« なぜか高く見えるオプション(次回東京出張の相談余力がほぼなくなりました) | トップページ | 真剣かつ合法的におこなう労働法律相談のツンデレ化 »

11月21日、東京出張相談の予約受付をはじめます(中止の可能性があります)

11月19・20日実施の東京出張については、おかげさまで残りの相談余力が非現実的な時間=11月20日の朝7時から鶴見駅周辺、の1枠のみとなりました。

※たまに使うんですがね。こういう時間も。

さきほどもう一件のお問い合わせがあり、その方にはいったん再考をもとめたところです。

引きが強いから調子をよくした、とは思わないでいただきたいのですが出張まであと1週間ありますし、日程を延ばそうか検討をはじめました。

以下、ルールです。

  1. 11月21日午前10時半・午後1時半の2枠について出張相談可能とします。
  2. 相談料金は2時間5400円で変更ありません。宿泊費は不要です。
  3. ただし、18日時点で午前午後いずれか1枠だけ予約された場合は中止します

以上の条件で今週いっぱい、みなさまのご意向をうかがいます。

要約すると、1万円売り上げた瞬間に5千円スッてしまおうという提案です(苦笑)

19~20日のお客さまからの売り上げで東京-名古屋の交通費と19日の宿泊費は払えてしまうので、今回はこれで…条件付きで20日の宿泊費をこちらが負担してもよいかと思いました。

確実に21日の相談実施を希望される方には、これまでどおり宿泊費の負担を求めますが、もし2件目の相談が入ったら宿泊費負担なしに変更します。

ですので本日以降は21日の相談枠について、いったん受付をはじめます。ご興味のある方のお問い合わせをお待ちしています。

自分が1件・ダミーで1件予約を入れて直前にダミーの方をキャンセルすればいい、とお考えになった方もいるかもしれません。高速バスでそんな予約を入れる奴、いますよね。

制度上そうなんですが、その場合は守秘義務に反しない範囲でブログのネタにさせてください(笑)

誤断・失敗・苦労話といった話題は、閲覧歴の長い方に好評な裏カテゴリらしいのです。

« なぜか高く見えるオプション(次回東京出張の相談余力がほぼなくなりました) | トップページ | 真剣かつ合法的におこなう労働法律相談のツンデレ化 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« なぜか高く見えるオプション(次回東京出張の相談余力がほぼなくなりました) | トップページ | 真剣かつ合法的におこなう労働法律相談のツンデレ化 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31