フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

福井の休日(半日だけ)/次の東京出張の日程が決まりました

当事務所が関与しておこなう個人情報開示/行政文書開示請求は、時としてひどく贅沢だ、と思うのです。

僕はそうした案件、本体業務(裁判書類作成あるいは社会保険労働保険の審査請求)のオマケと認識してほぼタダ~取っても千円、とかで手続きを提出できるようにしてしまいます。どうせそばで口頭で記載を指導しているだけですし。

市町村役場に直接開示請求しに行けば、課長級を含む職員の皆さま方がぞろぞろと…と言って語弊があれば必ず複数で対応してくださいますし(苦笑)

そうした手続きとそれを受けての打ち合わせを昼までに終えまして、16時発のバスまであと3時間半。

三国港までのえちぜん鉄道で行って帰ってくるにはちょうどよい時間だったのです。

Dsc_0029

Dsc_0030

三国港の駅を出れば、3分ほどで浜に出ます。

Dsc_0031_1

Dsc_0033

砂に足を取られてコケたり犬に絡まれてズボンを汚されたり(飼い主の中年男性は、そそくさと逃げていきました…無責任なヤツ)、まぁそうしたこともありましたが1時間ほどの滞在を楽しく終えまして、貧弱な食生活の福井出張から引き揚げることにしました。1日目の昼:おろしそば 夜:食事としては、なし(チーズ味のカール一袋) 2日目朝:なし 昼:喫茶店のバナナジュースとモーニング、これでおしまい。

福井の食文化を軽視するわけではないのですが、出張先で調子に乗って食べているとすぐ太るカラダになってしまったのです。ちゃんとお客さまを勝たせた後でなら遠慮無く食べさせてもらうから、とは申し上げております(あ、いわゆる自然債務ってやつなんでお客さまには、あまり意識しなくていいです)

ですが、次の東京出張ではちゃんと食べよう、飲もう、と心に決めているところです。前回出張で、府中でまたいいお店を見つけてしまいました。

日程は5月27・28日です。27日は昼夜とも予定が入りました(夜は会食の予定ですが、昼はちゃんとした出張相談です)。28日は午前中は京王線府中・昼前後に永田町付近で出張相談可能です。両地を相談場所とする場合、相談料金2時間5400円のみで対応し、交通費・日当等は必要ありません。

ご依頼があれば26日の昼・夜(府中)、あるいは28日の夜間(東京・品川)の相談を設定できますが、別に6千円程度の費用増加が発生します。日曜あるいは夜間の相談をご希望の方は検討してみてください。

相談に応じられる分野は労働紛争労働側(少額な事案を歓迎します)、山林農地実家など県外の不動産の相続そのほか名義変更、民事家事関係裁判書類作成などです。

相談場所としては都内のほか、28・29日については別に交通費を見積もって関東一円あるいは甲信越一帯でも可能です。

それぞれご興味のある方は、当事務所ウェブサイト備え付けの送信フォームにてご連絡ください。

ジンクス重視な福井出張、1泊2日

狙ってやってくださったわけではないはずですが、お客さまが手配した宿は眼下にバスターミナル、右横には福井駅の高架に面しています。

Dsc_0031

21時32分発、大阪行きのサンダーバード50号が定時に出発していきました。

今日は福井への出張、一泊二日の日程です。お客さまとの打ち合わせは予想も覚悟もしたとおり、4時間30分を要しました(苦笑)

打ち合わせ場所は会席料理のお店、ということで打ち合わせが進む(夕方から夜になる)につれて、乾杯の声や拍手がふすまの向こうから聞こえてきます。そのままお食事になりそうな雰囲気ではあるのですが…

ハイ、撤収(;_;)/~~~

お客さまには駅への送りを頼み、宿に戻ってきました。

いいとはいえない体調のほかに、ちょっとした理由があります。

裁判書類作成のお客さまから手続き終結以前に供応接待を受ける事案は、なぜか敗北・成果不十分・そうでなければ僕が強烈に苦労する、そんなジンクスがある気がするのです。

守秘義務に反しないように言うと、神戸のホテル・赤坂の寿司店・そして野並の居酒屋で一席設けてくださった方がそれぞれ苦戦あるいは敗北の憂き目を見ておられます。それぞれ、かなり強烈な。

このジンクスを破る方法をこの冬実用化できまして、お客さまにおごられたら僕が速やかにおごり返せばいい(^_^)v ということにはなったらしいのですがこれでは何のために供応されているんだかわからない(苦笑)

そんなこともあって今回は宴席はパスしてホテルに荷物を放り込み、飲み物でもないかな…と紛れ込んだ閉店間際のスーパーで、チーズ味のカールを発見しました。

これぞ西日本の味だ、ということで今日はもう、晩ご飯省略です。ブログを書いているうちに、東京への夜行バスが出発していきました。

 

 

30分休みで行う散歩と所在確認できないお店の看板(10連休が過ぎた、から)

連休中に出してしまいたかった労働審判手続申立書をようやくお客さま方に送ったのは、先週も後半の木曜日になりました。

少し休みたい気はしますが、次の日に来た町役場からの電話を待ってもいたのです。相続人調査のために数件まとめて送った職務上請求、出てきた除籍原戸籍現在戸籍一式合わせて○千円だ、と。

手数料の関係から定額小為替を束ねて送るよりは連絡を待って普通為替を送る方がずっと安い…という思惑もあって先に職務上請求用紙だけを送ってあったその請求、ではありますが

  • いいお天気です。
  • 役場の近くには船着き場も砂浜もあります。

そうしたわけで。

週末金曜日の昼下がり、僕は河和行きの名鉄急行に乗り込んでおりました。まるで何かに誘われるように(笑)

まずは駅から山側へ徒歩数分の役場へ。戸籍の引き取り自体は10分ほどで終わり、帰りの急行の発車まで30分ほどあります。

当然のように駅から海へ数分歩くと、島への高速船がでるところです。

Dsc_0020

ちょっとうらやましい気分で出航を見送って、帰り道。

気になる看板が出ているのです。

Dsc_0018

食べログにもお店の情報はあるものの、現地らしい路地にお店の気配はないのです。

次来る機会があれば、もう少し腰を据えて探索してみたい気はしています。

さて、本日時点での受託状況。

労働審判手続申立書作成一件がキャンセルになりました。

…勇気なき者は去れ、って言葉があったよな、と思って調べたら。40代以上の方なら覚えているだろうテレビドラマ『スクール☆ウォーズ』だったんですね。もちろん個別の依頼人を指しているわけではありませんが。

あとは地裁通常訴訟/簡裁少額訴訟の訴状各一件作成中、あとは久しぶりに家事調停の申立書が今週中に作業開始、裁判書類作成はこんなところです。出張は14・15日に福井へ。15日午後が一応空いており、この半日が僕の大型連休になる…はずです。大型(苦笑)

不動産登記のご依頼は引き続き、あったらいいなと祈っています。

大連休による売上げ減少がないことに安堵/戦慄してみる(10連休だから ⑧)

巷ではそろそろ連休の出口が見えてきたころでしょうか。

今日も今日とて仕事です。補助者さまには5月3・4日と続けてお越しいただくことになり、契約書の浄書や甲号証の編綴や、あと先月買ったばかりの職務上請求用紙の年号を絶賛修正中…そんな午後を過ごされました。周りの工場群が静かなことだけが休日らしさを感じさせてくれます。

さて、この連休中に作らねばならない訴状3件労働審判手続申立書1件は2件作業終了1件作業中1件未着手(汗)どうやらこの連休をほんとうに全部使わないと作業を終えられないようです。

心配だったのはこの連休の、相談および新規ご依頼の受託=売上げへの影響でした。

結果としては3件ほど新たなご依頼がありそうで、売上げが『減る』ことはないようです。連休明けから入ってくるはずの入金を書き出したところ(同業者さんと比べればあきらかに低い、月額20万円台の)損益分岐点には達するようで、あとは月後半がんばって来月の車検に備えようか、といったところ。車齢23年になる軽自動車の車検を今年も通すつもりなんですが、そろそろ下地の塗料まで見えてきている箇所があるのです。

日光に晒されやすい右側だけ塗って貰えないか、ちょっと考えています。そういえば平成初期まで新潟に来航していた半島国家の船って、接岸する側だけ塗りがよかったってのは都市伝説だったのでしょうか?

連休明けからの仕事。

発行日2月8日になってる印鑑証明書をお預かりしている不動産登記(ご同業の皆様には、僕だけが手際が悪かったんじゃないと言い訳させてください)

携帯電話の料金プラン見直しと手続き(相続登記や年金相談をきっかけに馴染んだお客さまには、こうしたこともします。FPですし)

あとは相続登記1件と新件の労働審判/家事調停/簡裁通常訴訟関係裁判書類作成が各1件、というわけで

登記は そのくらい

とお考えいただければいいでしょう。

司法書士の神様、というのがもしいるならば月末までにもう1件の登記申請がありますように…そう祈ってみたいものです。

連休明け1週間で休める目処は立っていないわけですが(呆然)、せめて上記の仕事の半分くらいに目処をつけられたらステキな仕事が待っています。

5月14・15日、福井までの出張です。大変ありがたいことに、お客さまが宿をとってくださいました。

上記の出張では5月14日午後~夜のみ予定があるほか、15日(特に午後)は出張相談の対応余力を残しています。北陸三県または関西方面京都あたりまでの出張相談に対応しますので、ご興味のある方は当事務所ウェブサイト備え付けの送信フォームからお知らせください。

福井・敦賀・米原・岐阜については交通費を無料とし、周辺各地へは上記の各駅を交通費の起算点とします。相談の料金は2時間5400円で変更ありません。

退職代行業務はいまのところ他の会社や士業が適当にやればいいと思っておりますが、そうした適当な代行業者が受託後に放り出すような給料未払い・会社から実際になされた損害賠償請求・あるいは懲戒解雇への対処等々、裁判書類作成を要する事案は喜んで受託します。

気づけば今日も、お昼抜き

人生初かもしれません。飲酒中に記憶の欠損が生じました。

いささか対応を迷う相談をやってしまった昨日。表通りから折れる細い路地にある、飄々とした店主が営む小さな薬膳酒店でのことです。

お金を払って出た覚えがなく、お財布にはおつりと思われる金員が残存しているのを翌朝気づきました。

さすが薬膳、というべきなのかもしれません。なにか忘れられるならそれも効能、ということでしょうか。

一部始終を見届けたお客さまに恐る恐る照会をかけた結果、いつもは見られない千鳥足を見た、といった程度の報告があり(あるいは真実を告知すべきでない、という配慮かもしれませんが)、一応安心して東京滞在3日目。永田町で設定された午前1件、午後1件の相談はいずれも新しいお客さまです。

Img_20190418_112435

今回の出張では国会図書館での書見時間が2時間ほどしかありません。午前午後の相談のあいだに検索と請求をかけているうちに、午後のお客さまから相談場所到着の連絡が入りました。相談後もなんとなくお昼をとる機会を失って、バスタ新宿に向かいます。

16時50分発のバスに間に合うように高島屋に行くと、ちょうどお弁当のいくつかが見切り品になっているのです。

2泊3日で設定された5件の相談・打ち合わせのうち、裁判書類作成のご依頼につながるものは今のところ2件、来れば受けて立つ、と宣言してあるものが2件、もし全部来ちゃったら着手の際の報酬だけで損益分岐点の半分を超える(笑)そんな感じになりました。事業としては実りある出張です。

あとは来月の出張を早めに設定・公表して同じように複数件のご依頼を誘致できるのか、試してみるつもりです。

記憶はないのですが、お客さまの回答によれば上記の薬膳酒店で店主に再訪を約した…らしいのです。

これで来月その場所に行ったら店が見つからない、といった短編小説風な展開があれば、人生はさらに面白いのですが。

一応は勤勉な2日目の日報

本日の予定は3件。午前中に新たなお客さまとの出張相談を駅前で、午後は継続中のお客さまとの打ち合わせを宿泊施設内で、あとは証明書郵送請求とそのほかの書類発送と補助者さまへの給料支払いを済ませて夕方からは古いお客さまと飲もう、ということで宿から駅の周辺で用事が済むことになっています。この街でなら、なんとか暮らせる(賑やかさの限界がこのあたりにある)ような気はしています。

Img_20190415_163959

郵便局へ行く前にネットからダウンロードした書式をプリントしようと駅前のファミリーマートにでかけたら、なにやら切羽詰まった顔をしてコピー機に向かい合っている中年女性をみかけました。朝から少々お疲れには見えます。

…妙に見慣れた登記情報と地紋入りの証明書の束も見えたので、そっと店を出て駅から離れたローソンに移動しました。

みんな忙しいんでしょうね(うらやましい気もするようなしないような)

なぜか今回の出張では相談時間が延長されます。昨日は1時間遅れて始まった相談が40分延長されて終わり、今日は午前中の相談が1時間延長になりました。

虫の知らせのようなものがあって昨日時点で本日午後からの相談を、13時から14時に変更していたのです。

補助者さまにお給料を振り込んだあと、インド料理か鉄鍋餃子をゆっくり食べるためだったんですが。

この余裕時間がめでたく吹っ飛びましてそのまま午後の相談に突入、こちらは予定通り2時間で終了できてホッとしているところです。

宿から2分の国際通りでは、17時からのハッピーアワーが始まっているはずです。

お客さまは早いと言うのですが…先に一人でスタートしてもいい、と気づいてしまったのです(^_^)v

 

大遅延するバスと空っぽの財布で行く東京出張2泊3日

相模湖って、こんなところなんだ(遠い目)

Dsc_0004

ゆっくりとスマホを構え、写真を撮ってみます。

バスは中央道上り線で、絶賛渋滞中。

さて、今日から出張です(苦笑)

慎重に選んで隣に人がいない席を取り、してやったりと始めた旅は久しぶりに渋滞にはまりました。17時から府中で相談の予定だったのですが、バスは八王子にたどり着いてもおりません。バスそのものは90分程度の遅延が決まった、という日曜の夕方です。

お財布に現金がない、というのも上記と比べりゃ些末ですが一応問題ではあります。夕方からの相談料が現金で受け取れるため大丈夫…ではあったのですがこの遅延。


お客さまには遅れを伝え、相談実施の了解をいただきました。

あとはICカードの残額が尽きないように、府中駅にたどり着くだけです。

訴訟費用額確定処分:請求額は増えるが納得できない補正のはなし

ベランダ菜園に植え付けた作物が、緑に芽吹くころ。

R0010456

裁判所から補正の指示がやってきました。

ちなみに申立書提出の時点ではその作物、こんな感じだったのですが。

R0010423

提出した申立書は訴訟費用額確定処分。3月に出したのですが事件番号は本年第1号、ということで定年退職数日前の書記官氏の手をいささかわずらわせた気配がお客さまの報告から伝わってきたところです。

で、その内容が表題の件。

訴訟費用として請求してよい日数が一日増える、というのです。

具体的にはそのお客さま、判決言い渡しを聞きに裁判所に行きました。その出頭日も、日当&交通費を訴訟費用に算入して請求してよい、そうした指示だったのです。

請求額は増えるしお客さまに悪いことは一つもないのですが…なにやら納得できかねるものがあります。

判決言い渡しの期日は、別に裁判所が出頭を命じた期日ではありません。

逆に、「来なくていい」と口頭弁論終結時に案内しています(苦笑)

権利の伸長もしくは義務の縮減といった訴訟活動にはぜんぜん関係ありません。

だって、そうした活動が終わったあとに判決言い渡しになるわけですから。

強いていえば、判決正本を直ちに交付送達してもらえば郵券1回分を使わずに済む…のですが本件、ちょっと特別です。交通費どころか宿泊費が加算される期日がいくつかある、そんな事案でした。

相手方にしてみれば、コナイデクレと祈りたい…そんな事案のはずです。

補正に応じてはみたものの、釈然としません。国会図書館で何冊かの実務書を読んではみたのですが該当する記述にたどり着きません。

別に担当書記官と話す機会があって聞いてみたところ、そちらで使っている本には(口頭弁論終結後の)判決言い渡し期日への出頭でも日当・交通費を請求可、という記載があるのだとか。

ただし、その発言を得るまえに電話を一回折り返されたので検索しやすいところに載ってるわけではなさそうです(苦笑)

是非はどうあれ請求はできる、と言っている以上、確実にこれを取りに行くには次のようにする必要があります。

●判決の言い渡しそのものは実に詰まらん(主文を読むだけだ)、と理解できているという前提で

○判決期日にも裁判所に行くなら、傍聴席で判決を聞くのではなく原告席または被告席にちゃんと着席し、調書に出頭記録を残す

○原告側では、可能なら判決正本を貰ってくる(予納した切手は余ったら返してもらえる)

これで全面勝訴時には日当3950円と交通費1往復分を、相手へ押っつける訴訟費用として加算できる、ということになります。不当訴訟で訴えられた被告側に全面勝訴が見えた状況下で、しかも原告側に(差押えに馴染む)財産があるとわかっているなら積極的にこうしたことをやってもいいかもしれません。


さてさて久しぶりに当事務所草創期のお客さまからコメントをいただきました。どうもありがとうございました。

福岡の信徒さんにはごきげんようお過ごしでしょうか。この事務所は相変わらず、びーっくりするほど利益の薄ーい裁判書類作成の仕事に首まで浸かっておりまして(好んで飛びついている、と評する同業者さんもいらっしゃるようですが)昔のお客さまには今のすずきしんたろう事務所、どう見えているのでしょうね?僕から見ると、過払いバブル崩壊と前後して士業の質と顧客の質がそれぞれ変わった感じはしています。

双方ともより楽に安直に金儲けを目指すようになった気がする/敵に回した社長たちだけが、昔も今も変わらず黒い(苦笑)

愚痴はさておき、勝ったあとならお客さまと一杯やってもよい、ということもあのご依頼の後で別のお客さまからご教示いただきましたので、機会があれば直接お聞きしてみたいところです。

新造船も就航したことだし、久しぶりに名門大洋フェリーで九州へ、ってご依頼を募集してみましょうか。そうは言いつつ明日から東京出張なんですが。

東京出張の日程が伸びました

今月、最初のご依頼。
 訴訟費用額確定処分の申立書作成(請求額2万円弱)。

今日、新たに身につけたこと。
 ウォーターオーブンによるキャベツ炒めの調理法。

さあ、素晴らしい平成31年度の始まりです!

…あと4週間ほどで終わる気もしますが(苦笑)

もう少しだけ前向きな話題かもしれません。表題の件です。今回の東京出張には、4月14日の日曜日を加えます。都内の滞在は4月14~16日になりました。

ただ、14日の出張相談を要する場合は交通費が増加します(やっぱり前向きな話題にならないようです)

もともと14日の宿泊費を追加していただく条件で追加されたご依頼があり、それに応じるには14日10時過ぎ名古屋発の高速バスで都内に入ればよい、ということになっています。

順当に相談開始は17時頃、となっているため、これよりまともな=早い時間帯に相談を設定するには新幹線を使うのが現実的になり、バス運賃との差額を要します。同様の提案を16日夜間の相談枠を設ける方法として出しているところです。通常はバスで16~17時に東京を出るのですが、新幹線を使えるなら20時台までは引っ張れるので。

ただ、双方ともあまりいい反応はもらえないのです。相談料金が2時間5400円なのに交通費増加が6千円、になるから(苦笑)

で、提案拒否のされようによっては『お前の相談などに2時間12000円など出せぬわ!』と言われているような気分になる、と(憂鬱)

都内の滞在が2泊以上になるときいつも使う府中のホテルはマンションタイプで、洗濯機などの家財道具と少々広めの部屋が特徴です。

あと、少々ゆるめの出入管理も。おかげで男性同士の相談/打ち合わせなら部屋ですればよく、これが最大の利点になっています。

徒歩3分圏内に見切り品の安いスーパーとステキな飲食店街(インド料理店含む)が広がっていることも見逃せないのですが。

そんな定宿の料金プランは、日曜日泊はだいたい5千円~3千円台、月曜日泊もほぼ同額、火曜~水曜日は1万円弱になることが多いように思えます。逆に高速バス運賃は火曜~木曜発が安く日曜日が高いため、宿と交通費がどちらも安い曜日は存在しない…顧客にそんなに甘くない組み合わせ、になっています。

バスの運賃増加は高くなっても2千円程度なので、日曜日~火曜日の滞在日程を1ヶ月前に決めてしまって告知を出し、日曜日の相談枠はご依頼を伴う方か宿泊費を負担していただける方のために最後までとっておくのがよさそうな気がしています。そんな助言をいただいています。

来月あたり、試してみたいと思っています。今回の出張ではすでに出張旅費を補うだけの売上げがあるので、来月一回くらい空振りしても大丈夫でいられる自信があります(虚勢)

年度末兼週末の駆け込み(4月の東京出張日程が決まりました)

3月も半ばになって、気づいたのです。

年間12時間=12単位とっていなければならない業界団体の研修単位、まだ3単位しか取ってない、と(唖然)

とは申せ、便利な世の中になりました。ネット経由で配信される研修だけで単位を充足できる…と気づいて以来、地下鉄でわざわざ出かける気が失せてしまったのです。

受講状況。

Photo_1

あ、ぼく開業15年にはなりましたが、改めて民事訴訟の基礎もいいかなー、と(遠い目)

そんな努力の甲斐あって、ここ数日で無事に単位を…いえ受講を終えることができ、それを追いかけるように今日、新たな労働審判手続申立書文案の作成も終わりました。

もう一つ、Yahoo!トラベルでの予約にポイントを多めにつけてくれるキャンペーンが今日まで、ということで。

東京出張の日程を決めました。4月15・16日、都内に滞在します。

15日は予定が入っています。16日午前中~昼過ぎまで、宿泊地である京王線府中、または永田町付近での出張相談が可能です。

対応可能な分野は裁判所提出書類作成のほか(研修は研修、実務は実務ですので経験を重視していただければ、と思います)、労働紛争労働者側、山林その他不動産の相続あるいは登記など、です。相談料金は2時間5400円で変更ありません。ご興味のある方はお問い合わせください。

費用が増加しますが、14日の日曜日も対応できるかもしれません。数千円の費用増を諒とするか相談料金が2倍になったと認識するかは人それぞれなんですが、相談後にご依頼が伴う場合は増加する滞在費を請求しなくていいようにも思えます。

東京への出張については来月以降、もう少し計画的に出張日程を入れられないか検討しているところです。たとえば5月の出張が現時点で決まっている、といったような感じがいいのかもしれません。

これは決して、直近の出張で府中にいい飲み屋をいっぱい見つけたから、ではありません。正確には、おでん・串カツ・焼き鳥・薬膳・インド料理・洋食のお店各1軒がが少々気になっているだけです。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック