« 不意に訪れる作業の終わりと追加で背負い込んだ執筆に関する件 | トップページ | 早着の余禄(いきなり赤羽に泊まりたくなっちゃった話) »

効果不明なお節介を企図していく宇都宮自腹出張1泊2日

Img_20201209_074023Img_20201209_073850

独り笑いが、止まりません。

 

久しぶりに、栄7時25分発新宿行の中央道高速バスを選びました。理由はそれです。やっぱり飛行機や新幹線よりこっちが断然いいよ…と、遠ざかる街を眺めながら一人でニコニコしています。
周囲2m以内に誰もいないことを確認をしてとった席で、マスクも外して。

 

さて、今日から出張です♪
このバスで新宿まで行ったらまず赤羽で出張相談、その後宇都宮でお客さま同士を引き合わせる媒酌人業務に従事することになっています。
紹介後どんな展開になるか不明ですので見返りもない、よく考えたら今年最も赤字になる出張ですが別に構わん、失敗したら僕だけ餃子をたらふく食べてそれをブログのネタにすればいいからまあ大丈夫、と表面的にはだいたいそういう感じ。
もちろん名古屋からお客さまにお越しいただく以上、そう無責任なことはしませんが。

 

ただ、こういう活動が中長期で報われるほど閉じられた事務所になりそうな気もしています。既存のお客さまとその方のお知り合い、そんな依頼経路の割合が今年は異常に上がってしまいました。
まぁそのおかげで去年より売り上げが増え、おかげでこうして一層儲からない…短期では損する仕事に邁進できるのですが(苦笑)

 

当事務所創業から数年間、いまから10年前までのお客さまには現在の当事務所に対する所感を聞いてみたい気がします。

« 不意に訪れる作業の終わりと追加で背負い込んだ執筆に関する件 | トップページ | 早着の余禄(いきなり赤羽に泊まりたくなっちゃった話) »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不意に訪れる作業の終わりと追加で背負い込んだ執筆に関する件 | トップページ | 早着の余禄(いきなり赤羽に泊まりたくなっちゃった話) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30