« 水鳥と散歩ができる湖 | トップページ | 猫と港と路地の街 »

貸し切りできる?いろは丸

用事が終わった直後の発言が、この日最も切迫したものだったかもしれません。
「松江駅まで送ってください。13時23分の米子行きに乗りたいんです!」

…駅近くの横断歩道でお客さまの車から放り出してもらうと、発車時刻まであと8分。駅の隣の百貨店に駆け込んで498円のお弁当を買い、脱走するような勢いで松江を離れます。米子から新見までだけ特急やくもを利用すると、18時40分に今日の宿へ、鞆の浦にあるホテルへたどりつきました。

夕食のバイキングは見た目の派手さはないものの、ちゃんと人が作っている気配がします。

温かいご飯にありつくのは、昨日の朝以来四食ぶりです。別になにか後ろめたいことをしてきたわけではない(今日の仕事は、少なくとも失敗してはいない)のですが、わけもなくほっとする味です。

お腹が満たされたところで、気になっていた施設を見に出ます。仙酔島への市営定期船乗り場が見えたのです。

貸し切りできる?いろは丸

往復240円所要5分定員99名の平成いろは丸、一番気に入ったのは20時発のその便が、僕以外に乗る人がいなさそうだ、ということ。

仙酔島での散歩を即決し、なんの必然性もなく乗り込んだその船は、実は夜の鞆の浦で最高のアトラクションでした。

貸し切りできる?いろは丸

デッキから見上げる、夏の月。水面には旅館街の灯がゆらめいて綺麗です。
ライトアップされた弁天島を回り込んで島の桟橋に着くと、船は直ちに折り返して出発します。

貸し切りできる?いろは丸

取り残された気分です。なにか黒いモノが、おそらくは狸が三匹ほど、待合室の脇からこっちを見ています。

貸し切りできる?いろは丸

海と月と風と光を楽しんで、30分後の船で帰ってきました。もう少し島にいたいというより、もう一往復してみたくなる船です。

« 水鳥と散歩ができる湖 | トップページ | 猫と港と路地の街 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貸し切りできる?いろは丸:

« 水鳥と散歩ができる湖 | トップページ | 猫と港と路地の街 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30