« 8月の寄り道、または本道への回帰 | トップページ | 新たなサービス告知ページ、開設の件 »

夏の素敵な贈り物(と、素敵じゃない使い道)の件

9月の贈り物

届いた箱を開けた。思わず声がでた。

160902_152133

こうきたか(笑)新幹線デザイン缶アソートセット、ですって♪

さきごろ相談だけでどうにかしてしまった、裁判外交渉のお客さまからいただいたものです。借地借家関係の相談もこういう結末なら悪くないな、と思ってさらに箱を開けたところで…

手が止まりました。

これ、飲んだらもったいないのではないか(汗)

勇をふるって、銀山温泉&山形新幹線E3系をあしらった缶を一つ開けたところです。先日、久しぶりに裁判外代理のご依頼を受けました。

このペースで行くと、おそらく年内いっぱい楽しめるのではないか、とも考えています。この夏にお客さまからいただいたビールは計4箱あり、これに関しては補助者さまには分配しない(←お菓子その他の食べ物はちゃんと分けるのですが、彼女はビールを好まないらしいのです)関係で、まだ一箱開けておりません。

いっそこの素敵なプレモル、相談室か執務机に飾っておこうかとも思いましたが勤労意欲を喪失しそうな気がします。大事にしまっておきましょう。

実はビールは好きなんですが、毎日飲むわけでもないのです。新たなご依頼があった・事案が解決した・入金があった、エビスやプレモルはそんな日だけ飲んでいい…と考えていますので、今年の冬もらったビールも飲み尽くしたのは梅雨開け後、だったりしています。

8月の贈り物

出戻りの複合機を引き取ってやってほしい、という要請がありました。

おつきあいの長いお客さまが相続された住宅をこのほど解体されることになり、脇で話を聞いていて「その動産、売れるんですけど」などと口走った…これをきっかけに一般住宅内の動産を売却するプロジェクト、に関与することになってしまったのです。

一見して価値のなさそうなものも売却できる、ということもわかりました。

最も印象深かったのは、戦国時代~江戸時代の古銭(大判やら小判やら)のレプリカをあしらった額がちゃんと売れたこと。粗大ゴミに出したら処分費用を発生させてしまうところです。

ちなみに「私なら(純正品をわざわざ)買いません」と補助者さまがコメントされた、携帯電話会社の純正品ACアダプタと充電用USBケーブルもしっかり売れていきました。

…僕もこうしたものは、100円ショップで買いますが。購入者には感謝せねば(苦笑)

価値のある物はまじめに売却するわけですが、ちょっと歯ごたえのある残置物件も当然あります。やっぱり楽しいのはそうした物の面倒をみること。

不良セクタが3つあるらしいUSB接続1TBのハードディスクは、『その不良セクタの場所がパーティションのなるべく後ろにくるように』領域を分割して当事務所で余生を過ごされることになりました。

…三十数時間におよぶ厳密なスキャンの結果を経て、ですが(苦笑)

実はこの事務所、いままでストレージ一台の最大容量が500GBだったのです。安定器から異音を発する蛍光灯も、LEDに代わりました。天井から外せないと言われていたものが、外れたのです。

こうした残置物件、当然ながらご親族の方々が真っ先に持って行かれた残りを扱うことになっています。

そうして引き取られたはずのBrotherの複合機が「(引き渡された先で)いらないって言われちゃったから先生、使えるなら貰ってやって」と当事務所に搬入されたのは先月末のこと。

理由は数分で納得できました。

ダイヤルボタンのところにマジックで思い切り119と書いてあるのはまぁ、ご愛嬌というべきでしょう。その番号を使う機会がついになかったことは、解体までそのおうちが健全だったことから推測できます。これは筆記具メーカーのウェブサイトを参照し、なんとプラスチック消しゴムでこすったら消えてしまいました。

新品同様にもどった本機に気をよくしてノズルチェック印刷をかけたところ、C・M・Yの三色は完璧に出力されました。相当期間放置されたインクジェットプリンタとしては、なかなかのものです。

残る一色=黒が全くでません。新品の純正インクを装着してもでません(苦笑)

ブログの執筆そっちのけであれやこれやをやったおかげで先週までには回復し、ときおり用紙を重走させつつも元気に稼働しています。いずれ、インクは互換インクに置き換えて裏紙・下書き専用で働いてもらおうと思っています。

このMFC-710D、ファクスのメモリ代行受信能力がA4判400枚あるとされています。

今まで使ってたNECのSP-NA540は20枚。

訴訟代理人としてファクスでの書類のやりとりをすることがほぼない当事務所では、これでもよかったのです。

MFC-710DでPCからのファクスも送受できることがわかりましたので、Windows95からWindows10までを生き抜いたRS-232Cポート接続のファクスモデムもいよいよ売りに出してやろう、と考えています。

7月の贈り物(だと思う)

出張時のホテルの予約に、『じゃらん』を使っています。リクリートカードと併用してポイントを貯めるのはまぁ、お約束です。

そうしたポイントの付与の中に、たまに一千ポイント単位でじゃらん限定ポイントがつく記録があることに気づいたのはこの春のこと。

はて、何をやったっけ?

見ればオンラインカード決済時にポイントを多めにつけてくれるキャンペーンを利用しているようなのです。が、還元率等の条件がよくわかりません。一泊3千円~5千円台の宿でも、このキャンペーンの適用下では一千ポイント以上のポイント付与がある、ということになっています。

つまり宿泊費用に比して三割から二割くらいの還元がある、と。

そこでこの5月、このキャンペーンにそってオンラインカード決済ができる思い切り安い宿を取ってみたのです。

御徒町にあるどうしようもないカプセルホテル、一泊2500円(苦笑)

このホテルそのものは二度と行かないと決めましたが、7月になって。

3

宿泊に使った以上のポイントが転がり込んできました(汗)

有効期限の関係で7月の東京出張時に使ってしまいましたが、当然ながらその分の出費を免れています。

折しも夏の青春18きっぷが、3日分余っています。

8日からの東京往復で2日分は使います。

8月のお盆休み取ってないし9日締め切りの準備書面は今日送っちゃったし10日の関東はお天気良さそうだし補助者さまの次の出勤は13日だし…と、何か不純ないいわけを探している自分に気づきます。

さ、この不労所得、どう使いましょう。

群馬県片品村観光協会のウェブサイトによれば、同村内鎌田から栃木県境を越えて中禅寺温泉への路線バスが24年ぶりに復活した、とのことです。

あくまでも参考情報です。そういえば前回東京出張時に、群馬県内のお客さまからお声がかかったな、なんていいわけを追加してはおりません(遠い目)


いろんな人からいろんな贈り物をいただいた夏。

僕も誰かにお返しをしようと思ったのです。

図書館から帰った夕方、不在着信が2件ありました。
昨年もこの時期にお電話をいただいた、同業者さんから。

用件を正しく見切ってコールバックします。一応はご用向きを伺います。

「法の日の無料相談(の、相談員募集)なんですが」

見切ったとおりの用件です。いっそ偽善的なくらいさわやかに応じます。

「で、いつどこに行けばいいですか?」

募集担当者さんにとっては理想の対応になったと思います(笑)

かくて10月3日、業界団体が例年主催する無料相談会では市内某区役所での相談員になりました。

« 8月の寄り道、または本道への回帰 | トップページ | 新たなサービス告知ページ、開設の件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の素敵な贈り物(と、素敵じゃない使い道)の件:

« 8月の寄り道、または本道への回帰 | トップページ | 新たなサービス告知ページ、開設の件 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31