分発。きっと淀川すら渡ってないはずです。

松山から岡山へ

松山から岡山へ
松山から岡山へ
観音寺までにようやく半分ほどの座席をうめて、瀬戸大橋を渡ります。

しおかぜ20号では3号車の海側、13Aの席を貰いました。隣の席と通路向こうのCD席も空いています。

在来線の特急に三時間くらい乗るのは昼寝にちょうどいいのです。一時間寝てもまだ十分に旅を楽しめ、大休止が必要なころ目的地についてくれる、ということで。


リフレッシュした気分になって、本州に戻ってきました。

伊予大洲から( 内子経由) 松山へ

伊予大洲から(<br />
 内子経由)<br />
 松山へ
伊予大洲から(<br />
 内子経由)<br />
 松山へ
何をする、というわけではないけれど、少し街を歩く。

20分ほどを過ごして駅に戻ると、帰りの列車が待ってる。


11時45分伊予大洲発、内子経由の松山行きで、名古屋へ戻ることにします。さきほど乗ってきた伊予長浜を経由する景色のいい列車、昼間の運転間隔が二時間以上開きます。特急が通るのは内子経由のほうで、普通列車も時速80kmで走っていくのですが面白みには欠けるものがあります。

お楽しみはもう少し残っています。

松山から岡山までの特急しおかぜ号、電車化されてから全区間乗り通したことがないのです。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック