« 本年最終出張です | トップページ | さようなら、本厄 »

ナポリタン香る店で

ナポリタン香る店で
デジタル時計で同じ数字が並ぶと、どこか嬉しい。

嘉門達夫が『小市民』で歌った境地にどこか似ている気がします。

県外での出張行程周辺に、たまたまお客さまの住所がある、というのは。

久しぶりの南武線で某駅へ。午前中から出張相談に入ります。相談もクロージングに入って必要書類を書き出していたら…

香ばしいケチャップの香り。カウンターにはナポリタンとから揚げ定食が、配膳を待っています♪

「全然関係ないんですが」
上目遣いで、お客さまに話しかけてみます。

「ナポリタンおいしそうですよね」


お客さまがどう反応されたのかはお話ししないことにします。

ただ、どんな深刻な事案であっても、どこかに楽しめる部分を見いだしてほしいものだ、と僕は思っているのです。

…この相談が来年のご依頼につながるかは未定ですが、手書きメモが使えるWindowsタブレットが出張相談で活躍することはよくわかりました。

さて、次の目的地は中央本線、荻窪です。
仕事が早く終われば、遅いランチにナポリタンを探してみたいところです。

« 本年最終出張です | トップページ | さようなら、本厄 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナポリタン香る店で:

« 本年最終出張です | トップページ | さようなら、本厄 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30