« スーパーマーケットが持つビジネス支援機能(愛媛出張6泊5日 2日目昼) | トップページ | 愛南町から宇和島へ仕事に出る、という想定(愛媛出張6泊5日 3日目) »

甘やかな鯛と密度の濃い鰹の昼食(愛南町での3日間 1日目)

たまには純粋に羨ましがられるような記事もあっていいかと思うのです。とっさに写真を撮りました。

Dsc_0193

昼過ぎに着いた城辺のバスターミナルには、例によって白くて軽い2シーターでお客さまが迎えにきてくださっています。漁協がやってる食堂で魚を食べさせてくれる、ということでもう、想像するだけで嬉しい。

軽トラックは山を一つ越え、すぐに海に出ます。小さな集落を過ぎて漁協の駐車場に車を停め、右を向いたら付帯施設の一角が目的地、『市場食堂』だ、と。

そうした飾り気のなさはもう一切問題にはならないのです。名古屋あたりで流通している適当な魚の生肉とは数段階違う鰹のたたきと刺身、それに鯛の刺身に出会ってしまいました。

鯛は口に含むと甘い香りがするのです。

鰹はとても中身が詰まった味がします。箸が止まるほど密度が濃い。

隣の海から今日上がってきたお魚が食卓に出てくるのだから、そりゃ美味しいに決まってるだろ、と言われればそれまでですが、そうであっても実際に訪れないと食べられないものは全国至る所にあるはずで、ここにあるのがその有力な一つ、ということでした。誰か大事な人を連れてきたいお店です(一人でも存分に楽しめますが)

ビールを飲むか、という誘惑を断るのに若干苦労した覚えはあります。これ食べたら愛南町役場で除籍謄本とって近傍宅地の指定をうけて農業委員会で申請書式をもらってこなければなりません。

どうしよう明日から愛知県内の適当な居酒屋などでは鰹のたたきなど食えぬ鯛もダメだ、と内心で頭を抱えます。レベルの高いものに接しすぎて普通のものが物足りなくなる事象が発生しました。

解決策があるとすれば南予周辺でのご依頼を歓迎して三ヶ月に一回くらいは愛南町に来れるようにする、ということでしょうか。それができるかどうかはさておいて、食後の仕事もまずまず順調に進んでいます。

明日はいったん宇和島に戻り、法務局と市役所を巡って愛南町に戻ってくる予定です。

 

« スーパーマーケットが持つビジネス支援機能(愛媛出張6泊5日 2日目昼) | トップページ | 愛南町から宇和島へ仕事に出る、という想定(愛媛出張6泊5日 3日目) »

美味しいお店と素敵な宿と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパーマーケットが持つビジネス支援機能(愛媛出張6泊5日 2日目昼) | トップページ | 愛南町から宇和島へ仕事に出る、という想定(愛媛出張6泊5日 3日目) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31