カテゴリー「旅行書士 業務日報」の記事

ちょっとしたお使いで見たもの

ちょっとしたお使いで見たもの
乾坤一擲の大作戦から、ちょっとしたお使いまで。

東京出張に乗っけてくる用事は実にさまざまです。

今日は後者のほう、お客さまには所定の相談料金プラス数百円のご負担をいただいて、裁判所に調べものにやってきました。

ついでに開廷表を見るのは半ば習慣ですが、なにやら殺伐とした情景が隣で繰り広げられているのです。

このところ増えている印象があるのは、東京・名古屋・大阪といった大規模庁で開廷表を書き写す人。

多くは罫線をプリントアウトした表に事件番号や当事者名、事件名などを書いています。
法廷がどこかは書かない人が多く、刑事と民事では民事のほうが多い、調査員たちにはそうした傾向があるように思えます。

で、そんな調査員らしい初老男性が民事26部以降の開廷表を写していると、後ろから分厚いバッヂを佩用した初老男性が声をかけました。

ちょっと開廷表を見せてほしい、と。

調査員、あっさり拒否って曰く「(書き写すのは)仕事だから」と。

民事25部までの開廷表を見ながら、意識が遠くなってく僕。
それが仕事というなら、職業に貴賤はあるだろうさ(嘆息)。

調査員、後ろで男性をまたせてさらに開廷表を書き写し、平然と立ち去りました。

…期日を控えていたはずなのに、お行儀よく順番を待った弁護士さんに同情したくなりました。当ブログでは極めて異例ではありますが(苦笑)
いっそ金だらいか何かで後ろから殴ってくれてもよかったのに。

ああいうダメな素人が何か問題起こしたから東京地裁の開廷表から代理人の表示が消えた、なんてことはないはずですが…そのうち網羅的な検索を阻止する方向に表示が一層制限されるのではないか、そう心配になってしまいます。僕が意地悪な担当者なら、事件番号と事件名だけロビーの開廷表に出し、あとは当事者名を入力しないと表示しない検索端末でも導入させて「個人情報の保護に配慮した」と詭弁を弄して予算を分取る策でもめぐらせます(笑)

自分の仕事が(特に、他人が改廃できるシステムに依存するタイプの仕事が)当然にそこにある、そう思いこむのはいかがなものか、そう思わされる一件でありました。

余裕たっぷりのバスで往復する中央道の旅

余裕たっぷりのバスで往復する中央道の旅
いいタイミングで、ゲラ刷りが来た。
残り休憩時間でダウンロードした。

…さっそく突っ込みを入れてみた(笑)

さて、東京出張です。
いつも通りに空いてる新宿行きのバスは談合坂SAまでやってきました。いっそこのまま乗り込んで口頭で修正希望を伝えられれば楽なんですが。

キーボードを持たずにタブレットPCだけ持ってきたのは失敗だったな、とおもいつつ、PDFに目を通しています。

東京での作業はさておいて、行数がオーバーフローせずに差し替えできる案文を考えつかないと…

今夜のお酒が美味しくない気がしてなりません。

東京出張の日程が決まりました

今週は、どうやら予定が入る週のようです。電話や来所や出張で、相談やら調査やらが入っています。

その前に執筆が終えられる、と見切れたところで東京出張の日程を決めました。5月31日・6月1日の1泊2日にします。うち半日はちょっとした調査に使います。

例によって夕方以降は、お客さまとの会食がセットされています。夜間の相談には対応できず、ご要望があれば延泊するか検討します。日中は国会図書館周辺で相談・打ち合わせの余力があります。出張相談の料金は2時間5400円で変更ありません。

登記のご依頼がいいな(さすがに関東からは滅多にない)という点も変更ありません(残念)

普段は裁判所提出書類作成・労働者側での労働紛争に関して出張相談をお受けしています。ご興味のある方はお問い合わせください。

空いた時間は調べ物に使おうと思っています。雇用保険・社会保険の、主に被保険者資格の取得と喪失に関する審査請求に興味があります。

僕の事務所では社労士として扱うこの分野、労災・厚年の障害等級に関する審査請求を扱う事務所のウェブサイトはよく見かけるのですが、雇用保険の審査請求を扱うと標榜し、しかも報酬を明示しているサイトはあまりないように思えるのです。

あまり成果が挙がらない=お金になりにくいから、ではないと信じています(遠い目)

そうなると、やると言ってみたくなるのは人情というもの。簡単なページを一つウェブサイトに追加して、検索エンジン対策を始めようと思っています。あとは今後何回かの出張で、審査・再審査請求関係の裁決事例が探せるといいのですが。

東京出張の日程調整をはじめます

毎年7月に更新している労働保険の実務書を、少々早く裁断機にかけました。

そのままスキャナで電子化しOCRにかけたエセ電子書籍をタブレットに仕込んで、明日の大阪出張の準備完了です。

明日は、おそらく一年ぶりの純粋社労士業務(というのは勝手な造語で、社会保険労務士の資格だけで完結する相談・手続きのご依頼を指してこう言っています)の相談で大阪へ出かけることになりました。

月末に予定している東京出張の日程も、そろそろ調整をはじめます。候補日はいまのところ5月24・25日か、5月29~31日のうち連続する2日間です。

ただ、先月は登記のご依頼があったために日曜日に出張面談を設定し、日曜日~火曜日の出張をおこないました。今月も、登記のご依頼がある場合は5月28日も対応可ということにできます。この日程の組み方は結構便利で、日曜日に関東へ移動・面談して書類収集が必要なら月曜日から開始してしまえばいいようです。

出張相談も例によって対応可能です。料金は2時間5400円で変更ありません。出張日の交通費の起算点は東京駅とし、国会図書館内を相談場所にできる場合は交通費・日当は不要です。

甲信越・東北からのご依頼も歓迎です。季節もいいし。

妙な心の声が漏れたかもしれませんが、東京より遠くを目的地とする場合は交通費を別に見積もります。

出張相談としては労働紛争労働者側で裁判所提出書類の作成のご相談が多いのですが、その他の分野の本人訴訟、あるいは社会保険労務士の資格だけで完結するあっせん申立書類作成・社会保険審査請求あたりのご相談にも対応します。

それぞれご興味のあるかたはお問い合わせください。

大阪出張の日程調整を始めました

当事務所では毎月1回東京への出張を行っているほか、大阪までは月1回、「出張する日程」を設けています。

ご依頼がなければ中止するがこの日程でご依頼がある場合は交通費日当等が若干安い、そんな関西への出張候補日。今月は5月14・15日いずれかとしていたところ、このたび5月15日で実際の出張日程の調整をはじめました。

いまのところ大阪市内で午前中から昼過ぎまでは最初のご依頼に対応し、以後は余力がある、という感じになりそうです。出張相談・ご依頼対応のための打ち合わせはこの日程に連続するかたちで可能とし、実施の場合の交通費の起算点は大阪駅となります。

九州や山陰からご依頼がほしいですが(冗談です。半分だけ)、もちろん大阪以東からのお問い合わせにもいつもどおり対応します。

出張相談は料金2時間5400円です。大阪駅以外を目的地とする場合、大阪駅から目的地を通って名古屋までの片道分の交通費を別に見積ります。相談料金と交通費以外の費用(日当など)は、5月15日の実施であるかぎり必要ありません。

ご興味のある方は、5月12日までにお問い合わせください。もうお一人のご依頼があれば、当初のご依頼をくださった方の交通費を片道分に縮減できるんですが…まぁご期待はなさらないで、という状況です。

調べ方を調べ直す件

月曜日からの二日間を、国会図書館での資料収集に投じることができました。仕事があまりない、というのも決して…決して悪くありません(強弁)

調べ方を調べ直す件

今回は、ある県の山奥の村の電話帳を閲覧・複写していたのです。昭和39年から昨年まで10年おきに。あとは、その村の人口と世帯数の推移も。

問題意識は登記のほうに向いています。
といっても僕が儲けるほうには転がらない話しです(苦笑)

過去の電話帳を「世帯ごとにコーディングされた、世帯主とその住所の公開データベース」と考えることは出来ないか、をちゃんと調べてみたかったのです。

これを上手く使えれば、「現在の」住民票では追えない土地所有者の調査に役立つのではないか、そう考えています。

過去の電話帳は国会図書館以外にはまとまった所蔵がないため、新たなコンテンツを作って調査方法を体系化すれば地方にお住まいの方からなにかご依頼が来ないかな、という期待はもちろんあります。

帰りのバスは16時10分発の中央ライナー3号にして、いつも通りの空いてる車内でお弁当を広げます。まずまずの成果を得られた、ということで一品追加して、崎陽軒のポケットシウマイを加えました。

東京出張のたびに調査のご依頼がくるようになったら、帰りのお弁当にお酒をつけるのですが。

調べ方を調べ直す件

昔の超特急で行く旧東名高速道路の旅

お客さまに送る書類をポストに入れたら、荷物が少し軽くなりました。

昔の超特急で行く旧東名高速道路の旅

千種駅前8時49分発の超特急東京行きを選んだのは、夕方から横浜市内で面談があるからです。

種別は超特急、とはいえ愛知・静岡・神奈川県内で客扱いを繰り返すこの便。名古屋を出たら霞ヶ関まで止まらない便より時間がかかるため空いていたらいいな…と期待しつつ、日曜日の朝のバスがそう空いてるわけもない、と考えて廊下側に席を取っておいたのです。

ところが。
名古屋インターを出た時点で10人ちょっとしか乗ってません。僕の席も、隣の窓側どころか前後の席も空いたままです。

僕は東京出張時、景色はいいがさらに時間がかかる中央道経由のバスを選ぶことが多いのでしばらく乗っていなかった「遅い超特急」、こんなに空いてるならもう少し使ってみたい気がしてきました。

これまた久しぶりに入った浜名湖SAは、日曜日というのに駐車場が3分の1も埋まっていません。新東名が無かったころの週末は、バスが休憩で入れないこともあったのに。

昔の超特急で行く旧東名高速道路の旅

どうやら東名高速そのものが、旧街道と化していたようです。まぁ、僕はのんびりできていいのですが。

県外のお客さまとの面談のために…

交通費の予算請求もあっさり認めていただいて、やってきました名古屋駅。東京方面への新幹線を待っています。

Dsc_0025

当事務所では、登記申請書類・裁判書類の作成についてお客さまと直接面談しています。

※ときおり、抵当権抹消全国一律●80円全国対応、とかやってみたくなるのですがそれはさておいて。

で、今回も県外のお客さまからご依頼を受けることになり、今回も面談が必要だ、と申し上げたらこうなった、と。

目的地はここです。

入場券を買って、名古屋駅新幹線改札口を入ってきたところです。

お客さまは西の方から名古屋を通って東の方へ行かれるのです。たとえば京都から横浜、とか、鹿児島中央から新函館北斗、とか。まぁそんな感じで新幹線を使われます。

で、僕はお客さまと事前に調整していったん名古屋で降りてもらい、本人確認だけ先に済ませてしまえば所要のクオリティで面談と本人確認書類の確認が済み(何せ、直接面談してるわけですから)、お客さまには名古屋市内への訪問と同じ費用で対応できる、ということになっています。

鉄道ファンには常識(で、普通の人にはどうか不明)な制度として、新幹線特急券は「改札口を出なければ」特急料金を通算して乗車を続けられることになっています。その気になれば有人窓口で、京都-名古屋・名古屋-新横浜に乗車区間と列車を分けた指定席特急券を料金通算して出してもらうこともできたりします。

ですのでお客さまを途中出場させない、というルールを守れれば=僕が改札内に入ってしまえばいい、ということでときおりこうした対応をすることがあります。

この場合、僕の訪問目的地は名古屋駅、つまり名古屋市内なので、事務所外への訪問にかかる料金として3240円と交通費(地下鉄運賃と入場券)を申し受ける、ということになっています。出張相談は難しい、かもしれません。新幹線の入場券は発券から2時間有効なので、当事務所所定の「2時間の」有料相談をめいっぱい行うことはできません。

今回のお客さまとは初顔合わせ、ということで待合室内で1時間ちょっとの打ち合わせと雑談を終え、ご依頼を進める方針を確認したところで…お土産をいただきました。

Dsc_0029

まさかこれって、これあげるから

  • ワタシに貴方のお供をせよと?
  • で、これから始まる鬼退治に随行せよ、と!?

一人で勝手に盛り上げて、まぁそこまで紛争性の高い案件じゃないよね(笑)と勝手に納得してブログへの掲載許可をいただいたところです。

成果が上がれば「ええのん」を

出張相談は予定より延長して昼過ぎに終わりました。

2時間ほどある自由時間で、ランチのお店を探したいのです。(お値段が)観光地らしくないお店で。

先日出張した、京都でのこと。長ーいアーケードと「さんじょうかいー商店街♪」のBGMが名物らしい商店街にやってきました。下調べはしていません。いいお店がありそうな気がしたから。

Dsc_0034

東西方向へ一直線に伸びるアーケード沿いのほかに、直交する路地をのぞき込みながらゆっくり歩きます。

何回目かにのぞき込んだ南への路地に、なにか気配がしたのです。

Dsc_0032

…わかります?道が左に少し曲がるあたり。

忍び足で近づくと(別に悪いことしてるわけではないのですが)小さな黒板にメニューがでています。

五島うどん定食、600円。しょうが焼き定食、800円。ランチは高くても、1000円。

そうだよね。こうでなきゃいけないよね。ポルタに並んでる店のランチ1500円とか1800円とかいうのはあれ、何かの間違いなんだよね、と安心します。長崎で見かける細めの麺=五島うどん定食があるのも気に入りました。

…失礼ながら、京都地裁の食堂のほかに初めて京都でふつうに入れるお店を見つけられそうな予感がします。

さらに気配を殺して玄関に回り込むと(当然、悪いことしてるわけではないのですが)優しげな桜色ののれんがかかっていて、中の様子は不明な京町家。

お店の名前、不明です。看板どこ?(苦笑)

とはいえ値段が出ているのだからそう悪いこともあるまい、と腹をくくって引き戸を開きます。

中はブラッシュアップされた町家、というべきでしょうか。5席ほどのカウンターと2卓のテーブル、厨房には色白で黒髪で笑顔でショートヘアの眼鏡ッ娘…というよりは若干オトナな店主さま、広がっていたのはそんな小空間です。

なんかこう、都合よすぎな気がしてきます。千円でおつりのくるランチを求めて、駅前の地下街から逃れてきた身としては。Before&Afterを売りにするリフォーム番組を見てるような。

店外の黒板とおなじメニューは、ちゃんと置いてあります。

こういうときには、正体不明なものにトライするのがお約束です。二品のおかずとサラダ、おばんざいが盛り合わせてあり食後にはデザートとドリンクがついてくる、というプレートごはんを頼みました。

20170413_130938982

奥には小上がりがある模様。カウンターの端で食事を終え、ひとりスマホをいじっていた男性はやがて小上がりに消え、気配すらなくなりました。

他にお客がいるでなし、静かな…静かな昼下がりです。

やがてお年を召した女性が1人でふらっと入店、エビフライ定食を注文します。地元の人たちのやりとりが始まりました。

車庫だか物置だかの屋根が吹っ飛んだ、それは大変だよね直そうか、とか、そんな心温まる街の話題(笑)

どこかの食堂に入ったというより、どこかの家の居候になって台所の隅でご飯食べさせてもらってる気分になってきました。

ま、それもいいか。あちらのエビフライも美味しそうだし。

安易に広めるのはもったいない気がするこのお店、夜の献立もなかなか個性的です。

お酒の部。黒板に記載のとおり。

20170413_131223272

隣の隣のおかずの部、上から三段目のメニューは何か、これは尋ねずにはいられませんでした。僕はもう1人の入店者に配慮して、上記の表現で聞いたのに。

「あ、ばばあの唐揚げですね?」

ここ何日かで今年も入ったのだと嬉しげに説明をはじめた店主さまによれば、容貌が個性的らしい(顔マネをしてくれました。キュートです)白身の深海魚、なのだとのこと。名古屋ではお目にかかれない料理です。

お酒のグレード区分についても聞いてみたいのですが、これは次来れたときのたのしみにしましょう。この人は、実に楽しげに仕事をしておられます。

この出張相談がご依頼につながり、そこで成果が上がれば、日帰りせずにここで「ええのん」にトライするのはなかなか楽しそうです。

帰りは路地をジグザグに折れながら、四条烏丸まで戻ることにしました。

Dsc_0035

旧字体のホーロー看板も気になりますが、おばんざい3品ビール1杯980円昼からOKなほろよいセットのお店にも惹かれます。

観光地と観光地価格の店と満員の路線バスとまっすぐ歩かない外国人と固まって歩く修学旅行生から遠ざかれば…路地、楽しいじゃありませんか。


さて、次の出張日程が決まりました。4月23~25日、横浜・東京です。

いまのところ出張相談の余力は4月24・25日、昼間に残っています。宿泊場所の関係で、4月24日午前中は横浜駅周辺で相談可、それ以降は東京駅を交通費の起算点とします。国会図書館内での相談も、例によって可能です。

もともと23日にご要望があった打ち合わせに対応する出張なので、23日は夜間を除いて対応余力がありません。

それに、同日の夜は横浜でいい路地を探したい気もします。

言い訳しながら、名残の花見(さらに西へ)

慎重に座席を選んだおかげで、今回も隣に人が座っていません。庄内川を渡ったことすら気付かない熟睡で、名神多賀までやってきました。滋賀県内もいいお天気ですね。

言い訳しながら、名残の花見(さらに西へ)

強調しておきますが、仕事です。

言い訳しながら、名残の花見(さらに西へ)

もう一つ言い訳を加えるなら、いま進行中の来月号の記事作成事件は作業日程を繰り上げ、本日4時に第一次の指摘事項27個余りの提示を終えています。

…誰かいじめてはいないか、という質問にはお答えしません(遠い目)

さて、主観的にも客観的にも理想的な状況を作って乗り込んだ名鉄バスセンター 7時発の京都行き特急は現在20分ほどの遅れ。約束の相談開始時刻に余裕を残して京都に着けそうです。

今日も日帰りの出張になりました。出張相談が終わったら、少し京都市内で時間が取れることになっています。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック