« 売り上げが1000円の日 | トップページ | 抗体検査キット試用報告 »

年末年始休暇の不存在確認に関する件

2020年は悲しみと絶望のなかで終わろうとしています。

補助者さまをお食事に誘ったところ、断られました(´д`)

-本件に関しまして、本職に対する弔電弔辞香典の受付は後記特設窓口で来月7日まで受け付けています-


冗談です。彼女の弁によれば、昼間に勤務している主たる勤務先のほうが結構おカタい団体であるため無用の会食を自粛するよう従業員に通達を出しているとのこと。そして僕よりよっぽどおカタい彼女はこの通達を奉じて外でご飯を食べないことにしているのだ、と。ほんとうはお食事の席で寸志をお渡ししたかったのですが…ともかく29日が補助者さまの年内最終勤務でした。

翌日は久しぶりに郊外へドライブです。銀行さんに書類をもらいに行くことにしました。

※この申請、いろいろあって計画より1ヶ月ほど遅れている実情がありまして

担当さんには例によって聞かれます。このお客さまとはどんな関係か、と。インターネットのウェブサイトを発見してもらったのだ、と普通に答えます。登記関係書類をお渡しいただいて内容を確認したあと。担当さんがおっしゃるのです。

他の司法書士さんたちの多くは法務局に合わせて28日に営業を終えてしまうんですね。(今日来てもらえて)助かりました、と。

…銀行に抵当権設定の書類取りに行って感謝されたのは17年弱司法書士やってて二度目です(たぶんわらうところ)

ちなみに前回は、南西諸島にいる債務者兼設定者相手の案件で銀行側が書類に捺印取り忘れてたのを僕が代わってもらってきてあげた(本人確認情報作成の必要があったため出張した)十年以上前、のことです(さらにわらうところ)

そう言われるとくすぐったい気持ちはしますね、でも担当さんのおかげでいい年で終われそうです、などと申し上げて銀行から引きあげてきたところです。

ちなみにこの申請、9連件。当事務所では多い方…というより年間登記申請件数の1割を超え2割以下、の件数です(わらわれるところ)

で、今日。継続的相談として1件を常に業務報告書に計上している創業以来のお客さまがお越しになりました。今日はファイナンシャルプランニング業務に関する相談を終えてランチをごちそういただき、帰ってくれば14時。

一休みしたあと来月早々にお受けする相続登記の委任状と見積書を作ってポストに出しに行くと、閉店時刻が早まったスーパーマーケットではいろんな食料品が半額になっています。カニクリームコロッケと鶏もも肉を安く手に入れることができ、それが嬉しい大晦日となりました。

夜になりました。

よく考えると来週明けには登記申請を出してしまわねばならず、先週の測量結果は図化する必要があり、ウェブサイトを更新したいなどと口走った覚えもあります。大掃除は手つかずです。

結論。

この家&事務所には、今年も年末年始のお休みがない、と(最後にわらうところ)

さて、当ブログを昨年からご覧いただている皆さま、今年から何かのきっかけでご覧いただくようになった何人かの方々、当ブログは今年はちょっとワケありで無難な内容=旅の記録が中心になりました。理由は来月か、遅くとも2月にはご説明できると思います。今年は事務所のありようも大きく変わり、現下の社会情勢の影響を受けて労働紛争労働側より社労士業務使用者側の売り上げが増えてしまいました。来年はこの辺も含めて少しずつ調子を戻していきたいと考えています。

来年この事務所がどうあるかはひとえに皆様からのご依頼次第と言わざるを得ませんが、今年も当ブログをお楽しみいただけたのであればお礼申し上げます。

最後に、年末年始休めなかった方からのご依頼は1月中に限り●割引、とかそういうのはどうでしょうね?

お心当たりの方はお問い合わせの際に『年末年始休暇不存在確認の件で』とお伝えください。

« 売り上げが1000円の日 | トップページ | 抗体検査キット試用報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 売り上げが1000円の日 | トップページ | 抗体検査キット試用報告 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28