カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

「バイト、しませんか」

そんな言葉に応じて、名古屋市外の駅までやってきた昼下がり。中央本線勝川駅です。

Dsc_0099

表題のような、きわめて簡潔なメールがお客さまから入ったのは昨日昼のこと。

それで軽々に応募するような奴には、近頃はやりの法教育が必要だろ

とつぶやいたかどうかはさておいて、夕方出勤してくる補助者さまとの話題はもうこれで決まり、です。どんな仕事と思う?という問いに即答して曰く、

…受け子♪

…受け子

彼女は彼女でまた別の所感を持ったようで、にこやかにつぶやいています。

なんだか楽しそうです…自分の雇い主にそこまで反社会的な行為を期待するか(苦笑)

ただ、こういう求人にうっかり応じたりすると詐取金の受領代行とか違法薬物の運搬とか労働紛争労働側裁判書類作成補助とか(あ、これはちょっと秩序破壊的だけど反社会的ではないはずだ)そういうのに従事させられることになったりするから困るよねー、やっぱり相続登記のご依頼がいいよねーと言い交わしたことではあります。

経緯をあらためて説明します。

月曜日のこと。東京から来られたお客さまと名古屋市内で会食したところ、同伴者の方がおられました。

興が乗ったゲストの方を引き留めるうち、お帰りの飛行機には空港最寄り駅である勝川からバスではなくタクシーなら大丈夫だろう、という時間に食い込んでお開きとなりました。

同日当該時刻、JR中央線名古屋口一帯は土岐市付近で発生した置き石のため、40分程度の遅れが続いておりました(^_^;)

16時台から飲み始めた怠惰な我々は、17時過ぎに発生した事故を知らずに楽しいひとときを過ごしていたのです。

ゲストの方が順当に乗り遅れた航空券は駅発行の遅延証明書の提示があれば払い戻しかなにかが受けられるらしい、ということになり、当事者のなかで唯一愛知県内にいる(ずいぶん都合のいいことには、電車に乗るのが好きな自営業者である)僕にアルバイトのご提案が降ってきた、ということなんだそうです。

このアルバイト、報酬は次回東京出張時の会食一回分とのことでしたが、詳細を聞いたところ証明書の取得を急ぐとのことでした。

特急料金として二次会一回分を追加せよ、と申し向け、珍しいアルバイトを終えました。

昨日までに地裁提出書類を一つ別のお客さまにお渡しし、ちょっと外に出るにはちょうどいい一日ではあった…と思います。

今月実施予定の東京出張ですが、いつも向こうで会食(および、相談)しているお客さまが向こうからお越しになったこともあって延期することにしました。

ただし、6月中に必ず出張を実施し、そのときにはお腹を減らして体調を整えておく必要があると認識しています。いまから。

来週は大阪へ出張します

昨日までの雨も上がって、名古屋はこの季節らしい陽気です。

Rimg0007

カメラを持って相談室の窓へ。雲がなければ御嶽山が見えるのですが。

さて表題の件。4月26日、大阪出張の予定です。

役所が出してくる書類を前日までに手に入れられなければ延期…としてはいるのですが日程上は大丈夫そうなので、実施はほぼ決まりと言っていいでしょう。

出張相談は一応可能で、難波付近で昼前・夕方のいずれか1件の対応余力があります。場合によっては26日泊まりにして、また別件に対応してくるかもしれません。27日ご希望の方がいらっしゃいましたら検討します。

同日の出張相談は難波で行う場合交通費不要とし、相談料金はこれまで通り、2時間税込5400円です。

同日に連続する日程で大阪以遠での出張相談を行う場合は、交通費の起算点を大阪駅とします。

関東あるいは関西その他遠距離での出張相談ではよくある展開ですが、特に上位互換なあの士業をはじめとする他事務所で費用倒れの見積・請求額過少との指摘・明確なたらい回し等々の対応を受けられた方のご利用を、特に労働側の労働相談ではお待ちしています…最近お客さまから聞くのは、

「●●士事務所で断られて、ようやく(当事務所ウェブサイトに)書いてあることが腑に落ちた」

という言葉(^_^;)

文字通り苦笑せざるを得ないのですが、ネットやSNSがこれだけ発達してもまぁ世の中だいたいそんなもんよ、と納得できた方には、たぶん相性のいい事務所だと思います。

とはいえ、そうした方々のごく一部には敗北への坂道を駆け下りていく方もいたりします…止めに入るか黙って見送るかはさておいて。

そうしたわけで、ご興味のある方はお問い合わせください。
他事務所に一度か二度問い合わせをかけた後なら、さらによいかと存じます(遠い目)

出張相談3時間前の寄り道

  • 1日目の飲み会。「(それで)サステイナビリティはあるのか」と弟子が言う。
  • 2日目の飲み会。「(それで)損することはないのですか」と寄稿先の編集担当者さんがおっしゃる。
  • 3日目。寝坊した。

そんな当事務所の事業活動である出張相談の予定が午後に入っている、東京出張3日目。チェックアウトの時間を若干過ぎて、南千住から行動を開始します。

待ち合わせ場所は東京駅。時間は3時間後。お天気は薄曇り…ということで久しぶりに上野の国立博物館にでも寄ろうかな、と思って地下鉄の路線図を眺めます。

気づかなかった終端駅が、近くにありました。

都電荒川線 三ノ輪橋、です。

なるほど、地下鉄なら南千住は三ノ輪の隣の駅で、都電三ノ輪橋は南千住と三ノ輪のあいだにあった…んですね。ならば今日の寄り道はこれで決まり、です。

Dsc_0121

初めて降りた三ノ輪橋一帯はなかなか味わい深い街でした。長いアーケードのなかに、刀削麺のお店・ふつうの中華料理店・なぜか豚まんを売ってる和菓子屋さん・カレーパンがおいしそうなパン屋さん・1本100円からの焼き鳥屋さん・ポテトコロッケ90円クリームコロッケ100円の揚げ物やさん・イワシの焼いたの3匹100円の魚屋さん・チャーハン170円のお総菜屋さん等々が点在しています。

それに、当事務所の収益性を心配してくれる誰かと昼から沈没できそうな呑み屋さんも。

あとはナンとカレーのお店があれば言うことありません。

迷って迷って選んだのは、カテゴリーとしては昭和風のパン屋さんになるお店です。ガラスケースに品物が並んでおり、商品紹介を書いた赤い短冊が店先にぶらさがっています。

Dsc_0122

期待に満ちて声をかけた瞬間、言下に「ちょっと待っててください」と言い渡されました(汗)

ずいぶん昭和風な対応だな、
それともアレか、労働審判手続申立書の起案中に依頼する気皆無な住宅購入登記の相見積もりを求められた代書人が知り合いにいたりしないか
(僕は彼らと違って売り上げには貢献できるはずだが)、と苦笑しつつみれば店の奥ではドーナツが油の中で、色よく揚がる真っ最中でした。

あ、これはおとなしく納得して、しばし作業終了を待つことにします。ドーナツ美味しそう(笑)

そのお店、とんかつやコロッケを揚げたそばからパンに挟んで売っているのです。コロッケパン130円を一個お願いして、駅まで戻ります。写真では店舗名は一応修正してありますが、別にこのお店がイヤなわけではなく、次行ったらとんかつパンを頼もうと思っているところです。

Dsc_0119

徒歩圏内の三ノ輪にこれだけ充実した飲食街があるなら、東京への出張では南千住での宿泊をもう少し増やしていいかもしれません。幸せな気分になって電車の一番前の席に座り、前方の景色を楽しむことにしました。

三ノ輪橋から40分ほど、地下鉄に乗り換えられる鬼子母神前まで乗っても都電は一乗車165円です。時間調整を終えて東京駅に戻ると、相談開始25分前になっていました。

2件の飲み会と1件の労働相談を無事終えて、事務所に戻ってきました。

4月も後半です。来週に大阪出張の予定が入りそうで、調整を始めています。

空席照会を繰り返す東名ハイウェイバスの旅

土曜日に都内で設定された飲み会に出る。

これが、今回の東京出張最大の用事です。

…まぁよいではありませんか(笑)
昨年来の大仕事の打ち上げをやろう、ということなのです。

で、今日8時07分本山発の東名スーパーライナー56便に乗車中です。

空席照会を繰り返す東名ハイウェイバスの旅

…この点にはあまり正当性はないことは、重々自覚しております。
明日土曜日の天気が悪そうだとか、平日よりバス混んでるし運賃高いから…といった薄弱な根拠はいくつか並べることは一応可能です。

いつも使わない早売3(土曜の早売1より1200円安い)で、予約を入れました。わざと4Cの廊下側にしたのは、隣席に人が座る場合は廊下側に身体を出すことができるからです。

この判断は裏目に出たあと、さらに裏返しになりました。

  1. 予約時点で4列ABCDいずれも空きを確認して4Cを取ったところ、その後に4Dだけ予約が入りました(-_-;)
  2. 当日バスを見たところ、車両の後ろ半分には誰も乗っておりません。
  3. 僕の隣席にはうるわしい若い女性がアサインされておりました。

ちなみに廊下の向こう、4ABは空いてます。前の3CDも。

早売3で予約をいれると、たまにこうした妙なことになるようです。

このバスは東名高速のいくつかの停留所で客扱いがあり、原則として全席指定制で、空いてる席に勝手に移るのは具合が悪い…と主張して4C席で5時間半過ごすのは簡単ですが、お隣の娘さんに少々申し訳ない気がします。

混雑したら戻ってくるかもしれませんが、と断って4B席に移り、高速バスネットにログインしました。

空席照会を繰り返す東名ハイウェイバスの旅

少し先の停留所から乗る設定で空席をチェックしたところ、まだこちらの席は人手に渡ってないようです。しばらくこちらでくつろぐことにしましょう。

徒歩移動の促進とお昼前後の時間調整に関する件(または、半田の花見)

年度末ともなりますと、こんな事務所にも金融機関が関わる登記のご依頼がやってきます。

ええ、今年最初の抵当権設定の登記が、ようやく(笑)

お昼前に設定の登記を出して融資実行金融機関に受領書送信、その後は別の市にある別の金融機関に抵当権抹消の書類を取りに行け、ということで事務所によってはぜんぶ補助者が仕切るんじゃないか、そんな案件です。

勤続10年になろうとする補助者さまが未だに登記申請の面白さに開眼していない当事務所では、当然ながら本職が処理にあたります。

で、最近カメラを新調したのです。10年モノに近い機種から、数年前の機種に(苦笑)

3月30日金曜日の愛知県はお天気もよく、設定関係書類と一緒にこのコンパクトデジカメを鞄に放り込んで名鉄河和線急行に乗り込みました。

…オンライン?あれ便利ですよねー。
たまにしかこない商業登記の登記すべき事項が送信できて助かってますよー(遠い目)

そんなわけで、半田にでかけます。出かけるんです!(カメラは忘れずに)

Rimg0002

11時には設定の受領書を送ってしまい、抹消登記の書類をくれる金融機関がある街には1時間ほどで着けるはず…ですが。

この都銀(どことは言ってませんが、当ブログではレッド銀行と称しています)、事務処理の遅さと不正確さでは他社の追随を許さないものを持っています。どうせすぐ行ったって振り込みの確認ができないだのなんだのと言われるに決まってます。適当に時間を調整して昼休み後に行くことにしましょう。

なにしろ、お天気がいいのです。

法務局から知多半田の駅にもどる途中で、半田運河を渡ります。ここから北へ、蔵のまちを通って住吉町の駅まで一駅分歩くことにしました。

Rimg0005

このところ、ちょっと体重の増え方も気になっているのです。意図的に歩く機会を増やしています。

まずはダイナミックレンジを上げて一枚撮ってみます。

小栗家住宅を通り過ぎて、半六庭園へ。

Rimg0007

普段は植物はあまり撮らないのですが、さてどうでしょう?

