« 支払督促の予納郵券額を調べたら… | トップページ | かつてなく司法書士らしい一日 »

380円の自腹新幹線と特別下車の話し

380円の自腹新幹線と特別下車の話し
今週は4件、抵当権設定登記のご依頼が入っています。

…1月から11月までに入った件数より多い、というのがなかなか複雑な心境です。

そのお客さまに会いに行く、というのが今日夕方から二件あり、安城を経て豊橋まで出かけてきました。
名古屋ー安城(下車)ー豊橋(下車)ー名古屋と移動するのに最安値なのは、名古屋ー豊橋の往復きっぷと名古屋ー安城の片道切符を買い、安城ー豊橋と豊橋ー名古屋間のみ豊橋往復きっぷを利用する組み合わせになるようです。

この往復きっぷ、土曜・休日は380円の新幹線変更券を買えば豊橋ー名古屋間で新幹線を使えます。
調べたところ、この時間は豊橋から三河安城まで新幹線でって在来線に乗り換えるのが最速です。

しかし。

新幹線の三河安城駅から在来線の同駅へは、いったん改札口をでて移動する必要があります。

実際にやってみた結果、新幹線の自動改札機は『三安 特別下車』と印字してきました。途中下車前途無効のきっぷではありますが、乗り換えを理由とする(と、自動改札機が判断できる)場合には改札外に出られるんですね。

…と、いうことは。
往路で設定した打ち合わせを、三河安城でやっていれば…?

« 支払督促の予納郵券額を調べたら… | トップページ | かつてなく司法書士らしい一日 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 380円の自腹新幹線と特別下車の話し:

« 支払督促の予納郵券額を調べたら… | トップページ | かつてなく司法書士らしい一日 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30