« どこか不思議な数字たち | トップページ | 485系の夜を行く »

なんとはなしに、信濃路へ

なんとはなしに、信濃路へ
なんとはなしに、信濃路へ
後ろのほうで爺様方がしっかりと出来上がっています。

向かい側のホームでは、名古屋からずっと同じ乗り継ぎの少年が被写体を探しています。
反対側の席は…
独り言の内容から明らかにそれとわかる乗り鉄(苦笑)

12時45分長野発の直江津行きで、発車時刻を待っています。

久しぶりに夜行快速列車を使う今回の旅では、旧国鉄型の特急用車両に青春18きっぷで乗ってみようと思います。

通常なら一泊二日で交通費宿泊費合計13000円ほどで国会図書館での書見をしてきます。
今回は東京滞在は明日一日、そのかわり交通費が全行程で約7000円宿泊費なし、ということで…

一日東京に行く費用で若干の寄り道をするだけだ、と考えています。

あと2時間で、日本海側に出てしまいますが。

« どこか不思議な数字たち | トップページ | 485系の夜を行く »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとはなしに、信濃路へ:

« どこか不思議な数字たち | トップページ | 485系の夜を行く »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30