カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

原則論の反動

福井での出張相談は12時から。お客さまには昼ご飯に誘われたのを即答で拒否って、粛々と相談開始です。

別に双方とも、悪意はないのです。ただ、なんの間違いかファミレスがどうこうとかおっしゃったので…ああいうところでの食事は2年前、取引を打ち切った林業家と行ったっきりですよ(苦笑)

今回のお客さまとは取引継続を望んでいるわけですが、状況が少々特殊です。僕の代理権を使える範囲を超えているため、いい弁護士をマッチングさせてあげなければなりません。

今回の相談はそのフォローアップとして実施されるものなのです。

そんなことしたら金が二重に掛かるだろ、という突っ込みは承知しているわけですが、世の中にはそうしたケアが必要だったり重要だったりする方もいる…というより結構多い、という印象を持っています。

より大きな問題は、この分野でそうした労多くして益も功も少ない仕事をやろうとする物好きが少ないことかもしれません。

どうやら今回はマッチングが成功したらしく、『僕なんかに相談料出すよりは、その弁護士への着手金としてお金を取っておいてください!』と虚勢いっぱいに原則論を申し渡して相談を終えました。

疲れました。

ランチの時間も過ぎました。

駅の反対側の複合ビルに流れていくと、小さなフードコートに面した一角にたこ焼きやさんがあり、お兄さんが腕を振るっています。

「こんにちは お持ち帰りいかがです?」

1時間40分後のバス乗って2時間40分かけて持ち帰りはムリよ、と首を振ると

「じゃ、(店内で)食べましょう」

とのお誘い。凄い瞬発力だ、と思わず苦笑しつつ、もう少しほかのお店を探します。

その場で作るお弁当やさんにも心引かれたのですが…一周回ってたこ焼き屋さんの前に戻りました。お兄さんがさらに声をかけてきます。

「おかえりなさい♪お店のなかにもいろいろ(メニューが)ありますよ」

さらに苦笑させられたまま、思わず入店しました。遅めのランチに出ていたチキン南蛮に注目していたのですが正確にはこのお店、たこ焼きとハイボールの居酒屋、なのだそうです。

選択肢は確かに、ランチより魅力的なものでした。

昼飲み専用のメニューは1000円均一で、アルコール1杯プラスたこ焼き+おつまみ2品/アルコール3杯+おつまみ1品 の2コースが選択可能とされています。お昼には遅くおやつには早い店内は、数席向こうにグループ客がいるだけ。カウンターで少々だらしなくしても大丈夫そうです。

ええと(飲酒する大義名分を検索する)

とりあえず5月の相談から始まった本プロジェクトは依頼人の状況を好転させつつ概ね終了、今月からは弁護士への引き継ぎを前提に関与すればよい、ということですからー(頭の中で、棒読み)

最初にアルコール一杯とたこ焼きのコースを選択、つぎにアルコール3杯のコースを選択すればよい、と結論づけまして

Dsc_0077

14時半から16時前まで、たこ焼きと通行人を肴に怠惰な昼下がりを過ごしておりました。

Dsc_00792

僕自身がなんでもできるわけじゃない、という強烈な制限に服する関係上、相談中はこの事務所を使うかどうかも含めて一種の他人事として認識したうえで使えるなら使う、そうでないなら使わせない、という立場に徹するのですが、これも楽ではありません。時には何かを間違った訪問者からgoogleマイビジネスに最低評価をくらったりもします(苦笑)

そういうときに使える昼飲みのお店を、愛知県外で覚えておくのは悪くないかもしれません。

すぐ行けるところにあると、くせになってしまいそうな気がするのです。

 

 

三河湾から若狭湾へ(愛知・大阪・福井出張一泊二日)

新快速大垣行きは三河湾を離れて、そろそろ岡崎に到着します。車内が混み出す前に、お昼をいただいてしまいましょう。

Img_20190906_122136

あ、名古屋はそのまま通過して、この列車では大垣まで行きます。今日から出張です。

愛知県東部の信用金庫に登記済みの書類の納品。

大阪府内で労働相談。

福井県内で不動産の相談。

これらをまとめてガラガラポン、とやったら出張が一つできました、と。一日分の青春18きっぷがヤフオクで買えたのと一泊四千円台の宿が敦賀にあったのはラッキーでした。

そうしたわけで、秋の気配がしてきた濃尾平野を新快速で突っ切って大阪に向かいます。敦賀には22時には入れるはずです。

南武支線発 浜川崎経由有楽町行き

今朝は現地調査からスタートです。目的地は宿から徒歩圏内、とはいうものの、どこまでが徒歩圏内かはきっと事務所ごとに違うはず。

僕のところでは、南武線某駅までそのまま歩いて調査終了としました。


南武線、といっても尻手から浜川崎を結ぶ支線でして、列車の間隔は30分ごと。尻手行きは25分後、浜川崎行きは7分後、ということで浜川崎から鶴見に出ることにします。

Img_20190903_125350

浜川崎には鉄道フアンらしき中年壮年男性たちが7~8人いたでしょうか(あ、僕もそうした挙動不審者の一人です)。写真を撮るのにそうした連中が入らないような工夫が必要です。一時間ほどの寄り道を終えて、午後からは国会図書館で書見です。

別のご案内です。

9月6日、大阪までの出張が決まりました。同日夜間、大阪~京都間で出張相談の対応余力がありますが片道で特急利用分の交通費差額を要するかもしれません。相談料金は2時間5400円です。

ご希望の方は送信フォームからお問い合わせください。

中華な便携式計算机と行く東京出張二泊三日

今回も慎重に席を選んだ結果、隣には誰もおりません。夏休み明けの中央道高速バスは、普通席に三つの空席を残して甲府盆地を抜けるところです。

Img_20190902_113833

さて、今日から出張です。月も変わりました。旅に出ましょう。先月回避した相談者たちからの悪評はもう、忘れて(笑)

今回の東京出張は東北地方のお客さまと東京で打ち合わせをするほか、愛知県内のお客さまのために川崎市内で現地調査をやってくることになっています。

後者のご希望があり得るか、と読んで鶴見を宿泊場所にしていたところ、川向こうだが徒歩圏内、といった位置に敵の住所地があったのです。

このお客さまは不法行為の加害側ではあるのですが、とにかく安くやれとか自分が聞いたことだけ答えろとか依頼受けないなら目噛んで死ねとかそういった無体なことは言わないので(やっぱり先月あったあれこれを忘れ去るには時間がかかりそうです(苦笑))、たまには日当交通費カットで現地調査をやるのも悪くない、そう思っているところです。

今回から携行する機材が新しくなっています。重量798gだったNECの2in1PCを売り払って、さらに軽いUMPC(便携式計算机、というステッカーが貼ってあります)にリプレースすることにしました。

昨日まる一日かけてwindowsのアップデートとソフトの導入を済ませ、本格的な運用は今日からです。キーボード配置が特殊なため句読点と長音符号を入力するときに手が止まるのはまぁ承知していた運用制限に過ぎません、それと引き換えに、周辺機器の充電器まで含めれば500gは軽量化できたのが非常に快適です。ディスプレイサイズが7インチなので、スマートフォンと並べた作業風景はこんなかんじ。

Dsc_0026

これで徒歩移動の長い現地調査も安心♪です。

9月第1週、東京へ出張します

日程は決まってしまいました。9月2~4日の滞在です。

青春18きっぷのシーズンに引っかかっているのはもちろん意図的なものです。

宿泊場所はこれまでと変わります。ここ数ヶ月間は京王線府中での相談を入れてくださるお客さまがおられたのですがどうやら一段落したようだ、ということで久しぶりに京浜東北線鶴見のホテルに2泊してみることにしました。

このため出張相談は鶴見~有楽町・永田町一帯でおこなう場合交通費を不要にできることがあります。いまのところ9月2日16~18時頃まで予定が入りそうであるほか、3日の夕方以降はできるだけ空けておきたい、と思っています。飲酒のために。

9月2日午後・3日の日中・4日午前中はそれぞれ対応可能です。

行きか帰りのどちらか、たぶん帰りのほうで青春18きっぷを使うことになるだろう、と思っています。約束できるわけではないのですが、復路の長野・山梨県内での出張相談は交通費を安くできるはずです。どこかに一泊して遅めの夏休みを取るかもしれません。

静岡県内については往路の9月1日または2日午前中で対応する提案を出しているお客さまがいらっしゃるのですが、この方が提案不採用としてくださると他の方への余裕が発生します。

相談の料金は2時間税込み5400円で変更ありません。対応可能な分野もこれまでどおり、労働紛争労働側・民事家事関係裁判書類作成および添削・山林の相続および名義変更、などとなっております。それぞれご興味のある方はお問い合わせください。

9月はどうやらもう一件、旅の気配がするのです。頑張って仕事を片付けてしまわないといけない…といいつつ、思い通りに動かないレーザプリンタのだまし方、いえ使い方を工夫しながら週末を過ごしてしまいました。

来週も平常通り執務します

一番安い片道3000円の空席が1席だけ、出発前日の23時過ぎに出現したのです。飛びつきました。

Dsc_0045

国会図書館での書見を終えて東海道本線を青春18きっぷで帰るつもりが本日満員御礼!の中央道高速バスを拾うことができ、16時10分にバスタ新宿を出ました。少し涼しい風が吹く双葉SAに来ています。

バスの中では最近見つけたプログラミング学習サービス『Progate』の、まず無料のレッスンを進めています。

# 変数nameに文字列「にんじゃわんこ」を代入してください

とか言われて「なんだよその『にんじゃわんこ』ってのは」と苦笑しつつ(←同サービスのマスコットキャラクター、らしいです)

name = "にんじゃわんこ"

などと打鍵していくようなレッスンなんですが、受講を進めるうちにif文の最後にコロンをつけない悪癖が発覚するなど実際に手を動かしてみないとわからない発見がありました。

昔BASICやってたからさオレ、などと言って基礎的な部分をうっかり飛ばすとあとで順当にひどい目に遭える、ということなのでしょう。

このサービス、月額980円で使い放題とのことです。近頃はやりのサブスク貧乏にならぬよう、1ヶ月か2ヶ月だけお金を払って集中的に受講してしまおうと考えています。

猫も杓子も使えるオンライン申請が実現されて登記の仕事が業界から消えても、プログラミングの在宅作業で食っていけますように。時給千円でいいから(簡裁に出す労働関係裁判書類作成より、時給高いから)

そんなささやかな希望(人によっては絶望と言いそうですが)を込めつつレッスンに没入しているうちに、乗客たちがわらわらと席を立って外に出るのです。荷物を置いたまま。

…何だこいつら?どこへ行く気だ?

と思って見回したら、次の休憩箇所でした。

やることも増えたことですし、来週からの三連休+お盆休みも平常通りに過ごします。

少なくとも送信フォームによる問い合わせは完全に平常通りに対応、携帯電話からの電話については気づけば出る、ということでこちらも…平常通りに。

いつもより多い書見

Img_20190807_102135

今年に入ってから、京王線府中が東京出張での定宿になっています。特急で立っていくのを避けて空いている普通列車にのりこみ、作成中の訴状案に手をいれていくつもりです。

 

今回の出張では日中丸ごと時間があいたので国会図書館での書見に使える時間もながいのですが、pythonとそれを用いたスクレイピングでいい本を探さなければなりません。

 

自由時間が3倍、目を通す資料は9倍くらいありそうな、東京出張の二日目です。

 

鈴木慎太郎

足下の不審物と行く東京出張2泊3日

珍しいことではありますが、片道3750円のビジネスシートが空いていました。ラスト一席。

普通席の早売1より50円ほど高いだけで少しいい座席が使える…と思って取った2B席。名古屋駅10時発新東名スーパーライナーは2階建て3列シートの車両なので、回りが混んでも大丈夫♪なつもりでいたのですが。

Img_20190806_110850

足下に変な箱がおいてあるのです。

物入れか?と思ったのですが違います。両隣の方々は膝を折って、足を窮屈そうに乗せています。

この箱のせいでビジネスシートの居住性は普通席より下がっている気がします。

強いてこの不審な箱を弁護するとすれば(この箱のために日当無料で裁判書類作成の出張などしたくはないですが、そんな依頼も来ないでしょう(苦笑))これは下足入れとオットマンを兼ねたもの…らしいのですが。

こいつを使おうとすると前のシートのフットレストが使えず、どこか他に追いやろうにも場所がなく、物入れ部分に鞄を入れるにはちょっと小さい、なんとも中途半端な邪魔さ加減をもってそこにいるのです。ビジネスシートのオットマン(憮然)

膝を折って窮屈そうにしている両隣の人々をチラ見しながらバスは定刻に出発し、駅を出て順調に都市高速に乗り、伊勢湾岸道に移って隣の市にはいったあたりで、ようやくこの箱の使い道がわかってきました。

布でくるんである(靴を脱いだ足をのせていい)部分に足を乗せようとしないのがコツらしいです(苦笑)

写真で見る箱の反対側は口が開いていて、そのなかは布でなく床と同じ素材が貼ってあります。つまり、本来なら靴か靴を履いた足が入る、と。

ここに靴を脱いだ足を入れると足下が広くなって若干持ち上がった状態になり、それをレッグレストで支えるのが僕にとっての正解、ということでした。ご丁寧に足を入れる部分、若干手前に傾斜しています。つまり本当に足を乗せることに最適化されていた、と(物入れの板が傾いている、とは考えないでいいはずです)。

ところで今回の出張、どうあっても出さねばならない登記2件とどうあっても完成させねばならない家事調停申立書を書いているうちに日付が変わってしまって仕事を持ち出してきています。

週末中にやってしまう、と宣言した遺言書案2件、通常訴訟の訴状1件をバスの中でなんとかしてしまう必要があるんですが…

箱とにらめっこしているうちに、バスは行程の3分の1を走りきってまもなく最初の休憩箇所に到着です。バス速すぎ。

来月の東京出張について(日程が確定しました)

  • 見積の問い合わせが来る。
  • 答える。
  • やりとりが進む。
  • イケズな銀行が割り込む。
  • スイッチを切ったように、依頼と依頼人が消え失せる。

…これだから住宅購入の登記は(以下、倫理的観点から自粛)

さて、今月申請予定の不動産登記はすべて申請書提出を終えました(遠い目)。

残っているのはもちろん裁判書類作成で、地裁の訴状・簡裁の訴状・民事調停申立書・家事調停申立書が各1件、なぜか労働契約関連の案件が皆無、となっております。

これらがあらかた終わるであろう2週間後、東京に出かけることにしました。

都内滞在の日程は8月6~8日に確定し、夜間の対応余力がなくなりました。都内での出張相談は京王線府中~東京メトロ永田町間で日中に可能です。

9日以降の延長と復路での寄り道は可能でして、希望もします(甲信越から南東北一帯からお呼びくださる方、歓迎です)。

出張相談の料金は2時間5400円で変更ありません。対応可能な案件は不動産登記(住宅購入とは関係しないもの/希望しても来ないでしょうけれど)、労働紛争労働側の相談および裁判書類作成、その他民事家事関係裁判書類作成、となっております。滞在期間中に府中・永田町の両駅周辺を相談場所とする場合は交通費・日当とも不要、その他の日時・場所で相談を行う場合は別に費用を見積もります。

このほか8月も福井への出張が1回あるはずです。

久しぶりに夏の青春18きっぷを買おうか、ちょっと迷っているところです。上記に示した各地に含まれない場所にも行けたらいいな、とは常に思っています。9月10日までの日程について、出張相談のご希望がありましたらお問い合わせください。

輝いてないOBが行く日帰り関西出張

今ならどこまでも、歩いて行けそうな気がする。

先の出張時に靴底が剥げた靴を買い換えただけですが。

昨日は答弁書を一つ完成させることができました。今日は関西への出張です。

Img_20190720_103324

週明けに文案を出す訴状があるためあまりのんびりするわけにもいかず、難波まではアーバンライナーでの往復となりました。3号車あたりまではほぼ満席の列車ですが、8両編成の7号車を選んだところ隣席には人がこないことが決まり、さきほど津を出発したところです。

シートポケットには、二十数年前に出た大学の広報紙が差してあります。輝くOB・OG 第8弾 ですって。

記事の冒頭には期待通りに三重県職員が並んでいることに苦笑しつつ、そんな輝き人生コースからハズレた選択の是非に思いをはせてみたりします。

学部を出ておとなしく修士課程に進んでれば、今頃はどこか地方支分部局に飛ばされて課長代理か何かとしてくすぶってたはずですが、少なくとも安全安心なライフプランはゲットできてたハズだ(笑)

そんな輝きのない三重大OBが黙って三重を通過する今次出張、寄り道も自粛となっています。難波での打ち合わせを一件追加しました。当事務所の利用歴が少々長くなった労働訴訟労働側のお客さまに、今回は費用負担ゼロで打ち合わせできる提案が通ったのです。

そうした提案は、お客さまの客観的状況にあまり輝きがないこと…主として紛争に巻き込まれた方のご依頼であることと、そうであっても最初から安くやれ等とは言って来ない方である、そんなときに(あとは、運がよければ)出てきます。

コスパ最優先な住宅取得の登記でシアワセにまみれた輝いてる依頼人から勝手なスケジュールを押しつけられるより、今の仕事がいいよな…とは思っているのです。

少なくとも金銭的な輝きはないけど(* ̄∇ ̄*)

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック