« F-11D 文鎮化への最接近とその余禄に関する件 | トップページ | 少しだけ興味のある業務 »

晴れた日には、データバックアップをしよう

数年ぶりの衝撃。

作業中のPCにエラーが発生し、2時間分のデータが吹っ飛びました。昨日のことです。

正確には僕の2時間分ではなく補助者さまの2時間分の作業がフイになったということで…損害額が計算できてしまいます(苦笑)

昨晩の晩ご飯がおかず無し・雑炊のみとなったのはこれとは別の理由だ、ということにしましょう。昨夕時点で少々のどがいがらっぽく涙目気味で妙な寒気がしたのです。

実は先週まで裁判書類作成の仕事が少々渋滞しており、あまり健康的な生活をしておりませんでした。今週に入って月・火・水曜日と設定されていた期日(いずれも本人訴訟なので僕が出廷するわけではないのですが、打ち合わせやらなんやらが必要です)が終わり、温かいものを食べてゆっくり眠って目を覚ました今日。

急ぎの仕事が、ありません。嬉しいようなそうでないような気分の日中を、コンピュータのバックアップ環境整備で過ごすことにしました。

デスクトップPC2台のマイドキュメントのデータをNAS上のフォルダに集約して暗号化し、その後クラウドに同期するのです…と文章にすれば2行なんですが、簡単に実行できて安全性が高いシステムを安く導入するのが結構難しい。バックアップ用のソフトとクラウドへの同期のソフトをまとめられると思っていたのですが、数千円で調達できるシステムにするためには別々にせざるを得ませんでした。

※具体的にどんなソフトを使ってるか、それ自体がセキュリティに関わる情報なのでお話しがかなり漠然としたものになっていますが仕方ない、と考えてください。その辺から集めたフリーウェアやシェアウェアででっちあげたシステムですが、暗号化完了までには複数のソフトが介在しています。

設定さえ済ませてしまえば、マウスクリック数回でバックアップが終わります。

光ファイバー経由でもアップロードに数時間かかるのはこの際不問にします(遠い目)

鍵を壊せば押し入れるマンションの一室とセキュリティは多重だがネット経由で全世界につながってるデータセンターとどちらにデータを置くのがいいかはなかなか難しい選択です。さしあたっては東南海地震と関係なさそうな地域にデータセンターがあると標榜する会社のサービスを採用しました。

さて、来週明けまでにしなければならない仕事は登記が二つ。

あとは週末が相談の集中日になりそうです。

裁判書類作成からはしばらく遠ざかって過ごせるようですが、先週までの書類作成作業のせいで右腕がしびれるようになってきました。腕に負担をかけずに済むと期待して導入しているWindowsの音声認識による文章入力は、入力精度が高くなるヘッドセットの着用時に側圧が少々気になる問題をはらんでいます。

そんなわけで。

ググって集めた情報によればティッシュの箱を用いておこなえばよいとされているヘッドセットの側圧調整を、手近なこの機材で行うことにしました。

160602_171538

無印良品のサーキュレータは直径約25cmと、人の頭より数センチ大きいのです。

次に補助者さまが出勤される土曜日まで、彼女の作業卓にこうして置いておいて様子を見てみることにしましょう。

« F-11D 文鎮化への最接近とその余禄に関する件 | トップページ | 少しだけ興味のある業務 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れた日には、データバックアップをしよう:

« F-11D 文鎮化への最接近とその余禄に関する件 | トップページ | 少しだけ興味のある業務 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31