« 業界団体至近の町屋で行う、早春の師弟合宿1泊2日 | トップページ | 日用品で行う中古ジェルジェットプリンタ修理実施の件 »

春のプリンタ入れ替え、実施の件

春だから、というわけではないのですが。出会いと別れの季節です。

補助者時代に買ったふるーいプリンタを手放すことにしました。

買い手は福島県の方だとか。左側の箱に入れて送ります。

Dsc_0100

新しく導入する中古のプリンタは新潟県からやってきました。右側の箱です。

以前から興味があった、RICOHのジェルジェットプリンタを導入することにしたのです。

中古ではありますが現行機種…などということより重要なのは、オペレータが2名しかいない当事務所にプリンタは本機を含め4台が稼働中で、今回の入れ替えでメーカーがCANON・EPSON・BROTHER・そしてRICOHと見事にばらけた、ということでしょうか。

先週訪問させていただいた、市中心部にある大きな事務所さんは人員も売り上げも当事務所の数個分以上あるはずなんですが、見たところプリンタは新しそうな複合機が2台だけだったように記憶しています(あ、それこそが正しい経営判断、ってもんです)。

当事務所でも別にこの環境を望んで実現したわけではなく、昔の機材を大切にしていたら新しく導入する機材の購入価格より高く売れてしまったとか、複合機がいらなくなったと言い出す方が二人現れたので二台とも引き取ったとか、まぁそうしたご縁があってこうなっただけだ、ということにしておきましょう。

もう少し言い訳をすると、カラーレーザー・モノクロレーザー・詰め替えインクを使えるインクジェット兼FAX・特殊用途に供するインクジェット、と4台の役割は分かれています。今回は最後の用途=用紙対応力の高さに期待して、インクジェットプリンタの置き換えをおこないました。

ともあれ、当事務所でもRICOHのプリンタは初めてです。

挨拶代わりに掃除をするのはお約束なんですが、カバーを開けたところでちょっと気になる状態を発見してしまいました。現行機のくせに送料無料でオプション部品がついて定価の数分の一、という価格設定だったのですが、今回は五分五分でハズレを引いた気配もしています。

※もっとも、本体をただちに廃却処分にしても残ったオプション部品だけで元が取れるお値段ではあったのですが。

まずは今日、一通りの整備を終えたところです。今回直した(はずの)支障は、おそらく先代の持ち主を困らせたものだったとも思えます。

週明けに着くインクカートリッジを装着してみないと結果がわかりません。

うまくいったら…その日の晩ご飯をいいものにして、晩酌もつけて、そのあとで続きの記事を書くつもりです。

« 業界団体至近の町屋で行う、早春の師弟合宿1泊2日 | トップページ | 日用品で行う中古ジェルジェットプリンタ修理実施の件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のプリンタ入れ替え、実施の件:

« 業界団体至近の町屋で行う、早春の師弟合宿1泊2日 | トップページ | 日用品で行う中古ジェルジェットプリンタ修理実施の件 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31