カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

行ってみる/会ってみる/呑んでみる(奈良県への出張実施の件)

I Love 奈良ったー』は利用者の奈良の諸々に関する愛情度を診断するサービスだ、とのことです。昨日来所されたお客さまとの面談を経て同県への出張準備を始めたため、診断してみました。

Photo

第8項目の診断結果に一人笑いして、8月30・31日は奈良県内への出張ということで日程調整を始めます。30日午前中は奈良市内で、31日午後もおそらく同市内で出張相談またはご依頼対応のための面談が可能です。

…とかいいながら、大和八木13時45分発の新宮行き特急バスが気になる今日この頃ではあります。

冗談はさておいて。

ある仕事に関与しないか、というご提案をいただいているところです。守秘義務の関係でこれ以上詳しくは言いませんが、受けてしまえば数年はかかるどころか後半生丸ごと引きずりかねないし、誰もやったことなさそうだし、なにより儲からなさそう(笑)

ですが諸仏像より古墳より、そして神社や鹿よりも奈良交通バスへの愛情が深いと判定された僕としてはその提案、受けてもいいかと思ってはいるのです。

そんなわけで。

まずは自腹で当事務所まで来ていただいたお客さまの根拠地を、逆に自腹で訪ねよう、ということにはなったのが昨日の面談での合意事項であります。男達が集まって遅くまで酒を飲むらしい、そう聞いています。新幹線でくれば、などという発言は聞かなかったことにします。約2時間半に及んだ協議にあたり、最も不本意な発言をその部分で聞いたと指摘しておきました。

この案件、受ければ月に1回か2回は加太越えができるのかもしれないのです。僕が鉄道ファンだ、ということも、既にお知らせしてあります。

ただ、出張前に論文と参考書籍をいくつか読んでおかないと違う意味で潰されてしまいそうな気もします。やりきれば、希有な経験をさせてもらえることもわかっています。

…仕事はないのに時間もない夏への支援は、京都のお客さまからもたらされています。

この方から、向こう●ヶ月は高楊枝を加えていられるだけの報酬をいただきました。来月はその祝勝会として、京都での飲酒、いえ出張になるようです。


さて、申し遅れましたが当事務所はこの8月1日で、創業14周年を迎えました。

この1年も、どちら様からも苦情や懲戒請求や刑事告訴や仮差押を受けずに過ごすことができ、それはもう大変ありがたく思っています(遠い目)倫理観や正義感に厳しい同業者の皆さまには、引き続き当ブログの記載はあまり見なかったことにしていただけると助かります。

これまでご依頼いただいておりましたお客さま方には、上記のあいまいな記述は当事務所の変容を意味するものではないので、あまり気にしないでください。ただ、今後数年間奈良または京都・大阪での…できれば不動産登記の仕事を増やしたい、とか言い出すかもしれません。

なんにしろ、まだこれからのプロジェクトの話です。

まずは一晩、飲みつぶされてから考えてみます。

酒の気配がする方へ

気になる建物があります。
一杯飲めそうです。

酒の気配がする方へ

駅直結の大きなホテルの喫茶店で出張相談を終えた、大阪駅。ネクタイを緩めてやっきた桜橋口の向こうには、17時までランチを出す店と18時までハッピーアワーを設定している店があります。現在時刻、16時43分。

オープンテラスのビアホールは開店準備中、ということで、桜橋口の交差点を渡って梅三小路に入りました。相談も終わったことですし、一杯飲みたい気分です。

遅めのチキン南蛮定食にも惹かれましたが、今日は18時までお酒二杯に串揚げ三点で890円のお店に入りました。

おでんを二つ、お寿司を二貫追加して、少々早い晩ごはんにしましょう。実はまだ、お昼を食べていないのです。

酒の気配がする方へ

着信記録のメールが二つ入ってますが、気にしないことにします。

…少なくともお客さまからでは、ないようです。

大阪出張の日程調整を始めました

この週末は静岡県内の実家で過ごしておりました。今日から名古屋市内で執務しています。

さて、急な話ですが7月26日、大阪まで出張することになりそうです。いまのところ、出張相談1件のご依頼をいただいています。

大阪市内を基準に昼前・夕方過ぎの時間帯で、対応余力を残しています。

ただ、そうした時間に間に合う安いバスの空席がもうありません。さすが夏休みです(苦笑)

ですので、これを近鉄特急に振り替える差額(2000円弱)を交通費としてご負担いただける場合は出張相談等をお受けすることにしようと思います。相談の料金は2時間5400円です。ご興味のある方はお問い合わせください。

このほか、夏のあいだに京都までの出張を一回設定できそうです。せっかくの青春18きっぷ利用可能期間ですので、もう少し遠方のお客さまからのご依頼もお待ちしています。

居眠り多めで行く中央本線普通列車の旅

「年々増えてってませんか?」
冗談混じりに聞いてみた、笠寺駅の窓口。昨夕のことです。

素人が作るパクリサイトの話しではありません。

居眠り多めで行く中央本線普通列車の旅

青春18きっぷの付属用紙の枚数です。
「以前は三枚くらいでしたよねぇ」
係員氏も苦笑気味に紙の束を整えて渡してきます。

さて、今日から出張です。

東京での予定は夕方から、夏の青春18きっぷは今日から利用可能、そしてなにより、当事務所ウェブサイトを巡るあれこれの問題でここ一月半休みなし…そんなわけで、中央本線を普通列車で東上すると決めました。

ですが、そうするには朝5時半には家を出る必要があります。昨晩はいささか長いブログを書いたため、睡眠時間は二時間を割っています。

…休むぞと言いながら自分を追い込んだ一夜を経て、それでも予定通りに中津川で松本行きに乗り換えることができました。

居眠り多めで行く中央本線普通列車の旅

寝たり起きたりしているうちに、木曽福島到着です。8分ほどの停車時間で木曽の空気を吸って、車内に戻りました。

東京出張の日程が決まりました

先週の、新しい登記のお問い合わせは3件。うち1件が相談に、1件がご依頼に結びつきそうです。

先月起きたウェブサイトへのアクセス減と売上減から予見された、当事務所にだけやってくる冷夏をどうやら回避できる(少なくとも、不作にはなっても飢饉にはならない)めどがたち、この週末久しぶりに読んだ実務書。

目次で飛びつきました。

『面会を断りたいときの対応』という一項があります(笑)

…飛びついた、というだけで参考にして採用するとか気に入ったか座右の書にするというわけでは毛頭ありません(遠い目)

ここ数年、本書のような『昔なら修業先で身につけるはずだったことの文字情報化』をしてくれる本が業界内で増えました。

この本は実務家が参考にすることももちろんできますが、章によっては弁護士さんたちが自分の周りの世界=依頼人や裁判所をどうみているかを書いたものとして一般の人が読むと参考になるかもしれません。少々屈折した狙いではありますが、弁護士や司法書士ではない人でなんらか民事訴訟に関わる人にはおすすめできる一冊です。


お話し変わって、表題の件。

ウェブの仕事も一段落、というより一段落したことにして、今月も東京に出かけます。

日程は7月20・21日で決まりました。20日は現地で仕事があるため、対応余力はありません。出張相談は21日午前中~昼過ぎを中心に、都内から横浜あたりで調整できます。

料金は2時間5400円で変更ありません。ご興味のある方はお問い合わせください。

青春18きっぷの利用期間も始まることですし、東京以遠・甲信越からの出張相談もあったらいいな、と思っています。

今月の大阪への出張は日程を設定しませんが、ご希望があればその日について青春18きっぷ利用を前提に実施場所・時刻を決めるようにします。こちらのお問い合わせも、お待ちしています。

ちょっとしたお使いで見たもの

ちょっとしたお使いで見たもの
乾坤一擲の大作戦から、ちょっとしたお使いまで。

東京出張に乗っけてくる用事は実にさまざまです。

今日は後者のほう、お客さまには所定の相談料金プラス数百円のご負担をいただいて、裁判所に調べものにやってきました。

ついでに開廷表を見るのは半ば習慣ですが、なにやら殺伐とした情景が隣で繰り広げられているのです。

このところ増えている印象があるのは、東京・名古屋・大阪といった大規模庁で開廷表を書き写す人。

多くは罫線をプリントアウトした表に事件番号や当事者名、事件名などを書いています。
法廷がどこかは書かない人が多く、刑事と民事では民事のほうが多い、調査員たちにはそうした傾向があるように思えます。

で、そんな調査員らしい初老男性が民事26部以降の開廷表を写していると、後ろから分厚いバッヂを佩用した初老男性が声をかけました。

ちょっと開廷表を見せてほしい、と。

調査員、あっさり拒否って曰く「(書き写すのは)仕事だから」と。

民事25部までの開廷表を見ながら、意識が遠くなってく僕。
それが仕事というなら、職業に貴賤はあるだろうさ(嘆息)。

調査員、後ろで男性をまたせてさらに開廷表を書き写し、平然と立ち去りました。

…期日を控えていたはずなのに、お行儀よく順番を待った弁護士さんに同情したくなりました。当ブログでは極めて異例ではありますが(苦笑)
いっそ金だらいか何かで後ろから殴ってくれてもよかったのに。

ああいうダメな素人が何か問題起こしたから東京地裁の開廷表から代理人の表示が消えた、なんてことはないはずですが…そのうち網羅的な検索を阻止する方向に表示が一層制限されるのではないか、そう心配になってしまいます。僕が意地悪な担当者なら、事件番号と事件名だけロビーの開廷表に出し、あとは当事者名を入力しないと表示しない検索端末でも導入させて「個人情報の保護に配慮した」と詭弁を弄して予算を分取る策でもめぐらせます(笑)

自分の仕事が(特に、他人が改廃できるシステムに依存するタイプの仕事が)当然にそこにある、そう思いこむのはいかがなものか、そう思わされる一件でありました。

余裕たっぷりのバスで往復する中央道の旅

余裕たっぷりのバスで往復する中央道の旅
いいタイミングで、ゲラ刷りが来た。
残り休憩時間でダウンロードした。

…さっそく突っ込みを入れてみた(笑)

