« 若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日 | トップページ | 効果が同じで価格が違う、ワックスはがしと床用クリーナーの中身に関する件 »

30年ぶりの善光寺とおみくじの文理解釈に関する件

平成30年最後の出張先は、雪の予報が出ている長野県佐久市となりました。

Dsc_0061

雪は翌日からということで、善光寺平から佐久平まではいい天気。佐久平の宿は南北に客室を配しており、南側は市役所ビューのお部屋です。

いえ、八ヶ岳ビューのお部屋というべきですね。庁舎の後ろによく見えます。

Dsc_0068

出張二日目、法務局に書類を出してしまえばフリータイムです。長野駅発のバスは15時過ぎに予約を入れており、市内で時間ができました。雪はまだ小降りで、寒いのが嫌いな僕でもその気になれば歩ける程度です。

中学生時代に一度訪れた善光寺を再訪することにしました。以前ここにきたのは、ギリギリで昭和時代だったかもしれません(苦笑)

Dsc_0078

年末ということで戒壇巡りはできなかったのですが一通りの参拝を終えて、おみくじをひいてみます。

吉。そして妙なことが書いてあります。

  • 願望 叶う しかし異性の問題に注意

……さしあたっては補助者さま(女性)へのおみやげを若干増強しました

彼女とのあいだに問題があるか否かはコメントしませんが、異性がいないことが問題なのかもしれません。次。

  • 旅行 一人旅でなければ吉

……ヒトリタビ・デ・ナケレバ(棒読み)

一人旅であれば凶、そう考えてはいけないはずです。
規定ぶりに問題のある就業規則を労働者側で解釈するのと同じ思考が必要です(苦笑)

この場合、「規定がない。ゆえに定義されていない」と認識するのが正解のはず、なのです。

そんなわけで、平成31年も県外・遠方のお客さまからご依頼をうける可能性を追求しつつ、一人での出張とその記事化を続けたいと思っております。

旅の吉凶は、示されていないわけですから(遠い目)

« 若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日 | トップページ | 効果が同じで価格が違う、ワックスはがしと床用クリーナーの中身に関する件 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの善光寺とおみくじの文理解釈に関する件:

« 若干の緊張をはらむ長野出張一泊二日 | トップページ | 効果が同じで価格が違う、ワックスはがしと床用クリーナーの中身に関する件 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30