Rimg0006

さらに北へ。川向こうがお花だらけになっています。

Rimg0008

電柱さえなければ、どこかファンタジックな感じ。川を渡ってみます。

Rimg0009

Rimg0011

40分まえに登記を出した本職が来る場所かどうかはさておいて、いいところです。

蔵のまちより、川沿いにさらに北へ歩くのがよさそうです。

たまにはマクロで寄ってみることにします。

Rimg0014

Rimg0015

撮って出しでここまで撮れるなら、マクロで植物を撮っても全然問題ありません。

Rimg0018

平日ですので人もあまりおらず、カメラを持って遊んでいても見とがめる人はおりません。

望遠での撮影も普段はあまりしません。排水口の手前にいる鳥で試してみます。

Rimg0019

Rimg0021

光学ズームで目一杯寄せてみます。風があるため、補正できない手ブレがあるような。

正当性の微妙な現地調査に備えてさらに使いこなしていくことにしましょうか(遠い目)

Rimg0023

Rimg0024

あ、鉄道写真にも使います普通に。踏切のたもとから広角と望遠で。

光学ズームを使えば、入っちゃいけない場所に入らなくてもいい画が撮れそうです。

遠くに書いてある文字がどれだけ読めるか試してみた…かどうかはコメントしません。

一通りの撮影が終わり、昼過ぎに金融機関で書類を引き取って、ランチのオーダーストップぎりぎりに名古屋市内へ戻ってきました。

Rimg0025

この日の歩数は14806歩、消費カロリー384.8kcalとのことですが、ナンをおかわりしては減量効果もなかったことでしょうね。

この日に出した申請は補正無く通ったようですし、もうこの記事をアップしても大丈夫でしょう。

目黒への寄り道とさ○○に関する件

一ヶ月ほど季節を戻して、今日の話をはじめます。

梅の花の便りが諸方から聞かれるようになるころ、補助者さまが僕に対して有する債権が一つ増えるのです。

2月14日付お返し請求権、と当ブログでは呼んでいます。

自然債務の性質が強く1ヶ月後の弁済期を徒過しても遅延損害金が加算されたり履行を催告されたり仮差押えを食らったり契約解除されたりはしないものの、放置すると少々居心地が悪くなる気がする…ということで例年3月の県外出張はこの債務の存在を意識したものになるわけです。

ビターなチョコレートがお好きだという彼女が気に入りそうなショコラティエを探せ、というのがここ数年の僕の継続的ミッションになりつつあり、今のところは三ノ宮・梅田・難波・奈良ほか東京に何軒かの心当たりがある状態に持ってこれた、と思ってはいるのです。

ただ、引き続き試練を受けてる気はするのです(笑)

3月23日の東京は屋外行動に適した気温になりました。
新たな候補のお店は目黒にあるようなのです。
ふだんは東京駅かバスタ新宿から乗る帰りのバスを、渋谷マークシティからとする予約を入れました。

14時50分、国会図書館を出ます。

Dsc_0108

半蔵門線で渋谷へ、さらに中目黒に向かいます。

中目黒の駅には妙なプラカードを持った警備員が立っています。

←目黒川

そういえばお店周辺の地図には、表通りの北側に並行して北西から南東に流れる川が書いてあります。

平日にしては顕著な人の流れが、そちらのほうに向かっています。

…苦手な予感(苦笑)

交差点を数個過ぎたところで理由がわかりました。

この時期の目黒川は、桜の名所になるのだと。

人の流れの一部がそのまま店舗内に入ったようで、遅れ気味のホワイトデーというよりは2月上旬の週末のチョコレート屋さん状態になっています。

…というより、店内にいる連中のカップリング率が9割超えてます。単身の中年男性としては少々イヤな汗をかいた自覚があります。苦手な予感、的中(失笑)

Dsc_0110

居心地の悪さを顔に出さないよう努めつつ、タンザニア産カカオ70%のチョコレートはじめ3点ほどの買い物を終え、15時38分。中目黒駅までは徒歩8分、中目黒から渋谷まではだいたい5分、バス発車時刻は16時10分だから大余裕…と踏んでいたのですが、渋谷駅がいつのまにか立体ダンジョンと化していたことには気づきませんで、東横線から高速バスへの乗り換えでも追加の汗をかくことになりました。

滞在時間が最低限で終わった中目黒の街にも、なにやら酒肴の美味しそうなお店がいっぱいありそうです。

そうしたお店の一軒くらいはサンマを名物にしてもよさそうなものなのに、どこにもないじゃないか…と静かに不満を述べてみたいのですが、古典落語がお好きな方以外には理解していただけない気がしてやめました。

翌週になって出勤してこられた補助者さまに対して無事にお土産の引き渡しを終え、このお店の来訪記録を公開することにした次第です。

4月の東京出張日程が決まりました

今年に入ってからは関西のほうに引っ張られておりました。大阪や奈良には毎月のように行っていたのがちょっと落ち着いたようです。

今月と来月の東京出張の日程を決めました。

まず今月分、3月22日午後~23日夕方まで都内に滞在します。夜だけ、鶴見で重要な(飲酒の)予定が入っているため対応不可、あとは一応、出張相談可能です。

次に来月分、4月14日午後~15日です。珍しく日曜日を挟む日程になったのは、14日の夜に都内で重要な(飲酒の)予定が入っているためです。ですので夕方以降の対応不可、あとは一応、出張相談可能です。

東京山手線内(って言われて即時に何かを思い浮かべられるアナタ、たぶん僕と同じ趣味をお持ちのはずです)での出張相談は2時間5400円で行います。その他の地域についてはお問い合わせください。

明日の出張、いつもと違う経路で東京に向かいます。駐車場が無料で使えるバス会社を選び、その会社のバスで東京に行こう、という計画です。

久しぶりに21年モノの軽自動車で春のドライブもいいかな、と思っていたのですが…窓の外は冬、ですね(苦笑)

今週の電話受付は本日(ええと、水曜日ですね)18時で終了ですが、お客さま方からの電子メールは毎日確認しています。

業界団体至近の町屋で行う、早春の師弟合宿1泊2日

弟子の宿題、と勝手に呼んでいるプロジェクトがあります。

昨年採用した新弟子が森林経営管理新法にモノ申したいらしく、これを完全手弁当で援護せよ、という案件です。

ただ、彼が言うには「締め切りにはいつも遅れる」そうなのです(苦笑)

このこともあって、2月は2回にわけて奈良に出かけ、弟子との打ち合わせをしてきました。初回は飲酒を兼ねて終電1本前で終わったものの、やっぱりその後の作業の進みが今ひとつ…ということで少し策を練ってみたのです。

一人で泊まっても二人で泊まっても同額6千円の町屋、を奈良市内で発見することができました。例によってじゃらんポイントは2千円分ほどが余っています。

オイ弟子よ、希望するなら合宿可能だからいつもの団地を撤収してこっち来い、ただし風呂はないようだ(意訳。当然ながら直接の提案に際しては、十分な敬意を払っております)、と提案を投げておき、さしあたっては予約を入れたのが出発3日前のこと。

で、2月25日。この宿は近鉄奈良から徒歩圏内です。

Dsc_0091

前面道路の関係で既存不適格(笑)になりそうな、落ち着いた感じの物件にたどり着きました。

ちなみにこの蔵の中が改装され、男女共用のドミトリーになっているそうです。

さすがに弟子をそうした場所に押し込んで周りの方々に迷惑をかけるわけにもいかず(冗談です)トイレ付き6畳の和室にチェックインを済ませて一本西の表通りにでてみました。

Dsc_0093

わかりやすいランドマークが二つあります。

  • 手前、社労士会。
  • 左奥、司法書士会。

…宿から徒歩2分圏内のところに、仲良く並んでいます(苦笑)

ちなみにコンビニ・スーパー・銭湯・郵便局・食堂街などなど旅人にとっての重要施設は全部徒歩4分以上かかるところに立地しているのですが、とにかく業界団体には近い宿でした。

弟子が満足しそうな飲める店を徒歩10分圏内で探し終えるうちに、弟子がやってきます。

17時過ぎから議論に入り、20時前に一区切りつきました。さきほど見つけておいたおでん屋に繰り出し、こちらは大満足で飲み終えて…

すでにおわかりの方にはおわかりのとおり、コンビニエンスストアで追加の酒を仕入れて宿に引き上げます。

ただし各々自制して、それぞれ500mlの缶を一つずつ買って帰るにとどめたのですがつまみの選択が不思議です。

なぜか「野菜炒め用生野菜 見切り品20円引き」を選ぶのです。弟子。

無難な乾き物の封を切る僕を横目に弟子、開口一番

「まずい」

と言いつつも生のキャベツやニンジンやタマネギを食べ続ける二人。議論も続き、日付が変わるころにお開きとなりました。

翌日。関西空港へ戻る弟子には駅からリムジンバスで帰るよう助言します。僕はもう少し、お部屋でごろごろしてからチェックアウトすることにしましょう。

Dsc_0097

11時まではこの、いい感じの縁側を眺めて過ごすことができるのです。

26日は特に予定は入れていません。2月中旬までの大仕事が晴れて終了したこともあり、ならまちを歩いてから帰るつもりです。

この季節、決まって思うのですが今期もなんとか、無事に司法書士としての開業記念日(3月22日)を迎えられそうです。確定申告の結果が例年通り寒いのは我慢するとして、日向なら、もうコートもいらなくなりました。

旅先の散歩を楽しむには、実にいいタイミングなのです。

Dsc_0098

Dsc_0099

浮御堂から二月堂、東大寺を回って歩けば、今日の歩数は1万6千歩となりました。

危ない橋を渡るような心配事と奈良出張追加の件

久しぶりに会った我が弟子は、いたって元気にしておりました。

元気にしていた、ということは僕に面倒ごとが降ってくる、という展開なのです。

Dsc_0093

15日は関西本線沿線の街に赴き最終1本前まで元気な弟子につきあい、日付が変わってから奈良まで戻ってきました。

翌16日午前中にに設定した出張相談でこの出張の交通費を補うだけの売上げを上げて、今回の出張の用件は終了です。

15時過ぎのバスで名古屋へ引き揚げることにして、猿沢池から興福寺へやってきました。日向であればコートが要らない、早春の昼下がりです。

境内整備事業継続中だから…というわけではないはずですが、ここのおみくじは100円です。

どことは言わない別の寺、どことは言わない別の神社(それぞれ200円)ではないことに好感して木箱に100円玉を投じて手を入れ、指先に触れた紙片をそっとつまみ出しました。

●●番。ほう、と思わず息をつきます。

…昨年からのプロジェクト、お客さまに付けられたのと重なる番号です。

和歌の部分には、なにやら不安げな言葉が並んでいます。

流れが渦巻くような谷川に丸木橋がかかっていて、それを夕方に渡るような気分がするよ♪と。

なにその不安全行動?まさかそのプロジェクト関連?

Dsc_0095

軽くツッコミをかけつつ読み進めると、各論としては(初めは心配があるが)概ね良好ということのようでした。

このおみくじが何かを示唆したかは不明ですが、奈良出張を追加します。

日程は2月24日を中心に2泊程度です。3日目にかぎり、出張相談が可能です。この場合は奈良駅を起点として交通費を計算し、関西一円に対応します。

たまには九州四国山陰山陽から呼んでほしいとか相続登記のご依頼もあったらいいなとか、そうした勝手なことも付け加えておくとしましょう。

もちろん労働紛争労働側、少額の紛争での裁判書類作成の作成に関するご依頼を引き続き歓迎しておりますとも。

ところで、このおみくじ。

  • 相場 売れ 大利益あり

…さて、何を売れというのでしょうね(遠い目)

乗車位置サンカク、で行く奈良出張

一本早い列車に乗れますが、ロングシートです。

乗車位置サンカク、で行く奈良出張

近鉄名古屋駅3番線で13時01分発松阪行きの急行列車を眺めています。乗車位置は○印、1~6番。

後発の宇治山田行きの乗車位置は△印が指示されています。

こちら、一両あたり三ヶ所がプラットホームにマーキングされています。

…転換クロスシートの車両が来る、と(微笑)

松阪行きの出発をにこやかに見送って、期待通りにクロスシートの急行で出発です。

ところでこの車両、名古屋で折り返しの際に自動でシートの向きを転換します。

たまに要領の悪い椅子があるらしく、他のみんなが転換したのに直立していたりします。

乗車位置サンカク、で行く奈良出張

なんとなく微笑ましいものを感じて一枚撮ったあと、背もたれを定位に進めておきました。

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック