フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

久しぶりに不満を書いてみた…が

商業登記をご依頼になった、東京のお客さまからのご連絡。
書類のPDF化がうまくできない模様です。

スキャナの設定を呼び出して明るさ低め、コントラスト高めにすれば文字が薄いものをスキャンできる、と述べたのですが書類の原本がこちらにくることになりました(愕然)

相続対策を検討中の、福井のお客さまからのご連絡。
動画のファイルがうまく閲覧できない模様です。代替機材の貸与要請も入っています。

とりあえず問題の機材を明日ご持参いただき、支障の内容を検討するよう手配します(憮然)

裁判書類作成をご希望の、兵庫のお客さまからのご連絡。
音声のファイルがうまくクラウドにアップロードできない模様です。

こちらは徐々に解決には向かいつつあります。問題は反訳書作成の料金設定をあきらかに誤った状態で、事務所が数日完全に停まるほどの音声ファイルがこっちにきていること(呆然)

依頼人に告ぐ!

ここはPCの
ユーザーサポートじゃないぞ!

これでも…これでも司法書士事務所なんだよう(膝を抱えて泣くふりなどしてみる)


不満を述べてみたつもりなんですが、なんだか可笑しい気がします。

そんな個人向け事務所の夜は今晩、ちょっと不快指数が高い気もしていますが。

いま、別件の遺産分割協議書発送準備ができました。福井のお客さまに渡す代替機材の確保を断ってよければ(経緯や状況によっては断るぞ、という意味も含めて書いてます)、今晩も4時間は寝られそうです。

6月12・13日、福井出張の件/受付停止の予告

さすがに水曜日の出張を日曜夜に告知して出張相談希望者は出てこないだろう…とは思うのですが(もちろん、これでご依頼があったらさぞ楽しかろう、とも思うのですが)表題の件。

6月12・13日、福井までの出張を設定しました。13日午後は名古屋での用事が入っているため、同日お昼まで福井にいようと思います。

出張相談は6月12日の日中、岐阜~福井間で可能です。料金は2時間5400円で変更ありません。分野は山林の登記全般・不動産の相続その他名義変更・民事関係裁判書類作成および労働紛争労働側、などとなっております。

ご依頼がなければ名古屋から福井へ高速バスで行くのが今後しばらくの間はおきまりのパターンになるはずです。

この出張、前回出張したときと同じお客さまのために設定するものです。

実は前回の出張のほうを自腹でやるつもりがお金をいただいてしまいまして、その分を吐き出してみようかな、と考えているところなのです。ごくまれにこうした鷹揚な予算配分の方がおられまして、そうした方にはこちらとしても何か還元したい、とは思ってしまうのです。

もう一つの件。

この連休でいくつかの問い合わせ打ち合わせ不仕合わせ(あ、最後のは冗談です)が入りまして、そのうち一つか二つが民事関係裁判書類作成のご依頼になりそうです。

そうなった時点でいったん、新しいご依頼の受付を停止します。期間は1週間を予定しています。本日までに問い合わせ等をいただいている方については平常通りに受託しますので、どうぞご心配なさいませんように。

6月の受託状況

先日の出張、大変気分よく帰ってきました。翌日の朝が上天気だったせいもあるのですが、

R0010523

先頃購入した帽子、お客さまに似合うと言われまして。

他にお聞きした僕と僕の事務所への評価はさておき、上記の一言だけでもう多少の難件でも受けます(笑)

ただし僕は聖人君子でも庶民の味方でもないので、その前に僕の帽子を「似合わない」「帰ろうと思った」と言ったお客さまがいやがった反動は相当あった、ということは申し添えます。

お話しを戻します。この件が加わって、今月作成を開始する裁判書類は労働審判・民事調停・簡裁通常訴訟の訴状・家事調停各1件ずつ。先月から作業していた書類たちの出荷が昨日までに終わり、上記4件のうち作業開始できるもの=報酬と書類が到着済みのものは1件だけ、ということで今日はちょっと操業度の低い一日を過ごしておりました。

あ、不動産登記は今月の新件、もう2件あるんです。

お話しを戻します。先日見た業界団体の統計によれば、年間60件=月間5件、コンスタントに民事関係(破産など債務整理関係を含むが、家事を除く)裁判書類を受託していけば当事務所は民事関係裁判書類作成業務において、本県業界内でシェア10%を目指せる、ということです。

はるかな目標として、意識している数字です(案外現実的なんじゃないんですか、という期待混じりの声が、登記より裁判事務がお好きな誰かさまから聞こえてきそうな気はしています)

とはいえ僕のところは結論の見えきった破産や民事再生などやらない(あ、正確にはご依頼が来ないだけです)し、ほんとうは裁判書類作成にタッチしちゃいけない他士業さんたちが記帳代行や内容証明作成(あ、特定の他士業を指してるわけではありません)のついでに受けてるらしいテンプレート的な支払督促申立書も作らない…んで受ければ受けるほど前途に壁が立ちはだかるわけですが、それでも今年上半期はわりと順調だ、とは思っているところなのです。

ちなみに、今日。お客さまから連絡が入りました。現在書類を作成している簡裁通常訴訟、地裁に裁量移送されるとか。

これって僕の受託件数、地裁簡裁各1件とカウントしていいのでしょうか?

まぁ、そんな姑息な数え方をしなくてもよさそうな気はしています。仕事受けてるよ受けてるよ、と言い続けることで仕事は来てしまう…というのはみんながやらない仕事では、ありがちなことだと思えてきました。

明日も、新たなお客さまがやってきます。もちろん民事関係裁判書類作成のご相談です。

楽しい話題:令和最初の会員特典とその使い道に関する件

今日やってきた業界団体からの送付物。内容品の記載に目を疑いました。

賞状

心当たりがない、という日本語がこれほどよく当てはまる状況も珍しい、のですが荷主は業界団体、宛名は僕になっています。

さらに重要なことには、商品代引きではありません。送りつけ商法とは違う可能性が高いです(笑)

内容物がなんであれ少なくとも今日のブログのネタは決まりだし、うまくやれば当ブログの題字の下に書く毎月更新する文章にも使えそうだ=一ヶ月はこのネタで持たせることができるかも、と喜び勇んで開封します。連絡書が入っていました。

貴殿に会長褒章が授与された、と書いてあります。ますます心当たりがありません。

Dsc_0008

一体どうしてこんなことになってしまったのでしょう?

会則規定集を検索したところ、『15年間会費を払い続けブログを炎上させたりせず大過なく過ごせた会員には、だいたい全員にプレゼント』と読み取れる規定が転がっていました。

※もちろん条文はもっとお上品に書いてあります

なるほどこの要件には僕、当てはまっていそうです。昨年8月で社労士としては開業15周年を迎え、ブログを炎上させずに定時総会の時期を迎えましたから。

さて、ではこの感謝状、どうしましょう。僕が制度の円滑な推進と会の発展に寄与した、とか書いてあります。

ほぼ労働者側でネ♪とかいう文言があぶり出しになっている、ということはなさそうです。ならば。

こいつを適当な額縁に入れて相談室に掲げたら、それだけで優良誤認の効果を誘えるかもしれません。

もし初見のお客さまにあの感謝状は何かと聞かれたら、ニヤリと笑って

ああ、僕にもいろいろありまして。人に言うことでもないんですが(遠い目)

とか言ってやったらあとはお客さま方が適当に誤解してくれそうな気はします。僕はウソは言ってません。

そうしたわけでこれから活用法を見いだしていくことにしたこの会員特典、妙なことにカネかけてんじゃねぇ、と怒ってゴミ箱に直行させるよりはよほどよさそうに思えます。先日やってきた○周年記念の記念誌はそのままビニール紐でしばってしまいましたが。

まぁ会の運営ははたからみているだけですし、こんなことでいちいち怒ってもしょうがない…とは思えるようになりました。最近読んでいる、アンガーマネージメントの本のおかげです。

Dsc_0009

寝酒には、少々濃いめのリモンチェッロを用意したところです。

 

いつもより高回転で、という目標(電動アシスト自転車で巡る名古屋市内の昼下がり)

12時40分に今池で、お客さまとランチミーティングの約束が入っています。

さてどうしようかな、と考える11時過ぎ。そのあとは適当な区役所で相続登記の戸籍を集め、熱田にある法務局出張所に登記申請書を出してくる必要があります。つまり用事は3箇所。

お天気が悪ければ地下鉄1日乗車券740円で4回乗車して元を取る、で決まりです、が。

先月末からあれこれと始めたダイエットが徐々に奏功しており、今週は数ヶ月ぶりに63kg台の体重を見ることができました。お昼は食べるのですが晩飯少なめ運動多めにしたい、ということで。

自転車で行ってみよう、と思い立ったのです。

調べたところではgoogle mapでは野並から今池までは約9km、自転車でのルート案内はしないと言われてしまいました(苦笑)

NaviTimeのウェブサイトでは対応しており、所要時間42分と言ってきています。問題があるとすれば、電動アシスト自転車のバッテリーの充電がまだ終わっていないこと。バッテリー残量70%で11時40分、出発しました。

公称ではたしか満充電で60km超走れるはずで、総行程25km程度であれば余裕なはずですが…まずはアシストをあまり使わないよう、いつもより高回転低トルクでペダルを回していきます。スポーツ車ではないので巡航速度は20~24km/時といったところです。

今池の駐輪場には12時27分着。所要時間47分での到着となりました。

Dsc_0037

 

その後は熱田区役所を経て法務局熱田出張所を回り、乗車時間合計130分ほどで事務所に戻ってきています。

Dsc_0040

ちなみにこの区間、全部自動車で回ると移動時間合計で90分弱かかるのだとか。地下鉄の場合は、車/自転車ならいい位置にある熱田の区役所が使いづらく、栄のサービスセンターか瑞穂区役所を使う(下車箇所を増やす)ようにしても120分程度かかりそうな気がします。

もう少し積極的な走りを実現できれば、自転車でも案外実用的な時間で用事がこなせるのかもしれません。

1297:563(または、現在約4%のシェアについて10%を獲りにいく可能性の検討に関する件)

今年も業界団体の定時総会資料が送られてきました。

毎年注目している、会員への苦情一覧とともに(苦笑)

冗談はさておいて。衝撃を受けたのが表題の数字です。本年4月1日時点で愛知県会の会員数は頭打ちになって1297名、昨年1年間の裁判書類作成関係業務(民事事件)の受託件数が563件とされています。

ちなみに前年は815件、過払いバブルの余韻が残っていた平成26年が1124件で、27年以降は7~800件内外で一応安定していたのが今回、600件を割ったという状況です。家事事件の件数は別に計上されているため、破産やら個人再生といった債務整理関係の裁判書類作成を含んでもこの数字。

今日はハーゲンダッツのアイスクリームとスイートポテトをお持ちになって出勤された補助者さまとの話題は当然、これで決まりです。

彼女が着任して11年、当事務所の民事関係裁判書類作成業務は業界団体内で約4%のシェアを占めるにいたったぞ、と。

周りの状況が勝手に変わったおかげで、だけど(失笑)

ここからさらにひどい想像は成り立ちます。

会員1人あたりで割れば年間0.43件、とはいうだけ野暮で実際にはこの業務にタッチしていないところと数件から二十数件あるいは三十数件あるいはそれ以上(これでシェア5%超。あはは)、といった一応は日常的に裁判書類を作る事務所に絶対分かれるはずだ、と。

妄想は膨らみます。

今年に入ってからだいたい毎月3~4件ずつ新たなご依頼はあるので、これが月5件に達すれば年間60件。

つまり、シェア10%も夢ではないのではないか、と。

補助者さまにはいつにもまして、ご機嫌うるわしくしておられます。本職にはさらなる奮励努力を期待しているご様子ですが。

なにしろ彼女は、裁判事務に関与する事務所を探して当事務所への応募に至った方なのです。

そんな話題で盛り上がっているところへ、お客さまから連絡が入りました。

今週から着手予定だった家事調停2件、キャンセルですって(゜◇゜)ガーン

申立書作成前に僕が授けた策(詳細は当然ヒミツ)が奏功して申立不要な状態が実現しちゃった、ということでお客さまからみれば戦わずして勝ったといっていいはずなんですが。

2件 ぼくの2件んんんん(泣)

僕が身悶えしていると、隣の部屋で補助者さまがなにかをバッグから出して棚に並べだしました。

Dsc_0025

  • 聞けば先週、僕が彼女のご親族関係の相談に応じたことへの謝礼である、と。
  • 旅する、ってのがこの事務所らしかろう…と!

あっさりと機嫌を直したところへ20時からの労働相談のお客さまがやってきます。ひとしきり相談を終え、どうやら新件の裁判書類のご依頼になりそうだ、ということでまず一本、ピーチアモーレの缶を開けました。

愛があるかは不明ですが、気分は悪くありません。

カタログギフト初体験:選択に迷ってみる(10連休だから ⑨)

先日のこと。この冬に不動産登記のご依頼を受けたお客さまから小包が届きました。伝票には僕の望むものが書いてあります。

ビール

ですって(^o^)/

やれ嬉し、と袋を開けると、お手紙のほかに板状の何かが入っています。

お手紙によればその板状のものは箱で、なかにはカタログギフト…のカタログが入っている、と。

どういうことでしょう?僕はこの冊子をプレゼントされたということでしょうか?

というのは大錯誤でして(失笑)、脇で執務していた2級ファイナンシャルプランニング技能士さま(当ブログのいつもの登場人物と異なるかどうかはコメントしません)が説明を加えてくれました。

  • それはカタログに記載の物件から好きな物を選んで取り寄せるものだ、と。

ここから先が2級FP技能士の真骨頂なのでしょうが、

  • 記載物件を精査すると、物件の平均価格帯が想定できるはずだ、と。
  • さらに精査することで平均価格帯を超える価値がある物件を発見できる、と。
  • よって権利者は、その物件に買い注文を入れるとよいのだ、と。

なるほど、それはつまり裁定取引をせよと(違うってー!)

さすが結婚式等で場数を踏んでるFPは違うな、と一人勝手に納得して、連休最後の夜。見たこともないカタログのページをめくってみます。

不動産登記のご依頼でここまでの贈り物をいただくのも初めてのことですし、ずっと長く使えるものを選ぼう…ということで。

万年筆とか腕時計とかは一顧だにせず、鉄製のフライパンに見入っているところです。

Dsc_0002

これなら手入れに失敗しなければ(というより、失敗しても削ってしまえば)一生つきあっていけるはず。取っ手が外せて直火にかけられるのであれば魚焼きグリルとウォーターオーブンでも使えるし、万一のときには鈍器としても十分な能力を…あ、ウソです。僕はもう少し大きな炒め鍋をすでに保有しています。

一体どんな仕事をすれば鉄製フライパン、いえカタログギフトが贈られるようになったのかを守秘義務に反しない範囲で申し上げますと、同様な登記申請を2回連続でやらねばならない案件がありまして、初回は迅速さが求められたため僕が申請代理し

2回目はご自身でなさったら

と提案し支援した、そうしたら順当に完了なさった、めでたしめでたし、といったことがあったのです。

あとはその管轄法務局の周りに、観光地の土産物屋のような料金設定の事務所があったようななかったようなことも若干影響しているようないないような気はします。

さて、休みなき10連休がようやく過ぎ去りました。明日から郵便局で定額小為替が買えると思うと喜びの涙がこみ上げてきます(ウソ)

連休中に作らねばならない裁判書類はなんとか発送できるようになりましたし、明日は登記の仕事をして過ごすとしましょう。

真面目にやってればまた何年後かに、いい調理器具が入手…いえステキな贈り物をくださるようなお客さまに会えるかもしれません。

正直に言うと、お肉やバスタオル、そうでなければ非常持ち出し袋なんかもよさそうだったんですが(笑)

ここまで書いてなお信じていただけるかどうかはさておいて、添えられていた手書きのお手紙は補助者さま(カタログギフトの活用法に一家言あるらしい上記2級FP技能士との異同についてはコメントしません)と共有し、嬉しく拝見いたしました。

中華な通販サイトに惹かれてみる(10連休だから ⑦)

ドローイングロボットが欲しいと思っているのです。

僕がまだこの国の士業に夢や希望やあこがれをいっぱい持っていた…土地家屋調査士の補助者として仕事をはじめたばかりの20年前(苦笑)脱サラで開業した本職の家にはA2判のフラットベッド式ペンプロッタがあり、それは新品で百数十万円したと聞かされました。

※かんたんにいうと、ドローイングロボットは紙を固定する部分がないXYプロッタ…らしいです。

それから時は流れて、十分に直視できるようになった現実のなかには士業の実情云々のほかに『中国製の適当なドローイングロボットなら、どうやら数万円で手に入るらしい』というものも含まれています。

ふつうにUSB接続できWindowsから適当なドローソフト経由で描画を制御できるドローイングロボットを、ペンプロッタとして使えないかと考えているところです。

…もともとはMAXのBL-80が中古でも高いな、あれだと文字しか書けないわけだし、というところから始まった発想ですが。

あれこれ検索するうちに、適当な中国企業が作ったものならさらに安かろう、それこそBL-80の中古をヤフオクで探すより安そうだ、ということがわかってきました。

もう少し検索すると、これまでアカウントを持っていたeBayよりはさらに怪しい(という表現にはきっと語弊があるのでしょうが、日本語圏の人からみれば大なり小なり怪しく見える)中国系の通販サイトで購入するともう少し選択肢も増えそうだ、ということがわかってきたのです。

そうしたサイトの一つが明らかに日本向けのキャンペーンを張っています。5月上旬まで機種限定14%引き、とか。

さらに、信じていいなら太っ腹なクーポンが転がっています。あたなのためのサービスらしいです。

2_2

日本語を一見するだけで怪しさの花、満開なのですが。

念のため捨てアドとして運用しているメールアドレスで、初回限定100ドル引きのクーポンを貰ってみました。ちなみに購入検討中のマシン、米ドル換算すればざっと130ドル。

3

ここで$が米ドルを指すとは誰も言っておらず購入金額に対して必ず100ドル引くとも言ってないのでいくら値引きになるのか購入直前まで不明ではあります。とはいえ、決済にはPayPalを使うのでクレジットカード情報を大陸に持って行かれることだけはないだろう…と思っているところです。

さらに思い立って。

上記の運営会社とは別の大手通販サイトに回ってみました。

4

やっぱり同じようなクーポンをばらまいています。さすが(苦笑)

十分なユーザーサポートを期待しなくてよければ、最近ようやく実用ベースに乗る端末が出てきた電子ペーパー搭載のandroidタブレットをここから買ってもいいかもしれないと考えているところです。

もし米ドルで100ドル引いてくれるなら。

FacebookとTwitterのパッシブな運用を検討してみる(10連休だから ⑥)

上記の表題、読み替えると『馬鹿発見器の本格導入を検討してみる』という話題です。

さて、紛争の敵対当事者がSNSでイタい発言や写真を晒している、というのはもう実によくあることです。

かくいう当ブログもその一つではあるものの、2500ほどもある記事のどれかをきっかけに当事務所へのご依頼を決意される人もいる…という点で我が国の国民総生産を増大させることに一役買ってはいる、などとイタいことを申し上げたりしてみたいところ。

他の関係者のSNSには近頃まれに見る傑作がありまして、裁判所には心臓病だと報告して期日を先送りした外道社長が予定期日の当日もいたって元気に情報発信を続けている…そういったのがあったりします。もちろんスクリーンショットはとりました。

その外道社長は原告側の労働者をブロックして閲覧不可としたつもりなんですが、第三者である僕に対してはノーガードなわけで。いまから次の期日が楽しみでたまりません。

ひたすらわかりやすい方のなかには、無修正の○○○を晒しておいでの方が検索対象者のなかにおられました。見ているこっちが劣等感は持たずに済むような大きさ・形状ではありましたが。

今年はYahoo!ブログが消滅するそうで、要注意な人を発見するにはまず馬鹿発見器として名高いTwitter、そうでなければFacebookとInstagramか、名前だけは聞いたことがあるLinkedInにPinterestにSnapchat…まぁそうしたサービス利用の痕跡が引っかかってくるわけです。出てきますよね。いろいろ。

上記ほどぶっ飛んでるのは年に一人出るか出ないかであるとしても、把握した氏名やニックネームやメールアドレスでまず検索をかける、その結果出会い系サイトを盛んにご利用の方(男性であることも男性が女性を装うこともあるようです)や右や左に傾きすぎな方や科学では解明されていない何かを強烈に信じておいでの方などなどを発見してしまうと、

…裁判書類作成受託時の難易度想定を10段階の2くらい、上げてみたりする

そんな今日この頃なのです。

ご同業の方々、特にBtoCで一見さんに対応するのがメインの先生方にはこのあたり、一つの作業フローとして確立しておいたほうがいい気がしてなりません。想定していたよりひどい事案に巻き込まれる可能性は多々ありますが、それを予測しうるツールも少しは提供されている…と考えています。このへんはまさにAIやらビッグデータを活用したサービスが期待されるところで、現時点では検索対象として文字情報のほかに写真が入手できるなら類似画像を検索する諸サービスの利用も検討するべきか、とは思っています。

そんな各人各様の黒歴史の、より詳細な探索と監視(まあはっきりいえばそうです)にはやっぱり当該各サービスのアカウントを持っていたほうがよさそうだ、とようやく踏ん切りがつきました。

近々、使い捨てにする携帯電話番号を一つ期間限定で持つつもりなのでそれを使っていくつかのSNSのアカウントをとっておこうかと思っています。当然、daishoyasanとか旅行書士とかそうした文言は絶対入れないIDで。

アクティブには使わない=特に書き込みはするつもりはないのですが、使ってみれば使ってみたでなにか発見があるかもしれません。

今朝体重を量ったところ65.4kgとなりまして、プチ断食後の最小値64.8kgから三日連続で増加を示しました。まず今晩の夕食をカットして、24時間のプチ断食2回目を始めたところです。

携帯電話を替えてみる(10連休だから ⑤)

当事務所への依頼歴があるお客さまの、さらにごく一部のお客さまへ。

僕に(正確には、僕が)似てるらしいあの方、今月付で昇進されましたね。まずは祝うとしましょうか。「テレビであの方が出てくるたびに先生を思い出して笑ってしまいます」と言ってきたお客さまには、引き続きそれは黙っててくださいますようお願いします。

ごく一部の方にしかわからないお話しはさておいて、5月1日。月が変わった午前0時30分から作業をはじめました。

2年ちょっと使ってきた携帯電話の機種変更です。Docomoが今月で受付を停止する月々サポートを、僕は使ったほうがよいらしい、ということで。このたび運用を終了するSH-06Gに続いて二つ折りの携帯電話(ガラホ)を貰っておこう…今回も、タダで(苦笑)そうした計画です。

先月までの料金プランはメール送受信で料金が増加しないもので、電話の発信がなければ総額1100円ほどで運用ができておりました。今月からは1800円ほどに上がってまぁ大変(棒読み)とはいうものの、第三世代携帯=Fomaのサービスはあと数年で終了です。なら第4世代の携帯電話に乗り換えておこう…タダで。そう考えました。

機種変更にあたって、気になることが書いてあったのです。

従前のプランでは料金に影響しなかったメール送受信、今月からはパケット定額料の下限300円で運用するつもりなんですが月の途中で変更すると、変更前のデータ通信量が変更後のプランのデータ通信料として評価され結果として定額量の上限近くに達することがある、と。

と、いうことで。絶対にデータ通信させないよう、4月30日から携帯電話の電源切っておいてプラン変更を始めた次第です。

話には続きがあります。

第三世代から第四世代=FOMAからXiへの契約変更になるため、新たな電話とSIMは変更手続きのあとからやってきます。

このゴールデンウィークのさなかに。

そうしたわけで、本日からしばらくのあいだ携帯電話を止めているのです。

仕方がないのでデータ通信専用のSIMを差したスマホを持ち出しているのですが、Freetelの節約モード(使用したデータ量が増加すると評価されないが最高200kbpsでしか通信できない)で事務所にVPNを張って固定電話を送受信させてもふつうに会話ができるのです。

ふつうに、052-の電話で、発着信できる、と。

僕、いったいなんで携帯電話を機種変更しようとしてたんでしたっけ?

あまり考えないほうがいいのかもしれません。今日の体重は65.2kg。10連休初日のプチ断食が終わって若干のリバウンドがありました。

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック