« 「そのまま行ったら、負けるから」 | トップページ | 買うべきものとその原資 »

東京出張の日程調整をはじめます

新年早々、不動産登記の見積もりのお問い合わせがありました。1月下旬、立会を伴う所有権移転→抵当権設定である、と。

やれ嬉し、と計算をお送りして1週間。めでたく音信不通となりました(苦笑)

決済時期や場所をぼかして説明しようとしたり当初の話から内容が変わっていく問い合わせ、特に立会を伴う見積もりでは真剣みのあるものと考えない方がいいようです。

さ、今年初の東京出張の日程調整にはいります。1月下旬で(笑)

少し迷いがあるのは、日程の最終日を土曜日にしたほうがいいのではないか、ということです。帰りのバスが混むのであまり好ましくないのですが、出張相談の利用可能性が高まることは否定できません。

…まぁ、JR系の高速バスで東京発愛知県行き昼行最終便になる知多シーガル号は週末しか運転しないので、こちらに乗ってしまうことで混雑からはいくらか救われる面もあります。

そんな都合ではありますが、どなたかレスポンスの早い方、でなければ声の大きい方がオーダーをかけた場合には1月30日土曜日を含む方向で東京への出張を設定します。そうでなければ26・27日あたりが順当です。あまり時期を後ろにすると、こんどは私学の受験の時期に衝突しそうな気がします。

例によって出張相談の料金は2時間5400円です。国会図書館内で行う場合は交通費・日当を不要とし、それ以外の場所で相談に応じる場合でも出張日の交通費の起算点は東京駅となります。

  • 東京以遠からのお問い合わせがあったらいいな、というために上記の一文を加えている、というのもこれまで通りです。

来月中旬に開通する新東名豊田以東の区間にも興味ありますが、今回の出張のつぎは3月初旬、春の青春18きっぷの時期にしようかと考えています。

« 「そのまま行ったら、負けるから」 | トップページ | 買うべきものとその原資 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京出張の日程調整をはじめます:

« 「そのまま行ったら、負けるから」 | トップページ | 買うべきものとその原資 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30