« 松山出張、帰路未定 | トップページ | 午後の休みを興居島で »

勝負服ならぬ『破綻服』

たった一人の滞船者を乗せて、駅への送迎バスは港を遠ざかっていきます。

東予港着6時のフェリーでは、7時までの船内休憩ができるのです。8時から今治での打ち合わせを入れているのは、これに合わせたためです。

今日はこの打ち合わせのほかに、和解を蹴る期日が入っています。そんなとき専用のワイシャツを着てきました。揉め事を起こしたいときや何かをぶち壊しにしたいときに着る、勝負服ではなく破綻服とでもいうべきもの。似合うと言われて買わされたブツなのですが値段だけでも十分に腹立たしいうえに着心地もよろしくありません。持て余した末に破綻服になってしまった、と。

さ、今朝の壬生川はいい天気です。何か壊すには、いい日和です。

« 松山出張、帰路未定 | トップページ | 午後の休みを興居島で »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝負服ならぬ『破綻服』:

« 松山出張、帰路未定 | トップページ | 午後の休みを興居島で »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30