« レンタルサーバの移転によるウェブサイト公開停止について | トップページ | その座席には、壁がある »

お酒は、がまん(今日までは)

今日はよく働きました!

南区-緑区-豊明市と役所を巡り、夕方にお客さまとの打ち合わせを入れて、さらに訴状の起案に入り、先ほどお客さま方に第一次文案をお送りしたところです。

…で、このほかに、ウェブ関係の作業が8時間ほどあったんです(苦笑)

久しぶりに完全徹夜になると思った午前4時までで、なんとか当事務所ウェブサイトのHTMLファイルの移動は済んだのです。レンタルサーバの引っ越しに昨日から取り組んでおり、独自ドメイン(daishoyasan.jp)へのアクセスは6月30日14時頃から逐次新サーバに飛ばされるようになっていた=つまり、お尻に火がついてたわけですよ。

で、昨晩はコンテンツマネジメントシステム(Modx)の移動を試みていたのですが、ぴったりの類型の情報がないのです。

  • 他のサーバーへの引っ越しで
  • さくらインターネットのサーバーへのインストールと
  • Modxのバージョンアップを同時に行い
  • データベース名も違う環境への移設、というのが。

昨晩、というより本日未明に仕事のメールを送りつけられた皆さまには一部誤解があるようですが…多忙は多忙でも、こっちの作業で忙しい、文字通り心を亡くしかけておりました。

焦って失敗を重ねるより3時間だけ寝よう、ということで午前8時に作業再開、13時前にようやく移動復旧の目処が立ったのは、おおざっぱに以下のような手順によってです。まず

1.移転前のデータベースAでバックアップのsqlファイルをエクスポートする

2.移転後のデータベースBを新規作成し、上記のsqlファイルをインポートしてしまう

-上記2作業はphpMyadminで、Modxとは無関係に行う-

3.上記2.が実施できることを確認後、移転後のデータベースにもう一個、別のデータベースCを作る。

4.移転後のサーバにModxを新規インストールする。このとき、データベースCの利用を前提にModxを設定する。

5.Modxの動作確認後、config.inc.phpファイル内のデータベース名等を変更して、データベースBを利用するようにする。

~こんな感じ、になりました。エクスポートしたsqlファイルが必ずしも移転先で使えるわけではない、という罠をクリアするために、『まずsqlファイルをエクスポート→インポートできるか確認する。Modxのインストールはその後にする』という方針を考えついたら何とか移動に成功しました。

上記1~5の個々の作業になるべく関連を与えない(ウェブ上に散在する個々の説明は、バックアップなりアップデートなりサーバの引っ越しの情報に分散しています)のがミソなので、これが正解というわけではないものの、こうしたやり方でもできる、ということなのだと思います。詳細は別に書くとして。

この大仕事の終了に際して、ぜひ一杯飲みたいところなんですが。

我慢すべきだ、と僕の理性が告げています。

明日、お客さまとのお疲れさま会にお呼びいただいているのです。

美味しく呑める理由は、温存しておきたいわけです。

それが全くの別件でも(遠い目)


実は今晩も完徹になるのではないか、さらにはそうやっても今回のレンタルサーバ引っ越し作業は終わらないのではないか、という懸念がありまして。

明日は午前10時名古屋駅発のバスを取ってあります。いつもより2時間以上遅い出発です。

杞憂に終わったのですが、変更はかけません。

少しだけいいシート(Bシート:早売3)を、押さえているのです。

« レンタルサーバの移転によるウェブサイト公開停止について | トップページ | その座席には、壁がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お酒は、がまん(今日までは):

« レンタルサーバの移転によるウェブサイト公開停止について | トップページ | その座席には、壁がある »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31