« 南武支線発 浜川崎経由有楽町行き | トップページ | 原則論の反動 »

三河湾から若狭湾へ(愛知・大阪・福井出張一泊二日)

新快速大垣行きは三河湾を離れて、そろそろ岡崎に到着します。車内が混み出す前に、お昼をいただいてしまいましょう。

Img_20190906_122136

あ、名古屋はそのまま通過して、この列車では大垣まで行きます。今日から出張です。

愛知県東部の信用金庫に登記済みの書類の納品。

大阪府内で労働相談。

福井県内で不動産の相談。

これらをまとめてガラガラポン、とやったら出張が一つできました、と。一日分の青春18きっぷがヤフオクで買えたのと一泊四千円台の宿が敦賀にあったのはラッキーでした。

そうしたわけで、秋の気配がしてきた濃尾平野を新快速で突っ切って大阪に向かいます。敦賀には22時には入れるはずです。

« 南武支線発 浜川崎経由有楽町行き | トップページ | 原則論の反動 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南武支線発 浜川崎経由有楽町行き | トップページ | 原則論の反動 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31