« 本人訴訟の復権、でなければ生存者利益に関する件 | トップページ | ブラック社長 of The Year 甲乙つけがたい候補の件 »

勤勉な三連休の向こう

先日自転車で転倒して痛めた右手が、まだ治りません。

Photo

音声入力に頼って裁判書類を作っています。googleドキュメントのこの機能、学習機能はないのでしゃべり方に工夫は必要ですがだいたいつきあい方がわかってきました。できれば一文を最初から最後までしゃべりきって後から句読点を打っていけばいいようです。入力が終わったら隣のアウトラインプロセッサにカットアンドペーストして、またさらに音声入力を続ける、ということであれば右手をあまり酷使せずにすみます。

そうではあっても右手は痛いし右手首をひねると左手からは決して聞けない音がするんですが(汗)

東北の地裁に出す訴状・関東の簡裁に出す答弁書・愛知県内の簡裁に出す準備書面・関西の地裁に出す労働審判手続申立書各1件のオーダーを抱えて、このお天気のいい3連休を迎えたところです。相談・打ち合わせは全部で3件。

日曜日夜の時点で訴状・準備書面についてはお客さまによる文案チェックに進み、答弁書と労働審判手続申立書は月曜日には完成、というところまで仕事を追い込んで、こうしてブログの一つも書いてみようというところまで調子を戻してきました。

…登記?

そういえば土曜日午前中に不動産登記の打ち合わせに来られた方には向こう数ヶ月申請見送りを推奨、夜に商業登記の打ち合わせに来られた方には自分でやるよねと口走った覚えがありますが特に問題はないはずです。どちらもいいお客さまです(遠い目)

そろそろ来月に向けて裁判書類作成の仕事は入ってきつつある(登記の仕事が来る見込みはない/自分で遠ざけた気もする)一方、人に会う予定は明日からすっきりと消え失せました。立ち会いも訴訟代理もしない(し、リアルな世界での営業活動もしない)司法書士、ということで予定は直近の1週間ぶんだけがその週の月曜日から次々に埋まっていく傾向があります。次の週の予定はよほどのことがないかぎり、真っ白なのです。

週によってはそのまま真っ白であり続けるのですが(苦笑)

さて、今週から来週あたりに当事務所に来られる新しいお客さま方には、年内に裁判書類完成・提出に持ち込めるのはだいたい12月第3週受託分くらいまで、とお考えください。

次の東京出張は12月第3~4週にするつもりですので、そのときに相談をお受けする案件はすべて越年してしまうことになると思います。冬の青春18きっぷのシーズンにもなりますし、来年の書類完成でよければどこか遠方のお客さまからご依頼を受けてみたいですね。ご興味のある方はお問い合わせください。打撲に効く温泉が近くにあるようなところへの出張は、特に積極的に検討します。

« 本人訴訟の復権、でなければ生存者利益に関する件 | トップページ | ブラック社長 of The Year 甲乙つけがたい候補の件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154408/67419234

この記事へのトラックバック一覧です: 勤勉な三連休の向こう:

« 本人訴訟の復権、でなければ生存者利益に関する件 | トップページ | ブラック社長 of The Year 甲乙つけがたい候補の件 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック