« Optional tour:女子大生さんと大学図書館でお茶を | トップページ | Optional tour:お金が戻ってくる寄り道 »

宗太郎越え二人旅

宗太郎越え二人旅
高校生を一人下ろすと、車内には僕だけになりました。
「ゆっくりしてください」と笑う運転士さんと、下りの特急の通過を待つ、夜の市棚駅です。

延岡19時30分発の普通列車で、日豊本線を大分へ向かっています。

このあたり、青春18きっぷで旅する人には関所です。普通列車は朝夕中心に三往復しかないため、今回の鹿児島出張でも下りでは使い物になりませんでした。

往路はバスとフェリーで9500円ほどかかったこの出張、復路は青春18きっぷ二日分と別府から八幡浜へのフェリーを使い、7700円ほどで帰れます。

所要時間のことは、あまり考えないようにしています。

« Optional tour:女子大生さんと大学図書館でお茶を | トップページ | Optional tour:お金が戻ってくる寄り道 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗太郎越え二人旅:

« Optional tour:女子大生さんと大学図書館でお茶を | トップページ | Optional tour:お金が戻ってくる寄り道 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30