さて、東京出張です。
いつも通りに空いてる新宿行きのバスは談合坂SAまでやってきました。いっそこのまま乗り込んで口頭で修正希望を伝えられれば楽なんですが。

キーボードを持たずにタブレットPCだけ持ってきたのは失敗だったな、とおもいつつ、PDFに目を通しています。

東京での作業はさておいて、行数がオーバーフローせずに差し替えできる案文を考えつかないと…

今夜のお酒が美味しくない気がしてなりません。

東京出張の日程が決まりました

今週は、どうやら予定が入る週のようです。電話や来所や出張で、相談やら調査やらが入っています。

その前に執筆が終えられる、と見切れたところで東京出張の日程を決めました。5月31日・6月1日の1泊2日にします。うち半日はちょっとした調査に使います。

例によって夕方以降は、お客さまとの会食がセットされています。夜間の相談には対応できず、ご要望があれば延泊するか検討します。日中は国会図書館周辺で相談・打ち合わせの余力があります。出張相談の料金は2時間5400円で変更ありません。

登記のご依頼がいいな(さすがに関東からは滅多にない)という点も変更ありません(残念)

普段は裁判所提出書類作成・労働者側での労働紛争に関して出張相談をお受けしています。ご興味のある方はお問い合わせください。

空いた時間は調べ物に使おうと思っています。雇用保険・社会保険の、主に被保険者資格の取得と喪失に関する審査請求に興味があります。

僕の事務所では社労士として扱うこの分野、労災・厚年の障害等級に関する審査請求を扱う事務所のウェブサイトはよく見かけるのですが、雇用保険の審査請求を扱うと標榜し、しかも報酬を明示しているサイトはあまりないように思えるのです。

あまり成果が挙がらない=お金になりにくいから、ではないと信じています(遠い目)

そうなると、やると言ってみたくなるのは人情というもの。簡単なページを一つウェブサイトに追加して、検索エンジン対策を始めようと思っています。あとは今後何回かの出張で、審査・再審査請求関係の裁決事例が探せるといいのですが。

東京出張の日程調整をはじめます

毎年7月に更新している労働保険の実務書を、少々早く裁断機にかけました。

そのままスキャナで電子化しOCRにかけたエセ電子書籍をタブレットに仕込んで、明日の大阪出張の準備完了です。

明日は、おそらく一年ぶりの純粋社労士業務(というのは勝手な造語で、社会保険労務士の資格だけで完結する相談・手続きのご依頼を指してこう言っています)の相談で大阪へ出かけることになりました。

月末に予定している東京出張の日程も、そろそろ調整をはじめます。候補日はいまのところ5月24・25日か、5月29~31日のうち連続する2日間です。

ただ、先月は登記のご依頼があったために日曜日に出張面談を設定し、日曜日~火曜日の出張をおこないました。今月も、登記のご依頼がある場合は5月28日も対応可ということにできます。この日程の組み方は結構便利で、日曜日に関東へ移動・面談して書類収集が必要なら月曜日から開始してしまえばいいようです。

出張相談も例によって対応可能です。料金は2時間5400円で変更ありません。出張日の交通費の起算点は東京駅とし、国会図書館内を相談場所にできる場合は交通費・日当は不要です。

甲信越・東北からのご依頼も歓迎です。季節もいいし。

妙な心の声が漏れたかもしれませんが、東京より遠くを目的地とする場合は交通費を別に見積もります。

出張相談としては労働紛争労働者側で裁判所提出書類の作成のご相談が多いのですが、その他の分野の本人訴訟、あるいは社会保険労務士の資格だけで完結するあっせん申立書類作成・社会保険審査請求あたりのご相談にも対応します。

それぞれご興味のあるかたはお問い合わせください。

大阪出張の日程調整を始めました

当事務所では毎月1回東京への出張を行っているほか、大阪までは月1回、「出張する日程」を設けています。

ご依頼がなければ中止するがこの日程でご依頼がある場合は交通費日当等が若干安い、そんな関西への出張候補日。今月は5月14・15日いずれかとしていたところ、このたび5月15日で実際の出張日程の調整をはじめました。

いまのところ大阪市内で午前中から昼過ぎまでは最初のご依頼に対応し、以後は余力がある、という感じになりそうです。出張相談・ご依頼対応のための打ち合わせはこの日程に連続するかたちで可能とし、実施の場合の交通費の起算点は大阪駅となります。

九州や山陰からご依頼がほしいですが(冗談です。半分だけ)、もちろん大阪以東からのお問い合わせにもいつもどおり対応します。

出張相談は料金2時間5400円です。大阪駅以外を目的地とする場合、大阪駅から目的地を通って名古屋までの片道分の交通費を別に見積ります。相談料金と交通費以外の費用(日当など)は、5月15日の実施であるかぎり必要ありません。

ご興味のある方は、5月12日までにお問い合わせください。もうお一人のご依頼があれば、当初のご依頼をくださった方の交通費を片道分に縮減できるんですが…まぁご期待はなさらないで、という状況です。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック