カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

3月18・19日、東京へ出張します

昨晩の電話相談。東京出張の予定を尋ねられました。

未定です/第4週の予定です と答えた次の朝。

表題のようになりました(苦笑)

いまのところ18日夜・19日の日中に打ち合わせの予定が入っていますが、18日・19日各一件程度、出張相談の対応余力を残しています。

注力する分野は訴訟費用額確定処分申立書作成です。

というのは思惑を込めた冗談で、いつもは労働相談労働側、または労働紛争とは関係ない民事関係裁判書類作成の相談をお受けしています。出張相談の料金は2時間5400円で変更ありません。

このほか、たまにですが不動産名義変更、あるいは訴訟費用額確定処分に関するご依頼・相談を出張でお受けすることもあります。

青春18きっぷのシーズンでもあります。この時期『東京-名古屋間』と言ったら東海道本線に加えて中央本線沿線が含まれるほか、もう少し経路をねじ曲げてみるのもいいかな、と思っているところです。

お受けするご依頼によっては、17日の日曜日に都内に入れるかもしれません。

公表するかどうかはさておいて、自分のなかで宿泊費や増加する交通費の自腹を切るかどうかの基準を決めておいたほうがいいような気はしています。増加費用の10倍程度の売上げがあるならいいかもしれない、とは思っているところです。

どちらかというと、出張を伴うご依頼の場合は旅費を明示するほど依頼を躊躇されるほうが多い気がします。

一番わかりやすい事例として、17日の出張実施が未定な現状で17日午後に出張相談のご希望だけもらった場合には従来、相談料金5400円に加えて宿泊費5千円をご負担いただけるなら実施、という提案をしておりました。

この提案、だいたい4件のうち3件は不採用になるのです。

2時間で合計10400円の相談、休日対応可、と言った場合の採用率は半分程度あるように思えているのですが…詳しい情報を多く出すことで正しい判断能力が奪われる、そんな人のほうが多そうだ、と思ってみています。

そんな状況ではありますが、ご興味のある方はお問い合わせください。運がよければ相談料金以外に費用は発生せず、仮に増加しても関東甲信越各県なら、だいたい1万円程度で済むはずです。

そう言ってしまうと、ホラ相談料5400円より交通費1万円のほうが目立つでしょう(苦笑)

『高い』『偉い』は禁句です

出張から帰って、この週末から裁判書類の文案をあっちこっちに送る日々に戻っています。

その出張の際のお客さまには一宿一飯どころか二宿十二飯くらいの義理ができてしまったような状況になりまして、滞在中に別の方からの別の相談をお受けすることになったのです。

…たぶん無料だ、と覚悟しつつ(苦笑)

ただ、お客さまがその相談希望者に言うのです。
名古屋から偉い先生が来ている、日当も高いのだ、と。

待て
それは誇大だ(笑)

実は行きがかり上、このお客さまは今回の出張において、宿泊と食事の現物を給付していただいたのですが旅費と日当はもう一人のお客さまにご負担いただいております。

愛媛県南予を出張目的地とする今回の出張、もともと予定していた本体業務は税別2万円の書類作成です。

本体業務はそれだけ。

○交通費は往復23360円。見積書では

  • 野並-名古屋 600円(地下鉄 片道運賃2回分 以下同じ)
  • 名古屋駅-大阪駅 6000円(高速バス)
  • 大阪梅田-宇和島駅 16760円(高速バス)

○日当は税別18000円(1日6千円とし、往路・復路・作業日の3日分)

というわけで、本体業務は税込み21600円、これを依頼するために名古屋から僕を呼ぶことによる日当交通費が合計42800円ということになっています。

これを高いと言われたら困る、というよりどうしようもないので上記の内訳をあとで説明しました。

まぁ一ヶ月のうち一週間程度ならこうした条件での仕事があっても、すぐ事務所がつぶれることはない(来年まで持つかどうかはわからない)、とは思っているのです。

ただし、これは遠方からも僕を呼べることで当事務所の相談と業務(ときには、地元の同業者さんどころか窓口担当者にも十分な経験がない業務)を使う選択肢を加えてもらえるようにするためのものなので、内訳を知らずに高いという情報だけ認識されたら営業施策上よろしくない、そんな状況です。

実際にはこのご発言、相談希望者にちゃんとした対応を促すためになされたものだとは理解しているのですが…それを聞いた相談希望者から妙な評判を流されるようなことがあっては愉快ではありません。

とりあえず、今後も同様な費用設定での出張は他地域でも行うのでご興味のある方はお問い合わせください。

日当交通費込みの費用としては、決して高いわけではないはずです。たぶん。

下の写真は、その無料相談で現地調査に赴いた山林からの帰路。今回の現地調査は調査対象林地が広いらしく、画角をどう取っても調査対象地が入ってしまう可能性が高い…ということで現地の写真は掲載できません。久しぶりに車で行けないところまで行った、ということにはなっています。

Dsc_0111

で、この道。

県道ですが何か?

西南から北東に全速で離脱(愛媛大阪出張4泊4日 4日目)

昨日の小さな旅の終着点は、入り江に面した小さな集落でした。隣のバス停(中泊)まで歩いてからバスで城辺に戻り、宿毛から中村まで来て泊まります。

西南から北東に全速で離脱(愛媛大阪出張4泊4日 4日目)
西南から北東に全速で離脱(愛媛大阪出張4泊4日 4日目)
そうした寄り道があっても交通費は増えません。

今回の旅で使った四国西南周遊レール&バスきっぷ、このあたりの路線バス全部と中村から高知までの特急が使えます。

中村を7時発の特急で出て高知駅で高速バスに乗り換えれば、夕方に設定された難波での相談にも当然間に合うな、と。

高知県は南西から北東に通りすぎるだけ(嫌いなワケではないのですが)にして生まれた余裕を丸ごと愛媛県に回した今回の出張、残念ながら高知県内のバスにはほとんど乗れずに終わりました。

昨年高知から来られた林業関係のお客さまがいらっしゃったのですが、その件を紹介してくださった愛知県内のNPO代表者さんによれば僕が現地に出向く企画でもよかったとのこと。

…出張できるなら、そうしたほうがよかったかもしれません(苦笑)

西南から北東に全速で離脱(愛媛大阪出張4泊4日 4日目)

少々短い自由時間、開始の件(四国出張4泊4日 3日目)

守秘義務に関わる部分を一気に飛ばして、現在。

少々短い自由時間、開始の件(四国出張4泊4日 3日目)
少々短い自由時間、開始の件(四国出張4泊4日 3日目)

宇和島自動車城辺駅です。

宿泊場所に行く前に、海沿いを行く小さなバスで寄り道しようと思っています。16時25分発外泊行きがよさそうです。

もめ事を持ち込んだ自覚

もめ事を持ち込んだ自覚
14時56分発の特急で宇和島を出ます。

先ほど終わった仕事。
窓口氏が言うのです。
「経験がないんで」と(苦笑)

…とりあえず適当に調整して手はずを決め、ご面倒をおかけするがよろしく、と予告して庁舎を後にしました。

雨はまだやみません。
これからどうしようか、考えています。

もめ事を持ち込んだ自覚

前回は…青森で(図書館休館日に遭遇の件:宇和島駅)

四国は普通列車と特急列車の速度に差がありすぎる気がします。9時45分発の普通列車なら13時過ぎに着くはずの宇和島に、特急宇和海9号は11時過ぎに到着してしまいました。

昼休み明けから仕事にしたい、ということで時間調整を試みます。バスで訪れた中央図書館には、

前回は…青森で(図書館休館日に遭遇の件:宇和島駅)

再来月まで休館の表示がでています(呆然)

そういえば昨秋の青森出張でもこの休館攻撃を食らった覚えがあります。雨もひどくなってきました。
いったんショッピングセンターのイートインに引っ込んで出直しです。

セルフサービスの100円コーヒーに、救われた気がします。
…FUJIっていいね(と、こっちの人にしか通じないことを呟いてみる)

朝寝に適した目的地(四国出張4泊4日 1日目)

朝寝に適した目的地(四国出張4泊4日 1日目)

昨日18時過ぎに僕がラスト1席を取ったオリーブ松山号。このバスは名古屋23時発で徳島県を有効時間帯に入れて松山に向かいます。

言い替えると、朝4時台に徳島県内にある最初のバス停で起こされてから香川県でも人を降ろし9時半過ぎに松山駅に着く、ということです(笑)

昨日発生した乗り遅れ、いえ予定変更への対応の件、神戸発午前1時になるジャンボフェリーの夜行便で高松に着いて高速バスで松山に向かってもよかったのですが、季節別の運賃のせいでオリーブ松山号のほうがずっと安いことに気づきました。

ここで発生した金銭的余裕を、松山以南のきっぷで使うことにします。

時間的な余裕はもう普通に回復しています。
松山を11時過ぎに出る特急が、次のきっぷで使えることになっています。バスは松山市内に入ってきました。オレンジフェリーを使って連絡バスに乗り継いだ場合と比べて、まだ2時間遅れではありますが…

朝寝に適した目的地(四国出張4泊4日 1日目)

とにかく順調です。午後からの仕事には問題ありません。

松山ニテ遅レ回復ノ見込ミ(四国出張4泊4日 0日目)

22時大阪発のフェリーに乗るとか言った覚えがあります。
18時名古屋発の近鉄特急に乗れば、とも。

その予定から5時間ほど遅れまして、旅の始まりです。
この時間、地下鉄空いてますよねー(半笑)

松山ニテ遅レ回復ノ見込ミ(四国出張4泊4日 0日目)

理由は二点ありまして
・本日発送の裁判書類、最後のチェックで当方有利な証拠が見つかった
・その修正後、急いで出るか微妙な時間に入った電話が相続登記のご依頼だった

…どちらが決定的だったかはコメントをしないようにしておきましょう。

そんなわけで、最初の一日が削れましたが四国への出張、始まりです!

※お客さまには心配なさらないでいただきたい(ちょっとした失敗は当ブログの名物に近いとご了解いただきたい)のです。

理論上は(というより、通常選択すべき交通機関としては)明朝6時20分発の新幹線でも間に合うようになっています。

2月22日 関西地方での出張相談が可能になりました

覚え書き。

青森地方裁判所八戸支部 通常訴訟の予納郵券額(本日時点。当事者は原告被告各1名)

  • 500円 9枚
  • 100円 10枚
  • 82円 10枚
  • 50円 7枚
  • 20円 9枚
  • 10円 10枚
  • 5円 6枚
  • 2円 5枚
  • 1円 10枚

以上合計 7000円

…合計額だけ青森地裁本庁と同じで組み合わせが微妙に違うってすごいな、と思わずにはいられません。いつもながら。

さて、四国に行く件の続きです。大阪で設定した相談の関係で、復路の日程も決まりました。

2月18日 名古屋-大阪南港

2月19日 東予港-松山-宇和島

2月20日 南予地方に滞在

2月21日 未定

2月22日 大阪-名古屋

こんな感じになりました。

出張相談可能な場所は18日の関西地方、19日午前中の愛媛県、21日の四国各県またはその周辺、22日朝~昼過ぎまでの四国~大阪、ということになります。

交通費は、相談場所が予讃線または土讃線沿線・岡山・大阪については増加せず、その他の場所については移動経路からのはみ出し具合によって別に見積もります。相談料金は2時間5400円で変更ありません。

出張のまえに、労働審判手続申立書の文案を二つ作ってしまうのが週末の予定です。

つまり土日に働くわけで、ならば21日に休んでもいいかな、と言い訳を準備してもいますが、もちろん出張相談でお呼びいただけるならそれも歓迎です。ご興味のある方のお問い合わせを、お待ちしてます。

大阪経由宇和島までの出張日程が決まりました(帰りは未定ですが)

クラウドソーシングのウェブサイトで先日見た、ため息の出るようなタスク。

Inked2_li

隣接のあの士業では、お客さまの声を一件324円で買える…というよりでっちあげられるのか(笑)

とはいえ分野はまさに隣接しております。今後も僕の事務所、儲からないだろうな(呆然)

そんな事務所のあたたかい話題。

愛媛県、南予への出張日程が決まりました。緯度としては本州最南端よりまだ南まで行けることになっています。

とはいえ、そう甘くはありませんでした。第一希望の出発日、2月17日の大阪~愛媛県各地への夜行バス・フェリーが軒並み満席か満席寸前です。

日曜日に関西地方で出張相談できるようにするのとどちらがいいか、少し考えて出発を18日に変えました。

とりあえず2月18日月曜日、日中から夜間(21時まで)にかけて大阪での出張相談は可能です。

2月19日は東予港~宇和島へ移動して仕事、愛媛県南予で2泊します。

21日朝、宇和島または宿毛(高知県)出発以降の予定は決まっていません。適当に一泊を加えて22日に戻ろうと思っています。

そうしたわけで、2月18日または22日の遅い時間に関西地方、21日に四国または周辺地域で出張相談ご希望の方がもしいらっしゃいましたらご連絡ください。交通費は予定する経路からのはみ出し具合によって若干のご負担が発生しますが事前に見積もります。

出張相談の料金は2時間税込5400円で変更ありません。対応可能または依頼受託を希望する分野を挙げると、労働者側での労働相談および関連する裁判書類作成・そのほか民事家事関係裁判書類作成・山林の相続および名義変更…

あとは『お客さまの声』を当ブログに書いてもらえそうな業務全般といったところでしょうか。そうした方には報酬を324円値引きする、とか(冗談です)。

周辺ってどこまでなの、という点はあえてコメントしないほうが楽しそうな気がしています。

より以前の記事一覧

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック