« おあずけ なう。 | トップページ | 昼まで仕事、午後から休み »

ああ、素晴らしき横浜の一日

高速バスでやってきた、横浜の夕暮れ。

120326_181553_ed

窓からのみなとみらいは綺麗ですが、六歩ほど後ろに下がると現実に直面させられます。

120326_181338_ed

今回の出張では登記の案件を三つ持っています。うち二件が27日の横浜市内で、抵当権設定の登記。A3判の書類に印字するために、事務所からプリンタを送っておきました。

準備万端で臨んだはずの今日、某銀行が全てを破壊してくれました。二件のうち一件は26日に書類を引き取っており、この申請を出して11時の立ち会いに出ればいいや、とたかをくくって担当さんに確認の電話をかけたら

●●様の決済は10時からになっておりますが

ギャー!

何かを口に出すことが許されるとしても、桜木町のホテルから9時過ぎに電話をかけて横浜西口の銀行さんからこう言われて他に何か言える司法書士さんがいるなら是非お仕えしてみたいもんです。

お客さまは11時だと言っている、銀行さんは10時だと言っている、売り主さんの動向不明、この状況下でいくら自分の依頼人とはいえ11時という意向にしたがいきる勇気などなく、荷物を立ち会いの案件に総取っ替えして銀行に急行します。

待っていたのは、僕以外のところは満室な応接スペース。

僕の正面には、6席ぶんの虚無。そして妙に腰の低い担当さん(笑)

どうやら11時が正解だった、ということで僕は初めて行った銀行でもあまりお安く扱われない立場を手に入れるのと引き替えに、宝石の一時間を手放すことになりました。

立ち会い開始寸前。昨日書類をひきとった銀行の担当さんから電話が入ります。

書類は何時に出されますか

うう、一番聞かれたくないことを。

まさか近くの銀行で立ち会いやってますとも言えず「1時から2時のあいだです」と申し上げたら担当さんしばし絶句して「もう少し早くお願いします」ですと。

そういうときに限って着金確認は遅い、と相場がきまっております。立ち会いが終わったのは11時58分、ホテルに駆け戻って書類を完成させたのは13時5分、ナビで探すと目的の法務局へは、車なら12分。昨年は電車を乗り継いで行ったところ、40分弱かかりました。

13時半を過ぎると…おそらく僕はプロの方の督促、ってやつを経験させられることになります。ならば!

と思って桜木町駅から乗った北斗タクシーでひどい目に遭いました。「法務局●●出張所まで」と言って数分で連れて行かれたのはなにやら豪壮な庁舎。

これ本局だろ!

実は逆方向に走っており、この時間がまるごとロスタイム。僕が持ってるナビの画面を見せたら納得した様子で走り出し、どこか保育園の前につれてこられました。

一つ前の駅で曲がっただろ!

「こう見えても急いでるんですが」

かなり殺気を込めて申し上げたところ、ようやく「すみません」と言ってきました。助手席の後ろの電話番号に携帯から電話してクレームかけたくなりましたがその運転手、駅に戻るまで「ここが●●駅のはずですが」と言い張る。そして違う。

うろうろしているうちに13時33分。プロの督促が…始まりました。タクシーの運転手が道に迷っておりまして、と担当者さんへの説明に付け加えておきます。そこからさらに数分迷って13時47分、ようやく到着しました。2780円のメーターを2000円でいい、と言うのですが逆方向に走った本局までで710円カウントされており、嬉しくもなんともありません。「災難でしたよ」と言い捨ててタクシーを降り(電車乗った方がましでした)受領書を貰って数百メートル離れたコンビニへ走ります。

そういえば昨日まで風邪ひいてたはずですが。

なんとか送信を終えたのは13時58分。結局自分の見込み通りに行動できただけ、という結果になり、さらにお客さまからも状況説明を求めるメールが入ってなおさらへこみます。ファクス送信確認の電話に出てきた女子行員の声の冷たさは、春は名のみのなんとやら、といったところでしょうか。

やれやれ、と一息つくヒマもありません。さらに電車で桜木町に戻り、16時から面接で相談、22時から電話で打ち合わせ、その合間を縫って名古屋で活動中の補助者さまを指導しつつ29日に鹿島(茨城)に出す登記の書類を作ります。どうにか全作業が終わってプリンタを梱包したのは23時過ぎ。

いくつか注目すべきメールが入っています。

  • 一つは千葉から。29日に相談やってくれ、と言ってます。
  • もう一つは名古屋から。登記のお客さまからの打ち合わせ希望です。
  • もう一つは大阪の…JCBから。先頃申し込んだカードが発行されたから受け取ってね、ですと。

これで明日ぶっ倒れて舗道で頭をかち割っても自動付帯の国内旅行傷害保険が下りるぞ♪と妙なところを喜んでみます。まぁ空港ラウンジがタダで使えるよりは本当に国内旅行傷害保険のほうが魅力ではあるのですが。

明日は高崎(群馬)で午前中に打ち合わせが入っています。これは裁判事務の相談です。

もちろん登記の仕事は大好きですし、横浜の街も気に入っていますよ。ええ、今日はいい一日でした(遠い目)

« おあずけ なう。 | トップページ | 昼まで仕事、午後から休み »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ、素晴らしき横浜の一日:

« おあずけ なう。 | トップページ | 昼まで仕事、午後から休み »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30